トップ > 就活対策一覧 > 企業研究中の就活生必見!ニュースの読み方と就活への活用法を伝授します

企業研究中の就活生必見!ニュースの読み方と就活への活用法を伝授します

「就活生は新聞を読みなさい」と言われたことはないでしょうか。その理由は、新聞が業界研究や時事問題の理解に役立つから。今回の記事では就活での新聞活用法についてご紹介します!

業界・企業研究 面接対策 マナー

作成日:2020年06月13日  更新日:2020年06月23日

ざっくり言うと

  • 新聞やニュースは企業研究、時事問題に役立つのでぜひ読んでおきたい!
  • 新聞を手軽に読むには日経電子版がおすすめ。まずはオンラインで読もう!
  • 【ここだけの情報】新聞・ニュースの効率的な収集方法をお教えします

 

企業研究にはマスト!就活生が新聞を読むべき理由

 

新聞を読むべき理由は3つあります。

 

1つ目は企業研究・業界研究につながるため。

2つ目は時事問題の理解が深まるため。

3つ目に情報が正確なため。

 

新聞を読むべき理由(1) 企業研究・業界研究につながる

 

新聞を読むことは企業研究・業界研究につながります。

 

新聞では政治、経済、社会など様々な分野の情報を扱っています。

 

様々な業界や企業に関する情報も載っており、社会全体の変化を捉えながら業界や企業に関する理解を深めることができます。

 

日本経済新聞は多くのビジネスマンが読んでいる新聞と言われています。

日本経済新聞は経済情報を中心として扱う記事です。

 

就活生にとっても経済動向や業界理解の点で役立つでしょう。

 

また、新聞には全国紙だけではなく業界紙というものが存在します。

 

農林水産業であれば日本農業新聞、食料品であれば食品産業新聞など、分野に特化した業界紙が複数あります。

 

志望業界が決まっており、業界の最新情報を得たい方には業界紙がおすすめです。

 

新聞を読むべき理由(2) 時事への理解が深まる

 

就活生が新聞を読むメリットは時事問題に強くなることです。

 

「最近気になったニュースは何ですか」といった質問を、面接でされることがあります。

 

ニュースに関心がなく、日頃触れていなければこうした質問に答えることはできません。

 

面接の相手は日々新聞に目を通すビジネスマンです。

時事問題への理解を持つ姿勢を見せるようにしましょう。

 

新聞の記事は注目度や重要度が記事の場所や大きさでわかるようになっています。

 

一面を見ればその日の重要ニュースを掴むことができ、効率よく時事問題を知ることができます。

 

新聞を読むのに慣れるまでは一面だけでも読んでおくと、重要なニュースを押さえることができます。

 

新聞を読むべき理由(3) 情報の信憑性が高い

 

新聞の魅力の1つは信憑性の高さです。

記者が一次情報に基づいて取材をし、校正・編集を経て、新聞の記事は作られています。

 

もちろん全ての情報をが絶対に正しいとは言えませんが、小さなネット媒体に比べれば大手新聞社は人員を割いてチェックしているため、信憑性が高くなりやすいといえます。

 

ネットで流れるニュースは情報の速さや拡散性のメリットがある一方、大手であっても速報性を重視してしまい、信憑性の低い記事も散見されます。

 

また、ネット・紙を問わず一部の媒体はフェイクニュースが含まれる可能性もあるため注意が必要です。

 

フェイクニュースが多い媒体かどうかは「媒体名 信頼性」などで検索して判断しましょう。

 

企業分析のために新聞を読もう!おすすめアプリ

 

忙しくて新聞になかなか目を通せない人は、アプリで隙間時間に効率よく情報収集しましょう。

 

ただし先述のとおり、速報記事は信憑性を確認しながら確認してください。

 

ここでは全国紙のアプリである日経電子版、朝日新聞デジタル、デジタル毎日をご紹介します。

 

企業分析に使える新聞アプリ(1) 日経電子版

 

日経電子版は日本経済新聞のニュースアプリです。

毎日約900本もの気にが掲載され紙媒体以上の情報量があります。

 

動画コンテンツの配信もしており、紙媒体では伝えきれない情報を得ることができます。

 

ニュース速報やマーケット情報などもリアルタイムで配信されています。

 

企業分析に使える新聞アプリ(2) 朝日新聞デジタル

 

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースアプリです。

 

朝日新聞デジタルは就活生向けのコースも用意されており、月額2000円から利用できます。

 

過去記事の検索やスクラップ機能などがあり、便利なアプリとなっています。

 

また、特典として食べログやNAVITIMEなどが無料で閲覧できます。

 

新聞を読むことにプラスアルファの価値が欲しい方へオススメです。

 

企業分析に使える新聞アプリ(3) デジタル毎日

 

デジタル毎日は毎日新聞のニュースアプリです。

動画コンテンツ等を豊富に取り入れており、視覚的にわかりやすくニュースを読むことができます。

 

過去記事が5年分までさかのぼって検索できることも特徴の一つです。

 

デジタル毎日では、毎日新聞だけでなく週刊エコノミストや、ウォールストリートジャーナルなどの経済紙も読むことができ、グローバルなニュースを手軽に手に入れられます。

 

なお、サンデー毎日などの雑誌も読み放題となっています。

 

今すぐ企業分析に使える!無料の新聞活用法

 

新聞社のニュースアプリは有料であることがほとんどです。

 

新聞に月々2000円~4000円かける余裕のない人も多いはず。

 

こちらでは無料の新聞活用法をご紹介します。

 

日経電子版を無料で使う

 

日経電子版では経済情報を効率よく集めることができます。

ただ、月々の料金は4277円であるため就活生が継続的に利用するには大きな負担です。

 

そんな悩みを解決するのが楽天証券版の日経テレコンです。

 

日経テレコンとは日本経済新聞のビジネス情報サービスです。

日経新聞をはじめとした媒体を読むことができます。

 

本来は日経テレコンも有料サービスですが、楽天証券の口座を開設することで無料で利用可能です。

 

Gmailのアラート機能の活用

 

Googleアラートで特定のキーワードを登録すると、キーワードが含まれる情報について自動で通知してくれます。

 

例えば、Googleアラートに「日本航空」とキーワード登録しておけば、日本航空に関するニュースを自動で収集できます。

 

自分で検索しなくても常に企業や業界の動向をチェックできます。

 

Googleアラートではキーワードを含むニュースがGmailで届くため気軽に確認できるのもポイントです。

 

志望企業の情報をまとめてチェックしたいときにはGoogleアラートがおすすめです。

 

おわりに 賢く新聞で企業分析をして内定へ近づこう

 

就活生が新聞を読むメリットはたくさんあります。

業界研究や時事問題の対策に新聞を活用しましょう。

 

就活生のうちに新聞を読む習慣を身に着けることで社会人の第一歩に繋がります。

 

また、新聞の情報を効率的に得るために、日経電子版など新聞各社のアプリを活用するのがおすすめです。

 

特定の企業や業界の情報を集めたいときはGoogleアラートを活用するのも1つの手でしょう。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ジョージ

MARCH体育会所属。長期インターンも経験しつつ色んなことに手を出しながら過ごしてます。体を動かすことや旅行が好き。先輩の就活話を聞き、そろそろ動かなきゃなと思い始める。「就活生の就活生による、就活生のための記事」をモットーに、今一番知りたい情報を記事にしています!