トップ > 就活対策一覧 > 【MARCH・関関同立で採用実績あり】BtoB(法人向け)隠れ優良企業30社をまとめ!高年収、離職率が低い、有休が取れる会社

【MARCH・関関同立で採用実績あり】BtoB(法人向け)隠れ優良企業30社をまとめ!高年収、離職率が低い、有休が取れる会社

これから就活をはじめる学生の方々。 ぜひ隠れ優良企業を狙って受けることがおすすめです。

志望動機 業界・企業研究 エントリーシート 面接対策 インターン・ジョブ 就活ランキング グループワーク対策 就活スケジュール ノースキル 就活とは何か キャリアプラン

作成日:2020年06月01日  更新日:2020年06月23日

ざっくり言うと

  • 隠れ優良企業情報をキャッチしてスムーズな就活を!
  • 就活での隠れ優良企業はBtoBメーカーに多い
  • 就活生は知名度にとらわれず隠れ優良企業を賢く見つけよう

世の中には、学生からの知名度は低くても、年収が高く福利厚生が充実している企業はたくさんあります。

 

今回の記事では、筆者が見つけた隠れ優良企業を業界別にまとめてご紹介します。

 

知名度だけでよい企業かどうかを判断するのではなく、年収や福利厚生など条件のよい企業を探しましょう!

 

狙い目の隠れ優良企業とは?定義をまとめました

 

就活生は、日常生活で関わりのあるBtoC=普段私たちがお店で買える商品を扱う企業に応募することが多いでしょう。

 

就活の人気企業ランキングでは、いつもCMで見かける会社や、身近な製品の会社が多くなります。

 

例を挙げるならJALやANAなどの航空業界、明治グループやロッテといった食品業界が、就活生の人気を集めています。

 

そういった人気企業は自然と倍率も高くなり、内定をとることは困難です。

 

今例に挙げたような就活生人気ランキング常連の企業においては倍率が1000倍を超えることも少なくありません!

 

無い内定になる学生は、人気企業ばかりに応募することも要因のひとつ。

 

最低でも、BtoB企業(他の会社へ商品やサービスを販売している会社)を受けたいものです。

 

とはいえ、BtoB企業でCMを出す会社はごく一部。

時間をかけて調べないと情報は出てきません。

 

そこで私が、代わりに調べました。

 

四季報や企業の公式ウェブサイトにあるIR情報で徹底調査したところ

学生からの知名度が低いだけで、年収が高く福利厚生がしっかりしている企業は数多く存在しました。

 

さらに、OpenWorkや就職会議などの口コミサイトを熟読。

 

総合評価で優良企業と言えそうなBtoB企業を厳選してまとめています。

 

「年収が高い」「離職率が低い」「有休取得率が高い」などの魅力がありつつも、学生からの知名度が低いため倍率も低い企業があるのです。

 

就活生はこうした隠れ優良企業も狙って、確実な内定を手に入れるべきでしょう。

 

今回は、特にMARCH(※1),関関同立(※2)に採用実績のあるBtoBの隠れ優良企業を業界別にまとめて特集します。

 

(※1)…明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学

(※2)…関西学院大学、間瀬大学、同志社大学、立命館大学

 

就活生は注目!隠れBtoB優良企業まとめ(1) 化学業界

 

化学メーカーには、日清紡やADEKAをはじめとした多くの優良企業があります。

ここでは、日東紡・宇部興産をはじめとした化学メーカーについてご紹介します。

 

BtoB優良企業まとめ:日東紡績株式会社

 

日東紡績株式会社は、ガラス繊維をはじめ、ガラスや土石製品を扱う化学メーカーです。

グラスファイバーや繊維事業を強みとしています。

口コミによると、産休や育休が取得しやすく女性が働きやすい環境が整っているようです。

日東紡績の2019年3月現在における平均年収は697万円となっています。

 

BtoB優良企業まとめ:宇部興産株式会社

 

宇部興産はナイロン樹脂や工業薬品など、化学や建設資材に強みを持つ化学メーカーです。

宇部興産は過重労働対策の取り組みが評価され、経済産業省から「健康経営優良法人」に認定されています。

2019年3月期の平均年収は689万円で、比較的高いといえます。

 

BtoB優良企業まとめ:株式会社ADEKA

 

株式会社ADEKAは化学品事業を中心に、食品事業やライフサイエンス事業を展開しています。

海外進出にも積極的で、アメリカやドイツ、中国、ブラジルなどに生産・販売網を広げています。

有価証券報告書によると2019年3月期の平均年収は701万円であり、業績が安定している会社です。

 

BtoB優良企業まとめ:昭和電工株式会社

 

昭和電工株式会社は、石油化学や化学品、エレクトロニクスの事業を行う化学メーカーです。

ワークライフバランスが整っているという口コミもあり、男性の育児休暇も推奨されているようです。2019年12月期の平均年収は815万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日産化学株式会社

 

日産化学株式会社は、電子機器だけでなく農薬や医薬品などさまざまな分野を扱っています。

ニッチな分野で安定的に利益を出している点が大きな強みのひとつ。

日産化学の2019年3月期における平均年収は795万円であり、高水準といえます。

 

BtoB優良企業まとめ:日本パーカライジング株式会社

 

日本パーカライジング株式会社は、金属の表面処理技術を強みとする化学メーカーです。

金属を腐敗やサビから守る薬剤に力を入れており、ニッチな分野に事業展開しているため経営が安定しています。

日本パーカライジングの2019年3月期における平均年収は782万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日東電工株式会社

 

日東電工株式会社は、半導体関連部品や光学フィルムなどを取り扱う化学メーカーです。

トップシェアを誇る製品も多く、ニッチな業界のトップとして多くの業界で応用範囲が広い点が強みとなっています。

平均年収も2019年3月期で823万円と、業界のなかでも高い水準といえます。

 

就活生は注目!隠れBtoB優良企業まとめ(2) 食品業界

 

続いては食品メーカーの優良企業をご紹介します。

食品メーカーに興味のある人は、BtoCの食品メーカーだけではなくBtoBにも目を向けると選択肢の幅が広がります。

 

BtoB優良企業まとめ:株式会社クリニコ

 

株式会社クリニコは森永乳業株式会社の子会社であり、介護食などを取り扱うBtoB食品メーカーです。

給与体系は森永乳業に準じており、高水準。

森永乳業の2019年3月期における平均年収は739万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:昭和産業株式会社

 

昭和産業株式会社は、小麦・大豆・トウモロコシなど穀物を用いた製粉や、油脂・加工食品などの事業を展開しています。

昭和産業は事業分野が多岐にわたるため、経営に安定感があります。

2019年3月期の平均年収は698万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:ミヨシ油脂株式会社

 

ミヨシ油脂株式会社はマーガリンやホイップクリームなどの食料事業や工業用油脂などを取り扱っている企業です。

油脂は食品や化学品など様々な場面で使われており、ニーズも高いのです。

また、有休などの休暇が取りやすくワークライフバランスも整っているといえるでしょう。

ミヨシ油脂株式会社の2019年12月期における平均年収は657万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日本食品化工株式会社

 

日本食品化工株式会社は、三菱商事のグループ会社です。

トウモロコシのデンプンなどを用いた加工製品を手がけています。

残業も少なく、有給休暇も取りやすいという口コミがあります。

日本食品化工の2019年3月期における平均年収は739万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日本農産工業株式会社

 

日本農産工業株式会社も、日本食品化工と同じく三菱商事のグループ会社です。

畜産飼料や水産飼料などの事業を展開しています。

口コミによると、家賃補助なども手厚く福利厚生もしっかりしているそうです。

 

最新の有価証券報告書である2009年3月期の平均年収は632万円。

三菱商事のグループ会社ということもあり、2020年現在はもう少し高いのではないかと推測されます。

 

就活生は注目!隠れBtoB優良企業まとめ(3) 電気機器業界

 

こちらでは電気機器メーカーの優良企業をご紹介します。

電気メーカーの優良企業は、ニッチな製品で国内外の高いシェアを占めている企業も多いです。

 

BtoB優良企業まとめ:ヒロセ電機株式会社

 

ヒロセ電機株式会社は、電子機器の一部である「コネクタ」という部品の国内最大手企業です。

ヒロセ電機が生産する部品は、スマートフォンから車までありとあらゆる製品で使われています。

営業利益率は20%を超え、経営状態のよい優良企業のひとつ。

2019年3月期における平均年収は752万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日本電子株式会社

 

日本電子株式会社は電子顕微鏡で世界トップのシェアを誇り、半導体関連機器や医療機器などの事業も展開しています。

2019年3月期の平均年収は750万円。

2019年度の年間休日は131日と、ワークライフバランスの整った企業といえるでしょう。

 

BtoB優良企業まとめ:株式会社京三製作所

 

株式会社京三製作所は、鉄道の電気システムやホームの安全装置などを手がける会社です。

鉄道系のインフラ企業であることから、鉄道会社から受注がなくなる心配もなく、安定感があります。

事業基盤と高いシェアをもっており優良企業といえるでしょう。

2019年3期における平均年収は790万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:日本光電工業株式会社

 

日本光電工業株式会社は、医療機関で使われる電子機器などを取り扱う企業です。

AEDやペースメーカー、脳波計などが強みとなっており、日本国内でのシェアが高いです。

日本電工の2019年3月期における平均年収は848万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:ウシオ電機株式会社

 

ウシオ電機株式会社は、もとは電球のメーカーであり、光技術に強みを持つ会社です。

世界シェア8割を超える製品をいくつも持っており、ニッチな分野で独自の地位を築いています。

フレックス制を採用しており、柔軟な働き方にも対応しています。

2019年3月期における平均年収は724万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:新電元工業株式会社

 

新電元工業株式会社は、産業用の半導体製品や二輪車用の電装製品といった事業を展開している会社です。

年間休日数が132日あることからも、ホワイトな職場環境であることがうかがえます。

2019年3月期における平均年収は795万円です。

 

就活生は注目!隠れBtoB優良企業まとめ(4) 機械業界

 

次に、半導体などの機械業界についてまとめました。

 

BtoB優良企業まとめ:株式会社ディスコ

 

株式会社ディスコは、半導体製造装置を取り扱うメーカーです。

半導体製造装置は、半導体や電子部品の切断・研磨等を行う機械です。

ディスコはこの半導体製造装置においてトップのシェアを誇り、2019年3月期の平均年収も991万円と高水準です。

 

BtoB優良企業まとめ:オルガノ株式会社

 

オルガノ株式会社は、水処理製品で高い技術力を持つ会社です。

排水処理設備などニッチな分野での技術力を持つ点が強みです。

2019年3月期における平均年収は735万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:サトーホールディングス株式会社

 

サトーホールディングス株式会社は、QRコードやバーコードの分野で強みを持つ会社です。

働き方改革にも力を入れており、「健康経営優良法人」に選出されるなどホワイト企業であるといえます。

2019年3月期における平均年収は780万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:SMC株式会社

 

SMC株式会社は、空気圧制御機器を取り扱うメーカーです。

空気圧制御機器では世界シェアトップであり、企業の強みとしています。

2019年3月期における平均年収は785万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:ナブテスコ株式会社

 

ナブテスコ株式会社は、鉄道車両用機器や航空機器、自動ドアなどさまざまな製品を手がける機械メーカーです。

産業用ロボットに使われる部品で世界シェア60%を占めるなど、製品力に強みがあります。

ナブテスコの2019年12月期における平均年収は723万円です。

 

就活生は注目!隠れBtoB優良企業まとめ(5) その他業界

 

非鉄金属や産業ガスなど、ここまで紹介しきれなかった業界の優良企業についてご紹介します。

 

BtoB優良企業まとめ:エア・ウォーター株式会社

 

エア・ウォーター株式会社は、産業ガスや医療、食品、薬品など事業内容が多岐にわたります。

ドライアイスの生産や医療分野の滅菌ガスなどが日本トップシェア。

M&Aが盛んであり、事業を多角化している点が特徴です。

2019年3月期における平均年収は690万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:株式会社UACJ

 

株式会社UACJはアルミニウム板製品の生産で世界3位であり、世界的に競争力のある企業です。

アルミ圧延の分野でも国内トップシェアを持っています。

国内外でシェアの高い製品を持っており、経営が安定しているといえるでしょう。

2019年3月期における平均年収は665万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:三和ホールディングス株式会社

 

三和ホールディングス株式会社は、シャッターや自動ドアなどを手がける企業です。

銅製シャッターをはじめとして、日本トップシェアの商品が多いのも特徴。

国内の軽量シャッターのシェアは50%を超えています。

2019年3月期における平均年収は1,025万円と高水準です。

 

BtoB優良企業まとめ:吉野石膏株式会社

 

吉野石膏株式会社は石膏事業の最大手メーカーです。

吉野石膏の石膏ボードは国内シェア80%を超えています。

東洋経済オンラインと「就職四季報」編集部によれば、「就職四季報2016年版」(総合版)のうち、ボーナス年間支給額に回答した546社のなかで賞与の多さが77位(206万円)だったとのこと。

この時点で平均年収は776万円と算出されています。

 

BtoB優良企業まとめ:曙ブレーキ工業株式会社

 

曙ブレーキ工業株式会社は、新幹線のブレーキなどを手がけている会社です。

海外展開にも力を入れており、売上高の約7割が海外となっています。

2019年3月期における平均年収は694万円です。

 

BtoB優良企業まとめ:キヤノンメディカルシステムズ株式会社

 

キヤノンメディカルシステムズ株式会社は、キヤノングループの医療機器メーカーです。

CT装置やMRI装置、X線診断装置などを取り扱っています。

世界150以上の国と地域に事業展開しており、グローバル展開を進めています。

 

隠れBtoB優良企業まとめ おわりに

 

学生にとってなじみの薄い企業のなかにも、優良企業はたくさんあります。

 

やみくもに人気企業を受けるのではなく、BtoBの優良企業にも目を向けると選択肢を広げられるでしょう。

四季報などの企業情報誌をはじめ、openworkや就活会議などの口コミサイトから自分の求める条件に合った企業を探してみましょう。

 

例年の就活で、有名企業を中心に応募する学生は少なくありません。

イメージだけで企業を評価せずに自分の条件と照らし合わせてみると、入社後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ジョージ

MARCH体育会所属。長期インターンも経験しつつ色んなことに手を出しながら過ごしてます。体を動かすことや旅行が好き。先輩の就活話を聞き、そろそろ動かなきゃなと思い始める。「就活生の就活生による、就活生のための記事」をモットーに、今一番知りたい情報を記事にしています!