トップ > 就活対策一覧 > 「他己分析のやり方教えます」質問例と効果的な振り返り方

「他己分析のやり方教えます」質問例と効果的な振り返り方

「ES(エントリーシート)で自己PRやガクチカを書いてはみたものの、通過率が悪い…」 「なんだか自分じゃない感じがする…」 こんな風に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

志望動機 自己PR 面接対策 自己分析 ノースキル

作成日:2020年07月27日  更新日:2020年10月22日

ざっくり言うと

  • 他己分析は新しい自分に会うための第一歩
  • 友達と「なぜ?」で深掘りしよう!
  • 「やった」で終わらせない!次につなげる記録方法

 

こんにちは!中央大学3年のななまるです。

 

「ES(エントリーシート)で自己PRやガクチカを書いてはみたものの、通過率が悪い…」

「なんだか自分じゃない感じがする…」

 

こんな風に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、自分をより深く知るための他己分析の質問例と、より効率的な振り返り方を紹介していきます。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

そもそも他己分析ってなに?

「自己分析はわかるけど、他己分析ってなにするの?」

 

って思っている方も少なくないと思います。

ざっくり「他己分析とは何かを」解説し、そのメリットについてお伝えします。

 

自分をより深く知るのが他己分析

 

他己分析はその名の通り、「他の人に自身のことを分析してもらう」ことです。

つまり、自己分析だけではわからない客観的な自分について知ることができます。

 

メリットはあげればキリがないですが、

・自分のことを客観視できる

・自分の知らなかった強みを発見できる

・自分の弱みを補うきっかけが見つかる

 

など、自分の強みや弱み、そしてこれまでの経験について、「自分だけでは理解できない自分のこと」を理解できます。

 

他己分析ってどうやるの?

他己分析の方法ですが、一番手っ取り早く自分の新しい面を発見できるのは「親しい人と就活について話す」ことです。

 

基本的には面接官に質問される内容と被ってしまいますが、以下では「どんなことを質問し合うと自分の新しい面を発見できるか」「どういうところに気をつけて話し合えば自分への理解が深まるのか」を解説していきます。

 

他己分析の質問例

 

・私の強みってなんだと思う?

日頃接する友達や家族からの印象はとても重要です。

 

素の自分と面接でアピールする内容が一致していれば、面接中に自分の人となりを相手に感じさせることができるはず。

 

また、お互いに他己分析をし合うときは、どんな強みを持っていると思うか正直に答えるようにしましょう。

 

 

・私と一緒に何かやったことで印象に残ったことは?

何か同じ目的を達成するうえで、自身に関して印象に残ったことは、多くの場合が自身の強みに直結していることも多いです。

 

面接などで「友達からどのようにいわれる?」や「チームのなかでの立ち位置は?」と聞かれることもあるため、このときの回答を参考にするといいでしょう。

 

 

・私ってどんな仕事やってそう?

これはすごく直球な質問ですが、どんな仕事についているのかは、相手は「あなたのイメージと強みを加味したうえで」答えてくれています。

 

友達が自身に対して抱く印象と、自分のやりたい仕事に大きなギャップがある場合は、自分の見せてない側面があるか、自分では意識していない一面があるかのどちらかです。

 

そのため、友達からの貴重な意見については、職種選びだけでなく自己PRやガクチカなどにも活かしましょう。

 

 

・私ってどういうとき一番楽しそうにしている? / つまならなさそうにしている?

自分では気づかないわずかな態度の変化や仕草から、自分の苦手とすることや興味のないことが明らかになることもあります。

 

友人や家族だからこそ教えてもらえることなので、これも自己PRに活かしていくとよいでしょう。

 

 

・「どんな業界を目指しているの?どうしてその業界に行きたいの?」と質問してもらう。

漠然と「〇〇業界にいきたい…」そう思っている方も少なくないと思います。

 

しかし、そこには何か理由や背景となった出来事があるはずです。

 

面接官にこの質問をされるとなかなか答えづらいかもしれませんが、友人や気の知れた仲の人ならラフな気持ちで答えられるのでは。

 

そこで、自分がなぜその業界に行きたいのか、理由を見つけられると思います。

 

ここまで5つの質問例を紹介しましたが、大切なのは、友人や気の知れた人に「なぜ?」と自分の考えや意見を深掘りしてもらうことです。

 

ぽっと出た考えや意見でも、実は自身の過去の経験に深く結びついていることがあります。これを自分だけで掘り起こすのはなかなか難しいこと。

 

けれど親しい人となら、「過去にどんなことがあったか」思い出を話すときのようにスラスラと出てくるでしょう。

 

これをしっかりメモしておくことで、ESや面接につなげることができるのです。

 

他己分析は話すだけじゃなく、記録に残そう

友人と就活のことについて「なぜ?」「どうして?」「具体的にどんな経験から?」と話していると、ついつい話に集中してしまって、あとから「あれ、なんていってたっけ?」となりかねません。

 

せっかくの内容を忘れてしまうことを防ぎ、親しい人との就活に関する話から自分の新しい側面や掘り起こせていなかった経験を見つけるためのツールをご紹介します。

 

それはマインドマップです。

これは、ひとつの質問から自分の話したことやその理由を木の枝のように書いていくもので、具体的には以下の通りです。

 

 

(画像は一例です)

 

マインドマップはノートに直接手書きしてもいいですし、手書きよりもタイピングの方が早ければパソコンを使うのもいいでしょう。

 

パソコンなら、書き直す際にも便利です。

 

今回使用したのは「Xmind」という無料のソフトウェアです。

手軽に使えるので是非気になった方は試してみてくださいね。

 

(参考:Xmind)

 

マインドマップを作ったら、ひとつの質問から自分の答えた内容を分岐させていき「どうしてそう考えたのか」何度も深堀りしてみましょう。

 

これは他己分析を終えた後に、自分で考えるときにも役立ちます。

このように自分が話した内容を階層的に記録に残すことで、ESや面接でも自分の自己PRや志望動機を抜け漏れなく、しっかりと伝えることができます。

 

まとめ

「他人は自分を映す鏡」という言葉があります。

これは本来、自分の心の状態が相手の態度や仕草に映し出されるように現れること。

 

一方で、他己分析での「他人が自分に対して抱いている印象や思っていること」は、自分の日頃の行動や強み・弱みを映したものなのです。

 

「自分のことは自分が一番わかっている」という考え方もあるでしょう。

 

しかしさまざまな観点で自分を知るためにも、今回ご紹介した方法やツールを使って親しい人と他己分析をしてみてはいかがでしょうか。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ななまる

MARCH文系大学生。専攻は経済学です。
大学では、文化系サークルに所属しています。小さい頃から図工や絵を描くことが好きで、大学2年の時に、専門学校に通っていました。そこでものづくりの過程を学び、最近はデザイン領域にも関心があります。
中高は、運動部に所属し、毎日走っているような学生時代でした。
得意なことは、相手の話を聞くことです。
就活では、つらい局面でも明るく取り組み、将来の夢を叶えるための一歩を踏み出したいです!

人気セミナー