トップ > 就活対策一覧 > GDの苦手を克服しよう!押さえておくべき5つのポイントとは!?

GDの苦手を克服しよう!押さえておくべき5つのポイントとは!?

苦手意識の持つ人の多いGDだからこそポイントを押さえ、GDを楽しめるようになりましょう

面接対策

作成日:2015年05月19日  更新日:2019年12月11日

ざっくり言うと

  • 雑談で発言しやすい空気づくりをする
  • 一番最初に発言することで流れをつかむことができる
  • 結論をまずいうことで簡潔にわかりやすく伝える

はじめに

「GDが苦手だ…」


という人も多いと思いますが、ちょっとした
ポイントを押さえるだけで、グッと上達できます。

そこで今回は苦手克服のための
5つのポイントを紹介します!!

開始までに雑談で場を和ませる

GDでは発言しやすい空気づくりが大切です。

開始前までにメンバーと打ち解けておくことで、
GDが始まっても和やかな
雰囲気で進めることができます。


そうは言っても
何を話していいのかわからないと思います。
質問内容は深く考えずに、


「この業界に興味あるんですか?」

「行きたい業界とか決まったんですか?」

「夏休みどこか旅行行きましたか?」


など、簡単な話題を振ってみましょう!

また回答に対して【何で?いつ?どれくらい?】など
5W1Hを用いて返してみましょう!
さらに話題が膨らんでいき、
会話が盛り上がるでしょう!

必ず一番初めに発言する

周りの人に一目置かれる方法…。
それは【一番初めに口火を切ること】です。

こうするだけで、
他学生からこの人はリーダータイプだと思われ、
その後のグループワークでも
先陣を切っていきやすくなります。

また、自分先導で会話を回している姿は社員から
リーダーシップがあると高評価を貰えます。


恥ずかしがらずに、どんどん前に出ていきましょう!

とにかく発言する

先ほどの【必ず初めに発言する】方法が難しい!
という方にはコチラがおすすめです!


どうしても意見が思い浮かばないと言うときは、
”つけたし”or”評価”をしてみましょう!


【つけたし】
 すでに出た意見+ワンポイント(=自分のアイディア)

【評価】
 すでに出た意見+ポジティブな評価


これだけでも議論に参加していると評価されます。
苦手な内容だったり、他メンバーに圧倒されても
黙って過ごさずに【つけたし】【評価】で、
どんどん前にでていこう!!

結論→理由の順で話す

GDで目立とうとして、長々と話すのはNGです。

【結論】から初めて、【理由】を続けることで、
効率よく、かつわかりやすく議論が進められます。


×「~~~~だから、私はこうだと思う。」

○「私はこうだと思う。なぜなら~~~だから。」


このように意見を出すように意識しましょう!

GDでコミュ力があるというのは、
必要以上に口を開かずに、
言いたいことを伝えられる人のことです。

【結論ファースト】で話すように心がけましょう!!

おわりに

GDは決まった答えはありません。

だからこそ、
自分がどう考えているのかを伝えることが重要なのです。

苦手意識を持たず、
会話を楽しむ気持ちで臨みましょう!!



自分が受ける企業がGDを実施しているか、
またどんな内容なのかを知りたい人は
こちらで確認してみてください。

また、冬のインターン選考のGDについて
確認したい方はこちらからお願いします!

タグ