トップ > 就活対策一覧 > 10月の運勢~9月の振り返りと当月の運勢~

10月の運勢~9月の振り返りと当月の運勢~

今回は人気占い師の沙木貴咲さんに就活生の10月の運勢を占ってもらいました。 就活生ならではのお悩みを切り口に、星座ごとの10月の運勢をみていきましょう。

志望動機 自己分析

作成日:2020年09月19日  更新日:2020年10月22日

ざっくり言うと

  • 就活生に向けて10月の運勢を解説
  • 生まれ月で異なるアドバイスを参考に
  • 気分転換して新たなきっかけをつかもう

 

今回は人気占い師の沙木貴咲さんに就活生の10月の運勢を占ってもらいました。

 

 就活生ならではのお悩みを切り口に、星座ごとの10月の運勢をみていきましょう。

 

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

先月は思いどおりにならないことが多かったかもしれません。

やる気が空回りして、何を頑張ればいいかわからなくなった人もいるはずです。

 

今月も似たような迷いや戸惑いが出てきますが、原因は他人を気にしすぎるところにあります。

 

内定がもらえた友人を羨ましく思ったり、秋冬のインターンに積極的な人が自分より先を行くように見えたりするのでしょう。

 

ただ、冷静に現状を把握すれば焦る必要はないとわかるはず。

 

気持ちが落ち着くと、見逃していた大事なことも気づけるようになります。

マメに気分転換をしてメンタルコントロールを大切に。

 

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

先月は恋愛や趣味が忙しくて就活が後回しになった人も少なくないはず。

 

ただ、プライベートが充実しているなら焦らなくて大丈夫。

メンタルが満たされていれば表情に自信がにじみ、態度には余裕が出てくるでしょう。

 

今月は地味な作業を丁寧に。

インターン先を探してエントリーシートの精度を上げるなど、準備に専念すると良さそうです。

 

月初から気持ちが一新する場面もあるので、先月はこれといった進展がなかった人ほど気合が入るでしょう。

コツコツと頑張れば、月半ばから努力が少しずつ報われるはずです。

 

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

先月は自分探しをするには良い時期でした。

家族からのプレッシャーを応援として受け止め、自信をつけた人もいるでしょう。

 

今月も周囲の声が気になるかもしれませんが、神経質になりすぎずラフに構えて。

自分が譲れないものは何か、どんな道を進むのかは13日までに固めておくと良さそうです。

 

月の後半に入ったら体調管理をしっかりと。

疲れやすくなっている人はライフスタイルを見直した方がいいでしょう。

 

11月以降のインターンに賭けるなら、健康的な生活と体づくりが成功のカギになります。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

先月は頑張った自分を褒めてあげて。

 

厳しくなりすぎると心がつらくなってしまいます。

コミュニケーション能力は特に、自分が思う以上にアップしているので自信を持って!

 

今月は、これまでの振り返りを月初のうちにしておきましょう。

強化したいポイントがハッキリしてきます。

 

アルバイトをしている人は、バイト先の厄介な出来事がプラスの気づきを与えてくれそう。

 

また、恋愛で揉めると就活に悪影響が出るかもしれません。

ギクシャクした空気を少しでも感じたら早めに解決を。

大抵は話し合いで丸く収まるはずです。

 

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

先月は早々に就活のチャンスをつかめた人と、自信があるのにもどかしい思いをした人に分かれたかもしれません。

 

今月は月半ばにジレンマを感じやすくなりますが、これは情報不足による迷いと空回りが原因。

 

SNSや友人との会話だけでなく、自分で企業情報をリサーチして、志望する業界の動向をチェックするとよいでしょう。

 

また、今興味を持っている企業について、自分の性格や能力に合うのかどうかを今一度確かめて。

「好き」と「適正」は必ずしも一致しないので、冷静な見極めが大切です。

 

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

先月は新しい可能性を見出せた人も少なくなく、就活の方向性を変えるにも良い時期でした。

 

これといった進展がなくても、自分がするべきことがわかっているなら焦る必要はありません。

 

10月は、月初に今までの頑張りを評価してくれる人が現れそう。

先輩や目上の人からのお誘いには忙しくても応じるとよいでしょう。

 

月半ばをすぎたら連絡ミスや言い間違い、遅刻に気をつけて。

インターンへの応募はエクセルで管理表を作り、漏れがないように。

 

月の後半は神経質になるくらいがちょうど良いかもしれません。

 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

先月、気持ちの整理をつけて今後の計画を立てた人は、だいぶ動きやすくなるはず。

 

何もしないで9月が終わってしまった人も、10月は主体的な行動がカギになるので流されないように。

 

理想の年収が適正かどうか、自分が実現可能な数字なのかは迷いどころ。

 

少しランクを落とすことになっても、正しく見極めれば就活にはプラスになります。

決してネガティブな判断ではないはず。

 

また、自分が仕事に求めることをシンプルに突き詰めると、17日以降に新しい一歩を踏み出せるでしょう。

人気の高いインターンにも強気で応募できそうです。

 

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

先月は友人や先輩の言葉に勇気づけられたかもしれません。

就活の迷いは周囲との何気ない会話でだいぶ解消できたはずです。

 

そんな中で迎える10月は、ライフスタイルの見直しをすると良さそう。

 

学生ならではの夜型生活や不規則な食事にはピリオドを打って。

大事なセミナーやOB訪問には万全の体調を整えるようにしましょう。

 

ただ、月半ばから後半にかけては気持ちがブレやすく、インターンの応募に迷ったり、目標を見失ったりするかもしれません。

不安になったら初心に戻ってシンプルに考えることが大切です。

 

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

先月は不安が湧き上がったかもしれませんが、面倒でもやっておいた方がいい準備がハッキリしたはず。

 

手間がかかる事務処理、書類作成を済ませておいた人は今月スムーズに動けるでしょう。

 

仕事の本質を知るほど働く楽しさが見えてくるので、OB訪問や会社説明会には積極的に。

偏った思い込みが消えて、志望企業や業界の幅が広がりそうです。

 

ただ、10月は恋愛や友人関係がバタバタしやすいので、就活とプライベートのバランスはうまく取って。

恋人募集中の人は特に、今はうまくいかない恋より就活を優先した方がよいかもしれません。

 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

先月から秋冬のインターン準備を始めた人がいるかもしれません。

何もしないで月末を迎えた人も、月初にはこれからの戦略を立てることになりそうです。

 

友人の話やネットの就活記事は気になるでしょうが、中には正しくない情報も混ざっているので気をつけて。

根拠のない噂話は特に用心が必要です。

 

また今月は、甘くはない状況で自信がつきそう。

厳しい面接指導やOBの辛口アドバイスも逃げずに受け止めれば、腹が据わって気がラクになるはず。

 

自分の就活を冷静に客観できるようになるでしょう。

 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

先月末は思いをうまく表現できず苦戦した人が少なくないはず。

 

けれど、エントリーシートや面接シミュレーションは数をこなすことで精度がアップします。

「今のうちに失敗しておいて良かった」と考えれば、むしろホッとするかもしれません。

 

しかも、先月の頑張りは10月を迎えて早々に報われそうです。

 

会話力や語彙力が鍛えられて、言葉がスムーズに出てくるようになるはず。

OB訪問やグループセミナーでは積極的に発言しましょう。

 

一方で、志望する業界の動向はマメにチェックを。

去年とは採用状況が変わるかもしれないので、小さな情報もつかんでおくと安心です。

  

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

先月、人間関係を見直した人は少なくないでしょう。

 

今月も、友人のアドバイスが見当違いだったり、家族が余計なお節介をしたりするかもしれません。

月半ばを過ぎたら特に自分軸がブレないように気をつけて。

 

とはいえ、人間関係すべてが悪いわけではなく。

10月は本当に信用できる人がハッキリ見えてくる月です。

 

OB訪問やセミナーで頼れる人を見つけられたら、就活に対する考え方がガラッと変わるかも。

 

遠い存在と思える人ほどプラスになる助言を与えてくれるでしょう。

遠慮しないように。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

沙木貴咲

日本大学芸術学部放送学科卒業。在学時から渋谷の某放送局で働き始め、睡眠時間がなさすぎてキャンパス内のベンチがベッド代わりに。卒業後もテレビ業界に勤めたのちIT業界へ転身。女性向けアプリやウェブメディアの制作・運営に携わり2017年からフリーランスに。シングルマザーで二児の母。