トップ > 就活対策一覧 > 次の日になって後悔する…インターンでやってはいけない行動10選

次の日になって後悔する…インターンでやってはいけない行動10選

今日はインターンでやってはいけないNG行動をご紹介します。 インターン参加後に「あれ…やっちゃったかも?」とならないためにも、チェックしてみてくださいね。

就活セミナー 自己PR 面接対策 マナー インターン・ジョブ グループワーク対策

作成日:2020年07月30日  更新日:2020年10月22日

ざっくり言うと

  • 普段のくせで心象悪化?足組み・頰杖には要注意
  • グループメンバーとの関わりはとても大事!
  • 参加後アンケートを忘れないで!

 

こんにちは!中央大学3年のななまるです。

「やっとの思いでサマーインターンに通過したよ!」という方も多いのではないでしょうか。

 

今日はインターンでやってはいけないNG行動をご紹介します。

インターン参加後に「あれ…やっちゃったかも?」とならないためにも、チェックしてみてくださいね。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

インターンでのNG行動10選!

インターン前

 

・無断で遅刻・欠席する

これは言語道断でアウトな行為。

 

ただし、電車が遅れてしまったり、道に迷ったり、不測の事態で当日参加できなくなることもあります。

 

寝坊は論外ですが、それ以外の場合は事前に連絡すれば柔軟に対応してくださる企業が多いです。

 

「遅刻しちゃうかも…でも連絡するの怖い」と思わずに、誠実さを示すという意味でも、事前連絡するように心がけましょう。

 

・カジュアルすぎる、華美すぎる私服で参加する

参加するインターンシップにもよりますが、多くの場合、インターンの実施詳細に当日の服装についての案内があるはずです。

 

特に指示がない場合はオフィスカジュアルで構いませんので、清潔感があり、華美すぎない服装で参加しましょう。

 

就活口コミサイトなどで過去のインターン体験談などをみると、私服の方が多いのかスーツの方が多いのかも書いてあることがあるので、併せて参考にしましょう。

 

・実施会場付近で公共のマナーを守らない

たとえばインターン実施会場の近くで、時間に間に合いそうにないからといって信号無視をして横断歩道を渡るなどがこれに該当します。

 

インターン前後の参加学生を見ている企業はそう多くありませんが、その企業で働いている社員の方は確実に出入りしているはず。

 

人事の方に話が伝わり、印象が悪くなることがないとも限りません。

不要な心配をしなくてもいいよう、インターン当日やもちろん普段も、公共のマナーに即した行動をとるようにしましょう。

 

インターン実施中

 

・足組みしたり頰杖をついたりする

インターンシップは企業側にとって、自社のことを学生により知ってもらうチャンスであるのと同時に、学生のことをよりよく理解し、どの学生が自社に適しているかを見る場でもあります。

 

「※本インターンシップは当社の選考とは関係ありません」と記載されていても、多くの場合は何かしらの関係があります。

 

そんなインターンシップで足組みをしたり頰杖をつくのは、ある意味自滅行為ともいえるでしょう。

「志望度が高くないからいい」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし、双方にとって貴重な時間を割いているわけですから誠実な態度で挑みたいですね。

 

・自分のことで全体の時間を削ってしまう

インターンのプログラムのなかには、現場社員の方と話せる機会が用意されているケースが多いです。

 

全体の進行時間を超えそうなのに無理に追加で質問してしまうのは、熱意は感じられますが、協調性に欠けるという印象を与えかねません。

 

追加で質問したい場合などは、プログラム終了後に社員の方が残っていれば質問してもいいですし、後日改めてOBOG訪問などを依頼するのもひとつの手です。

 

うまく熱意と協調性を示せるように工夫しましょう。

 

・インターンシップのグループメンバーとの会話に消極的になる

初対面の人とコミュニケーションをとるのが苦手…という方もいるかもしれません。

 

しかしインターンでは、1日から数日にわたって一緒に共同作業するものもあります。

 

チームとしてよりより成果を出すためにもアイスブレイクなどは積極的に行い、すぐに打ち解けられるように心がけましょう!

 

・インターンの同じグループで盛り上がりすぎてしまう

先ほどあげた内容と対照的で「どういうこと?」と思う方もいるかもしれません。

ありがちなのが、休憩中に同じ大学や知っているサークルで盛り上がってしまうこと。

 

活発にコミュニケーションをとることは大切ですが、あくまでも開催企業に招待され、参加していることを忘れないようにしましょう。

 

・インターンのグループワークで自分の考えに固執しすぎてしまう

グループワークの内容は、基本的にインターンの評価に直結します。

 

ワーク中にひらめいたことを取り上げたくなる気持ちはわかりますが、自分の意見を押し通すことよりもチームのパフォーマンスを上げることを優先しましょう!

 

もちろん、チームで今まで出ていたアイデアよりもいいものであれば、それまでに出ているアイデアなどを全否定せずにうまく昇華させられるとよいです。

 

インターン後

 

・参加者アンケートを答え忘れる

企業によっては、インターン中にのみアンケートに回答するためのパスワードを公開することがあります。

 

比較的簡単なアンケートなのに回答し忘れてしまったことで、インターンに出席したのにその後の案内が届かない…なんてことにもなりかねません。

 

回答すべきアンケートは帰路で時間がある際に回答するなど、確実に提出しましょう!

 

・懇親会などで騒ぎすぎる

インターン後と書きましたが、インターン終わりの社員の方を交えた懇親会や交流会もインターンの一部と思った方がよいでしょう。

 

アルコールなどが提供される場合もありますが、あまりお酒に強くない方は控えて。

社員の方との貴重な交流の機会でもあるので、意欲的に質問しに行ったり、話を聞きに行くといいでしょう。

 

まとめ

「いやいや、こんなことはしないよ!」と思っていても、慣れないインターンシップに「うっかり」はつきものです。

 

インターンシップは一期一会。

緊張や疲れに負けず、いつも以上に気を引き締めてがんばりましょう!

 

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ななまる

MARCH文系大学生。専攻は経済学です。
大学では、文化系サークルに所属しています。小さい頃から図工や絵を描くことが好きで、大学2年の時に、専門学校に通っていました。そこでものづくりの過程を学び、最近はデザイン領域にも関心があります。
中高は、運動部に所属し、毎日走っているような学生時代でした。
得意なことは、相手の話を聞くことです。
就活では、つらい局面でも明るく取り組み、将来の夢を叶えるための一歩を踏み出したいです!

人気セミナー