トップ > 就活対策一覧 > 学歴の壁を越えて「ジョブトラ」でTOP10になれた理由6選

学歴の壁を越えて「ジョブトラ」でTOP10になれた理由6選

こんにちは、Fラン学生のあやです!『Fランって就活においてネックだな~』『所詮Fラン』って思っていませんか?私は思っていました…

業界・企業研究

作成日:2020年08月13日  更新日:2020年10月22日

ざっくり言うと

  • 考え方を変えてくれたモノ
  • TOP10になれた秘策6選
  • 実際のフィードバックシートを公開!

 

こんにちは!

Fラン学生のあや(@alohaya_21sotsu)です!

 

『Fランって就活においてネックだな~』

『所詮Fラン』

って思っていませんか?

私は思っていました!

 

しかし、そんなことはありません!

私は「ジョブトラ」に参加し、そう思えるようになりました。

 

そこで、FランでもジョブトラでTOP10になれた秘策を惜しみなくお伝えします!

 

(ジョブトラ→https://rebe.jp/jobtryout_2/)

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

なぜジョブトラに?

そもそも、私がなぜジョブトラに参加したのか。

 

その発端はサークルの先輩に就活相談をしたときに「いいイベントがある」と勧められたからです。

 

軽い気持ちで調べてみると

惹かれる3つのポイントがありました。

 

1.行動評価される

 

私としてはこれが1番の決め手でした。

 

1次審査はどこの企業もESなど書面のため、アプローチすることが難しいですよね?

 

わたしもESの書き方がわからず、どうしても定型文に頼ってしまい「ありがちES」になっていました。

 

これでは、勝ち目ありません。

 

しかしジョブトラでは思考力だけではなく、行動力や協働力も見てくれます。

 

「積極的な行動や雰囲気づくりは、学力関係なくできますよね?」

「そんなことでアピールになりますか?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

社会に出てもこの力はとても重要です。

 

それを人事の方に直接アピールできる機会は、おいしい話だと思いませんか?

 

2.様々な業界を1度で見ることができる

 

私が初めて参加したのは12月上旬でした。

 

まだ志望業界も決めていなかったため、説明会もどこへ行くか決められない状態でした。

 

そんな私にとってジョブトラは好都合でした。

1度に様々な業界の優良企業に出会えるからです。

 

通常の会社説明会ではその会社・その業界のことしか知ることができません。

合同イベントでは自分が興味を持った会社の話しか聞きません。

 

しかしジョブトラでは「興味がなくても」聞かなくてはなりません。

聞くことにより視野が広がり、興味を持つ可能性があるからです!

 

実際に私は、当時全く興味がなかった業界に惹かれ、選考を進めていました。

 

全く興味のないものから「予期せぬ新しい発見」が生まれるイベントです。

 

3.早期内定の可能性がある

 

ジョブトラは早期内定が可能です。

このイベントでの評価次第で、参加企業から特別選考ルートを招待して頂けるからです!

 

私も実際に毎回そのルートを獲得し、選考に進みました。

1次選考免除や、選考ありインターンの選考免除などかなりおいしい特典でした。

 

中にはそのまま内定を貰える方もいるとお聞きしました。

 

どうせ受けるなら、少しでも楽をして、早く進みたいですよね?

 

TOP10 になれた秘策6選

Fラン学生の私はジョブトラに参加し、最高順位4位を獲得することができました!

もちろんその日は、たくさんの特別選考ルートに招待して頂きました。

 

ここからは、わたしが上位に入るために何をしたのかをお伝えします。

 

1.グループワークの前の自己紹介を盛り上げる

 

グループワークに共に取り組む仲間は重要です。しっかり仲間について知っておきましょう。

 

そこでポイントとなるのが、「自己紹介の中心となり、雰囲気づくりをする」ことです。

自己紹介の中心になる事で発言回数も増え、チームの雰囲気づくりがしやすくなります。

 

もしグループワークで手つかずになっても、雰囲気づくりだけは継続してできるように自己紹介の段階から準備しましょう。

 

ここで注意してほしいのは、仲間の学歴に気を取られないことです。

 

実際に私が参加したときは、早慶上智、MARCHだけでアウェーな時もありました…

そんな時こそ、まずは雰囲気づくりです!! 

 

2.企業さんのプレゼンテーションは「アイコンタクト」「あいづち」

 

プレゼンテーションの時、学生の多くはメモを取ることに真剣です。

もちろん短時間に重要な情報が詰まっているため、メモは必須です。

 

しかし、ここで顔を下げてしまうのは非常に勿体ない!ということで、この場をアピール時間にしてしましょう。

 

そのアピール方法は「アイコンタクト」と「あいづち」をすることです。

 

プレゼンテーションをしている側も同じ人間ですので、話しているときに反応をしてくれたら嬉しいはずです。

 

ここで好印象を与えることで、次のグループワークの時に注目してもらえるかもしれません。

 

また、このように聞いていると自然と内容も入ってくるため、一石二鳥です。 

 

3.傾聴し、意見をまとめる

 

お恥ずかしい話ですが…正直に言うと、私はジョブトラのゲームを理解できたことがありません。

それでも4位を獲得できました!

 

実際のゲームでどのように行動していたのかを解説していきます。

 

まず初めに、とにかく仲間の話を聞きます。

 

高学歴の人や、理解ができた人はそれを共有しようと次々と発言していきます。(それを人事の方々は見ていて「論理的思考」として評価していきます)

しかし全員が発言しだすのでお互いの話を聞いてないことが多々あります。

 

この時がチャンスです。聞き役に回るのです!

聞き役になり「みんなの意見をまとめたメモ」を作成します。

 

こうすることでほかのメンバーが困ったときに、そのメモが生かされます。

チーム内で同じ行動をする手間も省けます。

 

さらにメンバー全員と関わることができるため、自然と「協働力」の評価がぐんと伸びます!私は毎回S評価を頂いていました。

 

4.積極的行動!他チーム調査や運営テーブルに行く

 

ゲームの理解ができていないと、ほかのチームへ交渉に行くことができません。

このままでは行動力がないと思われてしまいます。

 

そこで、できることをこなし、メンバーの仕事を軽減してあげます。

 

ワーク開始と同時にほかのチームの基礎情報を入手しに回ります。

基礎情報収集なら誰でもできますよね?それをメンバーに伝えましょう。

 

また、お金と物資の交換など運営テーブルに何度も行きます。

積極的にその仕事を受け持ち、ほかのメンバーには考える時間に充ててもらいましょう。 

 

5.終盤は留守番

 

ゲーム終盤になると焦りから多くの人が動き出します。

中にはテーブルに誰もいないチームも…そうならないように、留守番をします。

 

最後の交渉をするために、ほかのチームの人がたくさん来るので、それを聞き、メモをし、メンバーに伝言をします。

 

こうすることで効率よく他チームと関わることができる上に、交渉をしているように見せることもできてしまいます。 

 

6.とにかく楽しむ!

 

何事も楽しんだ者勝ちです!

楽しそうに取り組む人とそうでない人、どちらと仕事をしたいですか?

もちろん「楽しそうに取り組む人」ですよね。

 

ここで最初にやった雰囲気づくりが生かされます。

 

自分が楽しい雰囲気を前面に出し、それをチーム全体に広めることでよい影響力のある人になれます。

笑顔で取り組みましょう。

 

また、感謝を伝えましょう。

 

メンバーがしてくれたことに関して「ありがとう」と伝えます。

当たり前のことですが、就活の場となると真剣になり感謝の気持ちを忘れがちです。

基本的なことから意識しましょう。

 

結果

この秘策をもとに、私は3回ジョブトラに参加しました。

その結果をお見せします!

 

ジョブトラにはレベルがあり、徐々にレベルを上げていきました。

 

<1回目>

 

初参加にして16位を獲得し、協働力はS評価を頂きました。

企業さんからは「チーム内の理解を深めている」「メンバーの気持ちに配慮している」とコメントを頂きました。

 

さらにある企業からディナーに招待して頂くことができました。

社員の方とざっくばらんに、就活や社会人についてお話をすることができ、とても有意義な時間でした。

 

その後特別選考ルートを通じ、最終選考まで進みました。

もしそこで内定を頂けていたら1月に就活が終えていました!

 

しかし課題点として、1回目は内容理解が足らず、行動力が劣ってしまいました。

 

 

<2回目>

 

そして2回目は「秘策6選」を意識し、4位を獲得しました!

強みである協働力と行動力でSを獲得しました。

企業さんからは「積極的な行動でチームを牽引」「行動力が多い」「相手の為に取り組む姿勢」さらに「もっとお話ししたい」「弊社の求める人物像とマッチしている」とコメントを頂きました!

ここでこれ以上の結果になるには「論理的思考」が不可欠と痛感しました。

 

 

<3回目>

 

そして最難関レベルにご招待いただき、参加したところ12位でした。

順位自体は下がったものの、イベントのレベルが違うため仕方ありません。

 

しかし課題だった論理的思考でS評価を頂くことができました。

また、この回ではもともと気になっていた企業さんが偶然参加しており、アピールすることができました!

 

 

3回とも個別面談カードを1枚以上獲得し、企業の方と1対1で話す機会を設けていただくことができました。

 

最後に

秘策はなにも特別なことではありません。

 

言ってしまえば「当たり前のこと」ですが、学歴で勝てないからこそ、当たり前を当たり前にできるかどうかが重要です。

 

学歴フィルターは存在します。

その中で自分が勝てる力は必ずあります。

その力を最大限に発揮しましょう!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

あや@21卒

業界絞らず就活→体育学部からIT就職| ベンチャー| コンサル、スポーツ、人材、金融|軸→ダイレクトに人と関わりたい、向上心溢れる社風| インストラクター|最優秀新入社員を目指す|健康運動指導士、ITパス、基本情報技術者、第1種衛生管理者の勉強中|バリキャリになりたい|(トプ画私)