トップ > 就活対策一覧 > 就活の落とし穴は「大学の課題」!内定後の留年を防ぐレポートの黄金ルール

就活の落とし穴は「大学の課題」!内定後の留年を防ぐレポートの黄金ルール

内定ゲット!そして留年……という悲しい結末は、50人に1人くらいの確率で発生しています。周りを見渡したら、1人は味わう苦渋なのです。そこであなたが内定後の留年の落とし穴を避けられるよう、レポートのこなし方をお伝えします!

就活セミナー 就活とは何か キャリアプラン 内定者向け 内定辞退 内定研修

作成日:2020年09月30日  更新日:2020年10月15日

ざっくり言うと

  • 内定後、50人に1人が留年で内定を無くしている!
  • レポートの書き方を学べば卒論も単位も待った無し!
  • レポートの書き方を学ぶなら「アカデミック・ライティング」で検索

 

結論から申し上げましょう。

内定後に留年すると、内定はなくなります。

 

ごく一部の例外は、外資系企業です。

あなたがとびきり優秀な学生だった場合は、見逃してもらえる可能性があります。

ですがそれも例外的措置。通常はそのまま「残念だったけど今回は無かったことに……」となります。

 

内々定・内定の天国から、就活再スタートへの地獄へ落下したくなければ、レポートの書き方を押さえておきたいところ。

特に今回は「必修だけれど、命を賭けて取り組みたいほど熱意はない(申し訳ない…)」科目において、レポート課題をどうこなすかをお伝えします。

 

レポート課題を「とりあえず書き始める」のは悪手

まず、レポート課題を始めるためにGoogleドキュメントやWordを開くのはやめましょう。

keynoteはもっとダメです。一度、入力画面から離れよう。

 

全体観をつかむため、授業のレジュメとWikipediaを読む

 

誰もが編集できる百科事典こと「Wikipedia」は参照するな!読むな!と、散々お叱りを受けてきた皆さんだと思います。

 

が、「白樺派文学」とか「フェミニズム」といった大きなキーワードを要領よくまとめてくれているサイトは、これ以外にありません。

細かい資料は間違っていたり、古かったりするのですが「ある分野の全体観」をつかむならWikipediaはとても便利です。

※もちろん、レポートの参考資料一覧には書いてはいけません。

 

まずは授業の大きなテーマとなるキーワード(例:メディア効果論、ポストモダン、ランカスター朝)について

Wikipediaでざっと読むことで「なるほど、こういう世界観の話ね」と腑に落としておきましょう。

特に自分がゼミを受講している分野以外では、全体観がつかめないまま授業のレジュメを見て「????」となっている方も多いもの。

 

先生によっては、一般論より偏った視点で論文を書いている方もいます。

つまり、先生のレジュメも偏っているのです。

まずはWikipediaで「原点0」がどのあたりかを、知っておいたほうがよいでしょう。

 

レポート課題を書く前に「手に入れやすい資料はどれか」を調べる

 

次に、「どんな資料があるか」を漁ります。

 

授業のレジュメに、ある程度参考資料が書かれていなかったでしょうか。

その文献はメディア(図書館)で借りられるでしょうか?

あるいは、関連した情報がネット上に落ちていないでしょうか。

 

たとえば課題が「国際政治学の本から授業内で扱ったもの以外も含め3冊選び論ぜよ」だったとします。

 

そうしたら、まずは「入手しやすくて、サマリー(要約)や感想がネットに落ちている」国際政治学の本を探します。

たとえばこのテーマなら『人道的介入 -正義の武力行使はあるかー』だと新書で読みやすい&手に入れやすいうえに、

hontoのサイト内レビューにもかなり豊富な感想・要約が載っています。

 

※hontoとは、大日本印刷(DNP)が運営するオンライン書店。学術書の丁寧な感想を出す良質なレビュアーが多くいらっしゃいます。

 

……などなど、自分で書き始める前に、まずは「手に入りやすい資料」があるかどうかを考えてからレポートを準備します。

 

そうすればいざ書き始めてからの

「調べても資料がない!」

「狙っていた本が全部貸し出されてる!売り切れ!絶版!」

といったトラブルを回避できるからです。

 

レポートを書く前に「問い」を立てる

 

さて、ここまでで資料がそろいました。電子書籍と、サマリー(要約)があれば十分です。

レポートを書き始める前に、自分なりの問いを立てます。

 

なぜなら、すべてのレポート(アカデミック・ライティング)とは

「問いを自分で立てる→答えの仮説を立てる→それを検証する」という流れでできているからです。

 

たとえ先ほど出てきた書評がテーマの課題であっても、

・「00年代に出版された国際政治学の本は、平和主義に偏っていなかったか?」という視点で5冊を検証する

・「国家を超えた協調は可能だったといえるか?」2020年の世相を反映しつつレビューする

といった問いを立て、自分なりに答えることで、単なる感想文がアカデミック・ライティングに進化します。

 

そして、アカデミック・ライティングは単位が来ます。

大事なことだからもう一度言います。

アカデミック・ライティングは、単位が来ます!!!

 

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・自己分析/業界分析不要!

・書類選考一切なし!

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・他にない「精密個別フィードバック」付

・人事が見たリアルな評価を可視化できる

詳しくはこちら

適切な問いがあると、レポートはサクサク進む

先ほどの書評のような課題は、ついうっかり感想文をダラダラ書きがちです。

ですがそれで文字数2000字以上出てしまうと、「ああ、書いても書いても終わらへん」地獄を味わうはず。

 

それがどうでしょう。問いを立てて答える形式にするだけで、何を書けばいいか筋道が見えてきます。

 

といっても、もちろん不適切な問いもあります。

たとえば、「本当にマリリン・モンローは美人か?」「ヒトラーは野菜嫌いだった?」といった問いは

そもそも資料が不足しているなどの理由から、答えようがありません。

 

レポート提出のキモは資料をまず漁り

『この資料なら〇〇という問いを立てよう。そうすればすぐに答えが出るはずだ』と

アタリをつけてから書くことです。

 

そうしないと今度は「本を読んでも読んでも答えがないよ~」と別の迷子になってしまいます。

本の内容があれば、答えられる問いを立てましょう。

 

さあ、頑張れ必修科目!

なお語学はこの作法ではどうにもなりません。が、頑張れ。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

トイアンナ

就活ライター 。大学を卒業後、外資系メーカーのマーケティングを約4年経験。その後、ライターとして独立。書籍『確実内定』など多数。

他のオススメ就活対策記事

もっと見る

人気セミナー