トップ > 就活対策一覧 > 早慶でも就活危機?!コロナ不景気に打ち勝つための就活バイブル

早慶でも就活危機?!コロナ不景気に打ち勝つための就活バイブル

今回は、就職活動をするうえで、「早稲田大学」「慶応義塾大学」という学歴が武器になるのか?そして人気の大手に就職した先輩のようになるには、どうすれば良いのかをご紹介します。

就活セミナー 就活スケジュール ノースキル

作成日:2020年09月28日  更新日:2020年10月19日

ざっくり言うと

  • 学歴は果たして武器になるのか?
  • 優秀なライバルに打ち勝つため注意すべき2つのこと
  • 情報収集のための必須経路3つ!

 

こんにちは!みーちゃんです。

 

就職活動を意識し始めた早慶就活生のみなさんは、先輩が人気の大手に就職したから自分も大丈夫?でもコロナ不景気で今年は厳しいのかな?など、さまざまな気持ちになっていることでしょう。

 

そこで今回は、就職活動をするうえで、「早稲田大学」「慶応義塾大学」という学歴が武器になるのか?そして人気の大手に就職した先輩のようになるには、どうすれば良いのかをご紹介します。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・6業界分析/企業理解

・本選考を見据えたグループワーク対策

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を数値で可視化

詳しくはこちら

学歴は武器になるのか?

正直、武器になる場合と武器にならない場合があります。

 

会社のカルチャーや組織形態(上層部に高学歴が多いか否か)などが影響するためです。

 

近年では、一昔前と比較する学歴のみで採用を決定する企業は少なくなりました。

ですが、学歴志向が強い企業もまだたくさんあるので、そういった企業では学歴は武器になります。

 

そこで内定実績を見てみると、どのような企業で武器になるのか分かります。

 

ということで、まずは早慶それぞれの就職先である主な業種や企業をご紹介します。

ここからご紹介するデータは、各大学のホームページに掲載されている情報を元にまとめています。

 

早稲田大学

 

2018年度:早稲田大学進路状況 
全学部・研究科 業種別就職割合 (就職者5名以上の企業・団体のみ)
 


こちらが早稲田大学の主な業種別就職先の割合です。具体的に企業で見ると、このようになります。

1位 富士通  83人
1位 三菱UFJ銀行  83人
3位 NTTデータ  76人
4位 東京都職員Ⅰ類  73人
5位 三井住友銀行  70人
6位 アクセンチュア  66人
7位 日本放送協会(NHK)  64人
8位 みずほフィナンシャルグループ  62人
9位 三菱電機  61人
10位 東京海上日動火災保険  53人
10位 アビームコンサルティング  53人
 

 

慶應義塾大学

 

2018年度:慶應義塾大学進路状況

2018年度:慶應義塾大学(3名以上就職先)

全学部・研究科 業種別就職割合
 


こちらが慶応義塾大学の主な業種別就職先の割合です。

具体的に企業で見ると、このようになります。

1位 慶応義塾  95人
2位 東京海上日動火災保険  85人
3位 アクセンチュア  76人
4位 三菱UFJ銀行  73人
5位 三井住友銀行  72人
6位 みずほ銀行  62人
7位 富士通  52人
8位 三菱UFJ信託銀行  51人
8位 野村證券  51人
10位 アビームコンサルティング  50人


早稲田大学のOB・OGが多く就職している業種・企業は、それだけ早稲田大学の学生を採用する可能性が高く、慶応義塾大学のOB・OGが多く就職している業種・企業は、それだけ慶応義塾大学の学生を採用する可能性が高いと言えるでしょう。

つまり、多く実績があるこれらの業種・企業においては、確率論的に学歴フィルターで優位に働いているはずです!

エントリーやOB・OG訪問の際に参考にしてみてください。

 

ライバルは同じ大学にいる!

 

多く実績があるからといって、安心してはいけません。

 

どんなに就職する人数が多い企業でも、採用される学生全員が早稲田大学や慶応義塾大学の学生ということはありません。

 

企業によっては、大学ごとにだいたいの採用人数が決まっている場合があります。

つまり、その採用人数の「枠」に対してたくさんの学生がエントリーした場合、選考の初めの段階では通過するかもしれませんが、最終的には不採用となってしまう人が多くいるということです。

 

 

では、同じ大学内のライバルたちに打ち勝つためには、どうすればいいのでしょうか。

 

優秀なライバルたちに打ち勝つために注意すべき2つのこと

大学内のライバルに勝つためには、「選考時期を逃さないこと」「きちんと就活対策をすること」が重要かと思います。

 

選考時期を逃さないために、情報収集をしよう!

 

意外と、大事な情報を手に入れていないことで、選考時期を逃してしまう学生は多いようです。 そこで、情報収集の方法を3つご紹介したいと思います。

 

 

①学内の合同説明会に参加する  

 

学内の合同説明会に参加する企業は、早稲田大学・慶応義塾大学の学生に対して企業の説明をするために来ています。

 

そのため、大学のOB・OGを説明会に参加させていることが多いです。

そこでコネクションを作り、後々個別にお話を聞くことも出来ます。

人気の企業は、一般の説明会に申し込みが殺到して参加できない場合があります。

 

そういった問題を回避するためにも学内説明会をぜひ利用してみてください。

 

また、企業によっては大学別の内定者座談会という機会があります。

私が参加した中では、その企業のインターンシップに参加した学生のみに向けて開催されるものがありました。

そのような条件付の可能性が大きいので、注意してくださいね。

 

このような非公開の小さな座談会では、より詳しい話を聞くことが出来る上に、キャンパス内やキャンパス周辺で行われることが多いので、とても良い機会です。

 

 

②OB・OG訪問をする

 

同じ大学のOB・OGにお話を聞くと、リアルな就活事情が分かります。

 

OB訪問のサイトには、以下のようなものがありますが、特に同じ大学のOB訪問ができるビズリーチ・キャンパスが一番おすすめです。

 

・ビズリーチ・キャンパス

 →大学別にOB訪問ができる。

  ゼミやサークルの情報も分かる。

・Matcher   

 →内定者の登録が多い。

・HELLO, VISIT   

 →OBのプロフィールが詳しい。

・レクミー   

 →OB訪問だけではなく、インターン情報や

  イベント情報の収集もできる。

・ソーシャルランチ  

 →トップ企業の社会人にOB訪問できる。

 

OB訪問では、説明会では聞くことのできないような込み入ったお話も聞くことが出来るので、選考時期を逃さないためにも早い時期に行うのがおすすめです。

 

 

③ジョブトラに参加する

 

6社合同の早期選考会イベント「 ジョブトラ」に参加することもおすすめです。

 

たった4時間半で、

・6社の選考を受けられる(特別選考ルートに乗ることができる)

・6業界の業界/企業分析ができる

・参加するだけ自己分析ができる

ジョブトラでもらえる順位成績(フィードバックシート)で自己分析をガッツリ進める方法

・ビジネスゲームで選考練習ができる

・座談会でプロの人事から情報収集ができる

 

業界/企業分析ができることはもちろん、

ビジネスゲームで知り合った就活生から情報収集ができたり、

人事の方から会社の裏話を聞くこともできます。

 

ちなみに私はこのジョブトラに6回参加しました。

 

 

④Twitterを活用する

 

Twitterのいわゆる就活アカウントを利用している就活生の中で、早慶の学生はとても多いです。

 

同じ時期に就活をしているからこそ、「 ○○会社のエントリーが始まった」「インターン情報が解禁された」など、非常にタイムリーな情報に出会うことが出来ます。

 

また、内定者や社会人で早慶出身の方とつながることもできるかもしれません。

 

このように、Twitterで就活情報を収集するのはとても良いことですが、その反面使用する際には注意が必要です。 詳しくは、Twitterを活用して就活の有益情報を収集しよう!おすすめSNSアカウントの一覧・まとめをご覧ください。

 

きちんと就活対策をしよう!

 

学歴はもちろん、資格、TOEICや留学経験などの英語の実績、体育会での経験、起業経験など、さまざまな武器を持っている学生は多いでしょう。

もちろん、それらの実績は有利に働くこともあります。

ですが、周りを見渡してみると、同じようにさまざまな武器を持っているライバルは恐らく少なくないはずです。

つまり、そこでは学内のライバルに大きな差をつけることはできないのです。

さらに最終面接においては、採用か不採用かの決め手にはならないでしょう。

そこで、私が大切だと思うのは、きちんと就活対策をすることです。

高学歴だから、対策をしなくても志望する企業に入れると思っていると、上手くいきません。

もしかしたらあなたの先輩方は、
 「SPIは対策しなくても問題ない」
 「エントリーシートで落とされたことはない」
 「大手の内定をたくさんもらった」
など、当たり前のように言っていたかもしれません。

そう言っている先輩方も、実は努力をしているのです。

その言葉に騙されないで、きちんと就活対策をしましょう!

 

最後に

今回ご紹介したように、自分の大学の就活の傾向を把握することは大切です。

ですが、優秀な早稲田大学生、慶応義塾大学生の中で自分が選ばれるためには、着実に準備をすることが一番の近道です。

現状に満足せず、きちんと対策をして、志望企業の内定をつかみ取ってください!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

みーちゃん@21卒

21卒│あと184日で社会へ│テレビ技│早く寝て早く起きてる│7月 IP取得→10月18日 基本情報技術者試験 延期

人気セミナー