トップ > 就活対策一覧 > 22卒就活出遅れ?秋からはじめる就活最初の30日でやるべきこと

22卒就活出遅れ?秋からはじめる就活最初の30日でやるべきこと

友達を見て焦ってしまっていませんか? 「自分、出遅れた...?」と思っているあなたに、秋からの「就活のはじめ方」をわかりやすく解説します!

就活セミナー 自己PR エントリーシート 面接対策 SPI・WEBテスト対策 マナー インターン・ジョブ 自己分析 就活ランキング 就活スケジュール

作成日:2020年08月26日  更新日:2020年09月07日

ざっくり言うと

  • 就活、まだ間に合う!
  • 就活最初の30日でやるべきこと
  • 就活は怖くない

 

友達を見て焦ってしまっていませんか?

 

「あれ?なんかみんな、インターンに参加してるっぽい?」

「あれ?就活ってまだ先じゃないの...?今からなにをしているの...?」

 

「自分、出遅れた...?」と思っているあなたに、秋からの「就活のはじめ方」をわかりやすく解説します!

 

◆ 期間限定 ◆
ジョブトラ
就活応援!

本登録学生限定で、
人気・難関企業622の面接質問集/オンライン面接対策集/80社のインターンシップ志望動機集の3大特典を差し上げております。
ご登録はこちら

まだ間に合う!

夏インターンにひとつも参加できなかったあなた。

それでも、まだ就活には全然間に合います!

 

なぜなら、就活のゴールは「内定」だからです。

 

一部の外資系企業をのぞいて、さすがに夏の時点で内定を出したい学生がすべて決定してしまっている会社はほどんどありません。

 

所詮、夏は初戦。本当の戦いはここからです!

 

また、夏のインターンでボロ落ちしたり、人事の方にいわれた言葉でメンタルブレイクしたり、すでに燃え尽き気味の学生もたくさんいます。

 

彼らが「もう無理ぴ...」となっている間に、その差を取り返すことは十分可能です。

 

まずは装備を揃えよう

ここから、30日間でできることをお伝えしていきます。

インターン冬選考のピークは11月中旬。

 

11月頭までに、準備を終わらせておくのが目標です!

 

最初の10日でできること

 

①装備を揃えよう

就活向けの装備は揃っていますか?

 

スーツは入学式で買っていても、就活カバンや靴を買っていない人は多いかもしれません。

 

インターンといえども、普段通学用に使用しているリュックで参加するのはNG。

インターンが決定してからあわてないように、就活グッズを買っておきましょう。

 

こちらも参考にしてみてください。

https://rebe.jp/column/detail/5401?year=2022

https://rebe.jp/column/detail/5791?year=2022

 

 

②就活用メールアドレスを作ろう

就活用のメールアドレスは「作るべき!」です。

メールを見逃すと、合格したインターンを辞退扱いになってしまうことも...。(私の話です。)

 

就活メアドについては以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

https://rebe.jp/column/detail/4790?year=2022

 

 

③エントリーしよう

就活用メアドを作ったら、次にすべきことは「エントリー」です。

 

まず就活情報サイトに登録し、「プレエントリー」ボタンを押します。

 

そうすると、企業から登録メールアドレスに「マイページ発行のお知らせ」が届きます。

案内に従って必要な情報を登録しましょう。

 

エントリーした会社は、忘れないようにエクセルで管理するのがおすすめです。

以下の記事で、エクセルの使い方について解説しています。

https://rebe.jp/column/detail/1534?year=2022


 

また、エントリーする企業は偏りすぎないようにしましょう。

エントリー数は最低20社程度をおすすめします。

 

20社の内訳は、たとえばこんな感じです。

はじめは業界や就活ランキングから絞るのが一番わかりやすいでしょう。

 

たとえばこのランキングを例にします。

 

1〜50位,51位〜100位、と、300位まで50番刻みで表示されていますが、それぞれの枠から2社ずつ選んで12社を選びましょう。

 

残りの8社のうち4社は、ランキングから「名前を見ても何をしているのかよくわからない会社」を選びます。

 

そして残りの4社は、就活情報サイトで「今まで名前を聞いたことがなかった会社」を探しましょう。

 

表示されているおすすめ企業や、興味のある業界を検索して名前を聞いたことのない企業などにエントリーしてもいいでしょう。

 

大切なのは「名前を聞いたことがない会社」を入れること。

知名度が高い企業は、その分倍率も上がるためです。

 

しかし、名前を聞いたことがない会社ばかり20社も選ぶのは大変なことでしょう。

 

また、インターンに参加する場合も「すでに知っている会社」のほうがモチベーションが上がると思います。

 

そこで、最初はランキングなどを見て「直感で面白そうな会社」をリストアップするのがよいでしょう。

 

ここで、私が適当にピックアップしてみました。

 

・伊藤忠商事(1位)

・日本生命保険(3位)

・三井不動産(51位)

・東宝(52位)

・読売広告社(102位)

・タカラトミーグループ(104位)

・リクルート(153位)

・Francfranc(162位)

・阪急交通社(201位)

・日立ソリューションズ(211位)

・東レ(254位)

・日本製鉄(256位)

 

参考:東洋経済オンライン|就活生2.4万人が選んだ「就職人気ランキング」

 

これで12社ピックアップできました。

ここで気をつけたいのは、業界が偏らないようにすることです。

 

興味がなくても、できるだけいろいろなジャンルから選ぶようにしてみましょう。

 

次に、名前ではよくわからない会社を選びます。

(知っている人がいたらごめんなさい!)

 

300位から101位までの間で、逆順に50社区切りで1企業ずつ選んでみます。

 

・日本アクセス(264位)

・ニチイ学館(246位)

・エスクリ(184位)

・アマダグループ(110位)

 

最後に、就職情報サイトを使って適当に興味のある分野を検索し、4社選んだら完成です!

 

 

④ESを書いてみよう

ここまで終わったら、ES(エントリーシート)を書いてみましょう。

 

とりあえず「学生時代に力を入れたこと」をテーマにします。

うまく書けなくても、自分の頭でを使って悩んでみることが大切です。

 

疑問に思ったことはメモしておきましょう。

ESの書き方についてはこちらを参考にしてみてください!

https://rebe.jp/column/detail/4611?year=2022

https://rebe.jp/column/detail/5680?year=2022

 

11〜20日目でできること

 

①最初の10日間のやり残しをやる

それまでの期間でやり残しがあれば、この段階でやっておきましょう。

 

 

②就活スタートアップセミナーに参加する

「就活キックオフ」「就活はじめの一歩」のようなセミナーに参加してみましょう。

 

今はオンラインで開催されているので、気軽ですね。

ESを書いたときの疑問を意識して聞きましょう。

 

 

③WEBテスト対策をしよう

ESと同じぐらい大切なのがWEBテストです!

早めに対策をはじめましょう。

 

WEBテストは、スタンダードなのがSPIと玉手箱

https://rebe.jp/column/detail/5709?year=2022

https://rebe.jp/column/detail/5789?year=2022

https://rebe.jp/column/detail/5746?year=2022

 

外資系を受ける人は、以下の記事も参考にしてください。

https://rebe.jp/column/detail/5722?year=2022

https://rebe.jp/column/detail/5725?year=2022

 

 

④ESを添削してもらう

ESは、第三者に添削してもらうことが大切です。

 

キャリアセンターを予約して、最低5回は行きましょう。

ESを添削されるとめっちゃ心が折れます。

 

でも諦めないで、5回はタスクと思って行きましょう。

マイページに選考情報が出たらチェックしておき、ESを書いていきましょう。

 

21目〜

①ここまでのやり残しがあればやる

前回同様、やり残しがあればこの段階で済ませておきます。

 

 

②当たって砕けろ!の精神でどんどん応募する

ここまで20日がんばれたあなたは、もう選考の応募に十分な準備ができているはず。

 

ESがある程度まとまってきたら、どんどん応募してWEBテストを受けていきましょう。

 

大学入試は一発勝負でしたが、就活は少しずつ階段を上がるような試験です。

 

試験工程が多いだけでなく企業数も多いため「当たって砕けろ!」精神で、落ちてもどんどん応募していきましょう。

 

反省するのは、5社ぐらい落ちてから。

まとめて反省すれば十分です。

 

 

③応募企業を増やす

余裕があれば、応募企業を20社以上まで増やしていきましょう。

 

また、1社選考に落ちてしまったら、企業リストに1社追加します。

こうして常に一定の会社にアンテナを張っておくようにしましょう。

 

就活は怖くない

「え〜、こんなにやることあるの......やりたくない...」

と、げっそりしてしまったかもしれません。

 

わかります。

 

でも、ここまでやり切ることができれば、秋前から就活をしていたほとんどの学生を追い抜くことができます!

 

なぜなら、就活をしている学生のなかでも、ここまできちんとやれている人は少ないからです。

 

「今まで就活をしてこなかった」「出遅れてしまった」と思っている人でも、まだまだ間に合います。

 

心配はいりません。

社会見学のつもりで、とりあえずやってみてはどうでしょうか?

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

川端 いちご

京都の大学生。
文学部で芸術について勉強しています。
好きなことは読書と音楽。アニメを見ること。あと美術館巡り。
苦手なことはLINEの返信です。送ったあと心配になっちゃうタイプの人です。
内向型の人間がサバイブする方法をいつも考えています。

人気セミナー