トップ > 就活対策一覧 > 夏まで就活を続ける学生に向ける、面接の種類別「受かる面接」対策

夏まで就活を続ける学生に向ける、面接の種類別「受かる面接」対策

こんにちは、辛辣に就活を語る宇垣です。 今年はコロナの影響もあり例年とは違ったスケジュールを強いられる事態が多発しました。 それにともない目立ったのが「就活が終わる時期の差」だと思います。

志望動機 業界・企業研究 自己PR 面接対策 マナー 就活スケジュール

作成日:2020年06月24日  更新日:2020年08月05日

ざっくり言うと

  • いま無い内定の学生でも、受かる面接は対策できるから絶望しなくていい
  • 原因はESや面接の種類など「落ちるフェーズ」別に分析すれば洗い出せる
  • 就職留年はアリかナシかで言えば「ナシ」、そのわけは……。

 

こんにちは、辛辣に就活を語る宇垣です。

 

私自身、就活界隈に関わるのはこれで3年目となりますが、今年はコロナの影響もあり例年とは違ったスケジュールを強いられる事態が多発しました。

 

それにともない目立ったのが「就活が終わる時期の差」だと思います。

 

受かる面接ができる学生と、無い内定の学生の格差

今年は、新型コロナウイルスの発生以前にインターン経由の優遇等で早めに就活を終えた学生が多かった一方、コロナ以降に多く選考を控えていた就活生に関しては選考が遅くなってしまいました。

 

そんな状況を踏まえて、今回は7月時点で内定を貰っていない就活生に向け、面接の種類別、受かる面接~内定への逆転術について執筆したいと思います。

 

無い内定の学生でも受かる面接対策はできるから大丈夫

本題に入る前に、今これを読んでいる就活生に伝えたいことがあります。

 

周りを見れば重圧から解放され意気揚々とする友人が目に入る。

 

逃げるようにTwitterの就活垢を覗くと、同じ苦しみを味わっていたはずのNNT(無い内定)垢の卒業宣言。

 

後輩向けに発信される就活情報。

 

もう自分の居場所なんてない、自分を採用してくれる会社なんてない……。

そう思ってしまうことも少なく無いかもしれません。

 

大丈夫です。あなたを必要としてくれる会社はあります。

では、なぜその会社が見つからないのでしょうか?

 

その原因と対処法について考えていきましょう。

 

◆ 期間限定 ◆
ジョブトラ
就活応援
プレゼント中!


先着1,000名限定、
人気・難関企業219社で実際に質問された622の面接質問集(冊子)を差し上げております。
詳細はこちら

受かる面接が今、できていない原因の分析と対策

内定が貰えない……。

という現象にまず疑うべきは、対策不足です。

 

就活を始めるタイミングにもよるのですが、対策を全くせずにESや面接を乗り越えられるということはまずありえないと思います。

 

見分け方として

 

①ESの通過率が60%前後(もしくは下回る)
②2次面接まででで落ちてしまうことがほとんど

 

の2点から分析してみましょう。
 

①ESの通過率が60%以下

 

エントリーの最初に課せられることが多いESですが、ここを突破できないと正直話にならないです。

 

ESでの通過率があまり良く無いというのは明らかな添削不足だと思います。

 

不確定要素の大きい面接に比べ、ESに関しては対策次第で安定的な通過率を担保することができます。

 

私も当初は通過率が悪かったものの、添削に添削を重ねることでほぼ100%まで上げることができました。

 

努力が成果に結びつきやすく、成功体験がモチベーションに繋がりやすいという要素もあるので通過率が低い人は必ず取り組みましょう。

 

②2次面接まででで落ちてしまうことがほとんど

 

ESは通るけど、面接で受からない……という方。

 

正直面接は、不確定要素が多いので落ちる理由を特定するのは難しいと思います。

 

ただ、面接のどのフェーズで落ちるかを分析することで、やるべきことをある程度明確化させることができます。

 

③1次面接までは受かるのに、面接で落ちる人

 

1次面接で落ちることがほとんど……。

という場合は、面接対策の基本的なところから見直すべきだと思います。

 

自分の伝えたいことが相手に伝わっているのか?

相手の質問に対してしっかり答えられているのか?

といった面を見直しましょう。

 

ただ「見直しましょう」といっても難しいと思うので、模擬面接を行った見直しをオススメします。

大学のキャリアオフィスだったり、最近では面接対策をしてくれる就活アカウントもちらほら見かけます。

 

やるべきこととしては、ただ模擬面接を行うのではなく、自分でも振り返りができるように何かしらで記録を残すこと。

 

録音だったり、録画で客観的に自信を振り返ることで、自身の弱みや逆に強みを発見しやすくなりますよ!

 

④1次までは受かるのに、2次面接で落ちる人

 

1次面接は受かるけど、2次面接以降が全く……。

というケース。

 

恐らく1次面接のネガティブチェックは通過しているものの

「取るべき理由」が見えないということが理由の1つに挙げられると思われます。

 

1次と2次で圧倒的に違うポイントは「通過理由」です。

 

1次は最低限の要素を見られるので「悪くないな」と思われれば通過するケースが多いですが、2次以降は「この子うちで活躍できそう」と思われないと通過しにくくなります。

 

「自分のどんな強みを生かし会社で活躍できるのか」を理解し、適切に伝えるということが必要不可欠になります。

 

確実に受かる面接を目指していくなら、このポイントを必ず見直しましょう。

 

ESや面接で受かるのに最終面接前後で落ちてしまう人へ

1次面接、2次面接は突破できるけど3次以降(人事面接以降)が突破できない……。

みたいな方。

 

こういった方は基本的な面接対策に関しては、問題ないと思います。

そして、突破できない考えられる要素は大きく3つあります。

 

①面接で「活躍のイメージ」を伝えきれていない

 

2次面接のパートでお話した通りです。

特に面接が進めば進むほどここの要素を強く見られることになります。

 

3次面接やそれ以降は、会社に取っても採用の可否に直結するポイント。

 

かなり厳しくチェックされると思って対策しましょう。

 

②面接で萎縮してしまっている

 

3次面接以降になってくると、面接官の年次も上がり部長やそれ以上のクラスの方と面接をするケースが増えます。

 

そうなってくると、それまでのフランクな雰囲気から一変、厳かな雰囲気での面接が行われることが多発します。

 

今までとは違う雰囲気に萎縮してしまい、いつもの調子で話すことができなかった……。

ということもあると思います。

 

ただ、ここで話せないというのは正直準備不足が原因です。

自分の言葉に自信があれば、多少厳かな雰囲気であっても萎縮することは少なくなります。

自身をもって自分の伝えたいことを話せるようにトレーニングしましょう。

 

③適性の問題があると、受かる面接も落ちる

 

上記の要素をクリアしているのに、軒並み3次面接以降で落ちる……。

という方。

 

もちろん見直すべき要素はあるものの、志望業界を変えることで、面接が嘘のように通過するケースが結構あります。

 

「自分の軸」だけで業界や会社を絞るのではなく、「自分の軸」×「自分の強み」で業界を再度リストアップしてみましょう。

 

効果的な形で持ち駒を増やすことができるので、効率的かつ心理的負担も減らすことができるのでかなりオススメです。

 

就職留年はぶっちゃけアリなの?

ここからは少し話の毛色が変わります。

6月半ば頃から「志望業界に行けなかったため就職留年を検討しています」という旨の相談を受けることが増えました。

 

確かに志望業界への再チャレンジのために、もう1年就活を行うというケースは存在しますが基本的に私はオススメしません(実体験)

 

2年やってもESや面接の精度が上がるとは言い難いです。

また、新型コロナウイルスの影響が続けば、採用活動が冷え込むのは明確です。

 

就職留年がアリかナシかで言ったら圧倒的にナシだと思います。

詳しくは、私が書いたnoteも見てみてください。

 

さいごに……面接の種類別「受かる面接」対策をしよう

いかがだったでしょうか?

こんな偉そうに記事を執筆している私も、就活中は持ち駒が無くなり途方にくれた1人であり、最後の面接を終えたのは7月でした。

 

それでも私が納得内定を経て社会人生活を送ることができているのは

「最後まで諦めなかったから」だと思います。

 

内定を貰えないと不安になったり、内定を複数持っている就活生を羨ましく思うこともあるかもしれません。

 

しかし本質的に大切なことは「納得して就活を終えること」です。

 

辛いこともあると思いますが、諦めずに取り組み続けてください。あの時頑張って良かった……!

 

と、思える日が必ず来ることを信じて。

 

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

辛辣に就活を語る宇垣

@shinratsu_ugakiを運営しているただのツイッタラー。
自らの就活に疑問を抱き就職留年を決意。
2年に及ぶ就活の末、晴れてこの春から社会人になったアカウント。
その経験をもとに、就職留年を含む就活全般について自由気ままに発信しています。