トップ > 就活対策一覧 > 特別な経験がなくてもリーダーシップを示せる!?リーダーシップとは

特別な経験がなくてもリーダーシップを示せる!?リーダーシップとは

秋冬のインターンがはじまり、そろそろ本選考のES(エントリーシート)提出や面接へと進んでくる頃ではないでしょうか…

自己PR 面接対策 インターン・ジョブ グループワーク対策 WEBセミナー・選考

作成日:2020年09月24日  更新日:2020年10月22日

ざっくり言うと

  • リーダーじゃなくてもリーダーシップを発揮している!
  • 「リーダーシップ」とはチームに貢献する全てのこと
  • 具体例で見る「リーダー以外のリーダーシップ発揮経験」

 

こんにちは、中央大学のななまるです。

 

秋冬のインターンがはじまり、そろそろ本選考のES(エントリーシート)提出や面接へと進んでくる頃ではないでしょうか。

 

そんな中、

 

「自分はサークル内でリーダーになったことはないし…」

 

「部活に所属していたけれど、マネージャーだから人を率いるリーダーシップなんて書けないな…」

 

こんな風に思っていませんか?

 

もし当てはまるのであれば、今回の内容が参考になると思いますのでぜひご一読くださいね。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

リーダーシップとは

そもそもリーダーシップとは何でしょうか。

私を含めてみんな大好きWikipediaによると、以下の通りです。

 

「リーダーシップ(英語: leadership)とは、指導者としての資質・能力・力量・統率力」

(引用:Wikipedia|リーダーシップ

 

就活でも同じ意味なのでしょうか。

皆さんも少しだけ「自分が考えるリーダーシップ」について考えてみてください。

 

就職活動は、企業側の立場から見れば「自社に入って欲しい人を見極める場」です。

求職者全員に「指導者としての統率力」を求めるでしょうか…?

 

就職活動の中で、「あなたがリーダーシップを発揮した経験を教えてください」などと聞かれる場合。

 

その多くは「どうやってチームを統率したのか」を聞きたいのではなく、「どうやってチームに貢献したのか」を聞きたいのです。

 

もちろん、ここで聞かれているリーダーシップには「チームを統率する」という意味合いは含まれています。

 

しかし、チームメンバー全員がリーダー気質で、全員が全員「こっちについてこい!」派だったらチームはうまく機能するでしょうか。

 

なかなかうまくチームが機能しないことが目に見えていますよね。

 

ここで大事なのは、

「就活で聞かれるリーダーシップとは、チームを牽引することだけではない」

ということです。

 

世の中にはフォロワーシップという言葉がありますが、これはリーダーのもとに、フォロワーが自発的に物事を考えてチームに貢献することを指しています。

 

就活におけるリーダーシップ経験には、このフォロワーシップに基づく「自発的に動いた経験」も含まれるというのが肝です。

 

自分がリーダーでなくても、以下のような活動であれば、就活で聞かれるリーダーシップ経験に落とし込むことができます。

 

1.自分で(自発的に)考えて動いた

2.周りの人を巻き込んだ

3.何かしらの成果が出た

 

あなたのリーダーシップ経験〜具体例〜

ここでは実際に、活動別でのリーダーシップ経験の例をあげてみたいと思います。

 

部長やサークル長でなくともリーダーシップを発揮できる経験は多くあり、気づかないうちに行っている場合もあります。

 

「自分はどうだったかな?」と振り返りながらチェックしてみてくださいね。

 

交換留学プログラムでのリーダーシップ経験例

 

私のリーダーシップ経験は、チーム間での異なる意見や考え方の違いをまとめ、チーム発表の成功に寄与したことだ。

 

プログラムは自国の文化的魅力についてプレゼンテーションするというものだったが、考えの齟齬ややる気の格差によって衝突が起こっていた。

 

私は一人ひとりの意見を真摯に聞くことが大切だと考え、相手の意見を否定せずに尊重し、最後まで聞くことを心がけた。

 

また、発表までの問題点や課題を自分を通して共有し、チームを取り持つ役となったことで、結果的にチームメンバー全員が発表に対して責任と目的意識を持ち、チーム全体で1つのプレゼンテーションを作り上げることができた。(277文字)

 

ここではチームが分裂しそうになったとき、自身がチームの架け橋となってメンバーそれぞれを尊重し、チームの成果を最大化することに寄与したエピソードが書かれています。

 

決して自分がチームリーダーでなくても、メインのプレゼンテーターではなくても、チームに貢献できているというのがよくわかる一例です。

 

部活動のマネージャーのリーダーシップ経験例

 

私のリーダーシップ経験は、XXX部のマネージャーとして部員のやる気を最大限まで引き出したことです。

 

XXXという競技では、体力や戦略性はもちろん、長期間のトレーニングも必要です。

 

そのため、モチベーション維持が最も重要だと考えました。そこでトレーニング記録をスコア化し、部員同士で競争可能な状態にしました。

 

また、競争するだけではなく部活の日誌などをうまく活用。

 

個々人の思いや練習の中で考えていたことなどをマネージャー経由で集め、週に一回まとめて部員に伝達することで、競争意識だけでなく仲間意識を作り、中長期的なモチベーションの維持につなげました。

 

これにより、施策施行から半年後に行われた全国大会では過去最高順位の3位をチームで達成することができました。(324文字)


 

「プレイヤーではないけれどチームの一員」というマネージャーならではの難しい立ち位置にもかかわらず、チームの成果に向けて自分で考え、自分の持ち味でメンバー同士をつなげて環境を作ることにうまく生かしているエピソードです。

 

マネージャーの皆さんも、普段の活動で同じようなことを行っているのではないでしょうか。

 

結局リーダーシップって?

ここまでみてみると、冒頭でお伝えしたように、リーダーシップとはリーダーだけのものではないことがよくわかると思います。

 

チームのために自分で考え、動き、成果につながったことなら、何でもリーダーシップとしてESや面接といった就活の場で伝えることができるでしょう。

 

「自分はサー長じゃないしな…」

「プレイヤーとして試合しているわけでもないし…」

と悩んでいる方。

 

是非もう一度自身がやってきた活動の中で、自主的に何か考えて動いたことを探してみてくださいね。

 

きっと見つかるはずです!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ななまる

MARCH文系大学生。専攻は経済学です。
大学では、文化系サークルに所属しています。小さい頃から図工や絵を描くことが好きで、大学2年の時に、専門学校に通っていました。そこでものづくりの過程を学び、最近はデザイン領域にも関心があります。
中高は、運動部に所属し、毎日走っているような学生時代でした。
得意なことは、相手の話を聞くことです。
就活では、つらい局面でも明るく取り組み、将来の夢を叶えるための一歩を踏み出したいです!

人気セミナー