トップ > 就活対策一覧 > 集団面接で受かる人と落ちる人の特徴って?集団面接の正解!

集団面接で受かる人と落ちる人の特徴って?集団面接の正解!

今日は選考過程のなかでも「集団面接」に注目して、受かる人の特徴をまとめました。 簡単なことですが、これらを意識することで秋冬インターン・本選考の通過率を上げていきましょう!

志望動機 自己PR 面接対策 グループワーク対策 WEBセミナー・選考

作成日:2020年08月20日  更新日:2020年10月15日

ざっくり言うと

  • 集団面接は「やばい人」を落とすための選考
  • キーワードは「差をつける」身だしなみ
  • 自己PRを複数準備して必ず個性を出そう!

 

さて、まだまだ暑さが残る初秋、サマーインターンの振り返りはしましたか?

 

WEBテスト、個人面接、GD(グループディスカッション)など、それぞれ苦手な選考があったのではないでしょうか。

 

私はグループディスカッションの通過率がとてつもなく悪く、今から対策をしなければ!と思っているところです。

 

今日は選考過程のなかでも「集団面接」に注目して、受かる人の特徴をまとめました。

 

簡単なことですが、これらを意識することで秋冬インターン・本選考の通過率を上げていきましょう!

 

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・自己分析/業界分析不要!

・書類選考一切なし!

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を可視化できる

詳しくはこちら

そもそも集団面接の意図と目的って?

集団面接とは、選考の初期段階に行われる、複数人の学生対面接官の面接形式を指します。

 

時間としては30分から1時間程度取られていることがありますが、ひとりあたりに割かれる時間は10~15分程度と短いのが特徴です。

 

この面接の目的は、明らかに採用対象にならない人をふるいにかけることです。

一度に複数人をチェックできるので、面接官側の工数を減らすことができます。

 

そのためか、多くの学生がエントリーする企業でよく採用されている選考方法です。

 

「同じグループからひとりしか選ばれない」と思っている学生もいるようですが、安心してください。

そこまで酷ではありません。

 

複数人が次の選考に進むこともあります。

集団面接の目的はあくまでも「やばい人」を落とすことです。

 

たかだか10~15分の面接時間では、面接官が微妙な優劣の差を見極められるほどの情報をつかむことはできません。

 

ここでのポイントはいかに「やばい人」にならないか、そして「優秀そうな人」に見せるかです。

 

これだけはダメ!落ちる人の共通点

とりあえず「やばい人」にならないためには何をすればよいのでしょうか。

簡潔にいうと、最低限の社会人基礎力は磨かねばなりません。

 

たとえば、身だしなみ、遅刻をしない、はきはきと話すなど。

気をつけていれば簡単に実行できますね。

 

時代はオンライン面接です。

そこでの配慮も必要になるでしょう。

 

たとえば、逆光で顔が見えない、電波が悪くて接続できないなどでは、相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

通信環境を整えたり、部屋の環境も整えたりする必要があるでしょう。

 

「オンライン面接だから身だしなみとか特に気をつけてなかった」

 

これを読んでドキッとした人は、今日からぜひ気をつけるようにしましょう。

とても簡単なことです。

 

しかし、「今までも基本的なことは準備していたよ、でも落ちたんだよー!」という人もいると思います。

 

ここからは就活生が陥りやすい「集団面接で落ちてしまう行動」を3つご紹介します。

 

①話が長い、長すぎる!

 

集団面接は、学生ひとりに充てられる時間の尺が決まっています。

1時間で4人の学生がいるならば、ひとりあたり15分です。

 

しかし、その時間を越えて話そうとしたり、話を辞めなかったりした場合、協調性がなく自己中心的という印象を相手に与えてしまいます。

 

「時間が少ないし、たくさん話してアピールしなきゃ!」という心意気は大切です。

しかし、周囲の学生のことも考えた行動が求められていることを頭の片隅に置いておきましょう。

 

集団面接では一般的な質問しか聞かれません。

 

志望理由、自己PR、学生時代に頑張ったことなどは、1分程度で話せるよう事前に準備をしておくとよいかもしれないですね。

 

②他の学生が話しているとき明らかに聞いていないそぶりを見せる

 

これはオンライン面接だとしてしまいがちですよね。

 

「見えてないからいいや」と携帯をいじったり、他のことをしたりしていませんか?

 

「つまんないなー」という態度や、明らかに目線が画面ではなく下を向いている態度は、面接官から丸見えです。

 

他の学生の話は、たとえ興味がなくてもカメラに向かって大げさにリアクションをしましょう。

 

オンライン面接では、ミュートにしているはずなので声に出して笑ったり、頷いたり、驚いた表情をしたりすると、とても表情豊かで印象よく見えます。

 

「この人は周囲を巻き込んでくれるんじゃないのかな」という期待感を面接官に持たせることができます。

 

③他の学生に流されてしまい、似た話をしてしまう

 

自分の話す順番が最後のとき、前の3人がボランティア活動の話をしていたから、なんとなくボランティア活動が正義に思えて嘘をついてしまう...なんてことをしてはダメです!

 

日本人は空気を読むことが得意です。

だからこそ「ボランティア…」と言いかけてしまうのかもしれません。

 

しかし、この場合はサークルの話やアルバイトの話をするほうが印象に残ります。

 

前の人に合わせることは考えず、自分が準備してきたことを話しましょう。

 

集団面接で受かる方法!

そんな上記のことは、「全部実行してますよ!」という人もいるかもしれません。

そのような人は次の手段として、いかに「優秀そう」な雰囲気を醸し出すかを焦点にしましょう。

 

前述したとおり、面接官は10~15分の短い時間で判断できる場合のほうが少ないです。

同じ班の学生を比べて、ぱっと見て「優秀そう」な人を次の選考に進めようとするはずです。

 

または、強い印象に残った学生を採ろうとするはずです。

 

この「強い印象」とは、もちろんよい意味です笑

 

たとえば奇抜な蛍光色のTシャツで面接を受けるなどは、強い印象を残すかもしれませんがやめましょう。これは悪目立ちです。

 

今日から実行できる集団面接で合格する方法

 

①人一倍見た目に気を遣う

普通に見た目を整えるのではなく、人一倍気を使いましょう。

 

ずば抜けて身だしなみに気を使うことは、周りに余裕を垣間見せることができます。

 

髪をワックスできちんと整える。

シャツにアイロンを懇切丁寧にかける。

ネクタイを丁寧に結ぶ。

メイクをきちんとする。

 

オンライン面接で見た目に手を抜きがちな今日この頃ですが、(私だけですかね?笑)最低限ではなく、人と差をつける身だしなみをしましょう。

 

印象がガラッと変わります。

 

オンライン面接では、前から照明を当てるだけで準備をしているように見えます。

逆に逆光で顔が暗いと準備不足だと思われてしまいます。

 

オンライン面接が主流になり、照明を追加購入している学生もいるようですが、この先も必要になると考えられるので早めに準備をすることをおすすめします。

 

 

②自己PRやガクチカを複数用意する

エピソードは必ず複数準備し、周囲の学生が話してないようなエピソードや自分の優位性が示せるようなエピソードを話して差別化しましょう。

 

自分が準備していたガクチカが、サークルの大学対抗戦で勝利したというものだった場合、同じ班に同じ競技の全国大会優勝がいたらエピソードとして薄れてしまいますよね。

 

また、個性を示すことができません。

 

周囲の学生がボランティアの話をしたら、アルバイトで頑張った話を。

アルバイトの話をされたら、長期インターンでのより実務的な経験を話せば社会人基礎力が高いことを示せます。

 

全員サークルの話をしていたら、大学でのゼミの話をすれば勉学を大切していたことをアピールできますよね。

 

複数準備できない場合でも、話す順番が決まっていないときは、挙手をして最初にはじめてしまうのもひとつの方法かもしれないですね。

 

 

③他の学生よりも余裕を見せる!

自信を前面に出しましょう。

自信があるかは声の大きさや、話し方に表れます。

 

余裕のある学生は、会社に入社してからプレゼンや営業などで活躍してくれる人材なのではと期待させることができます。

 

話し方だけではなく、内容でも余裕を示すことができます。

 

集団面接のお堅い雰囲気を、自己紹介で面白いことをいって和ませたり、驚くようなことをいったりすることがこれに当たります。

 

まとめ

集団面接はいかに「やばい人」にならないか、そして「優秀」に見せるかです。

集団面接は個人面接よりも、第一印象が大切になります。

 

面接官へよい印象を残すことで、個人面接を乗り越えましょう。

周囲の学生と比べられることを念頭に置きながら、自分らしさをアピールできることが一番ですね!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人

自称理系よりの文系。都内女子大3年生。
「毎日をアクティブに」をもっとーに、スケジュール帳を全て埋めることが日々の目標。
長期インターン5社目、イギリス交換留学、体育会、学生団体。
1年後に笑っていられるように、今日から共に戦いましょう!