トップ > 就活対策一覧 > 11月の振り返りと12月運勢

11月の振り返りと12月運勢

人気占い師の沙木貴咲さんに、就活生の12月の運勢を占ってもらいました。 就活生ならではのお悩みを切り口に、星座ごとに11月を振り返るとともに、12月の運勢についてみていきましょう

自己PR 自己分析 ノースキル

作成日:2020年11月21日  更新日:2020年12月01日

ざっくり言うと

  • 就活生に向けて11月の振り返りと12月の運勢を解説
  • 星座ごとで異なるアドバイスに耳を傾けて
  • 運勢を味方につけて就活をうまく乗り切ろう!

今週開催のイベント

金曜日2021年01月22日 土曜日2021年01月23日 日曜日2021年01月24日 月曜日2021年01月25日 火曜日2021年01月26日 水曜日2021年01月27日 木曜日2021年01月28日
開催イベントはありません 開催イベントはありません 開催イベントはありません 開催イベントはありません 開催イベントはありません

 

人気占い師の沙木貴咲さんに、就活生の12月の運勢を占ってもらいました。

 

就活生ならではのお悩みを切り口に、星座ごとに11月を振り返るとともに、12月の運勢についてみていきましょう。

 

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

先月半ばを過ぎてから、エンジンがかかってきた人も多いでしょう。

 

「就活を始めるのが遅かった」と思うかもしれませんが、夏から頑張りが報われにくい時期が続いたので後悔しなくても大丈夫。

 

それに、インターンの合格や内定が取れなかったとしても、知識と経験はしっかり積みあがっています。

12月はこうした積み重ねが自信となり、手応えをつかむきっかけとなるでしょう。

 

場合によっては、志望企業をワンランクアップさせたくなるかもしれません。

 

下旬に入るとOB訪問が順調に進み、就活にプラスとなる人脈が広がるはず。

秋から冬にかけて、自ら「一皮むけた」と成長を実感できそうです。

 

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

先月はOB訪問で価値ある話を聞いたり、「就活とは?そもそも働くとは?」と深く考えたりしたかもしれません。

 

ノウハウとして就活をこなすのではなく、地に足をつけて自分の将来を考えたなら、12月は何が本当のチャンスなのか正しく見極められるはず。

 

11月にインターンの参加が叶わなかった人は、12月の頭には申し込みを済ませておきましょう。

OB訪問を検討している人は、半ばすぎまでに済ませると実のある話が聞けそうです。

 

「高望みしすぎ?」と思っても遠慮する必要はありません。

 

選ぶのは企業ですし、この秋に経験したことや見聞きした情報はちゃんと身になっているので安心してください。

 

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

先月は就活よりも恋愛や趣味のほうが楽しかったでしょうか。

もしそうだとしても、自分が思う以上にフットワークよく動けていましたし、月末に気づいたことは今後の就活の糧になります。

 

「もっと頑張っておけばよかった」と思う必要はありません。

大事なポイントはつかみ取れているはずなので、悔やむことがあるなら、それは先月はまだ必然ではなかっただけ。

 

12月は就活にプラスとなる人脈が作れる月です。

OB訪問では持ち前の社交性を存分に発揮して、企業分析とアピールをしっかりと。

 

また、すでに何度も聞いたアドバイスを冷静に見つめ直すと、新しい発見がありそう。

今年の夏ごろとは違う感覚で理解できるでしょう。

ジョブトラエントリー者限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・早期内定選考ルート獲得

・本選考を見据えたグループワーク

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・一人ひとりに個別フィードバックを配布

・人事のリアルな目線で行動/言動を評価

詳しくはこちら

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

先月は月末近くになって、自分の本心や今やるべきことが見えてきたかもしれません。

志望企業を大胆に変えるとしても、その判断は間違っていないでしょうし、明るい未来につながっています。

 

もし、周りに比べて遅れを取ったと感じているなら、焦らなくても大丈夫。

年内に腹が決まれば結果オーライです。

 

12月は月半ばまで筆記試験の対策をしたり、OB訪問をしたり、先月インターンが叶わなかった人は早めに申し込んだりとやることがたくさんあるはず。

 

月初のうちにToDoリストを作って効率良くこなしていきましょう。

 

下旬に入ると願ってもないチャンスに恵まれる可能性が。

上旬にどれだけ準備できたかがカギになります。 

 

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

先月後半に「やれる」と感じたら、それは今まで積みあげた知識と経験がしっかり身についている証拠。

 

まだ不安がある人も、本心からやりたい仕事・行きたい企業を志望することで覚悟が固まるはずです。

 

自分を冷静に振り返ってみましょう。

 

12月は志望企業に憧れる純粋な気持ちが原動力になります。

ノウハウは大事ですが、策に溺れて就活の本質を見失わないように。

 

月半ばまでOB訪問やインターンをこなしたら、本当に信頼できる先輩・仲間ができるはず。

この時期に知り合った人の中には長い付き合いになる人もいるでしょう。

  

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

先月は後半から焦りだしたかもしれません。

 

ただ、就活よりプライベートを優先したとしても、大切な思い出が作れたならそこに費やした時間は宝物と思ってください。

後悔することはないでしょう。

 

12月は自分軸が揺らぎやすくなるので、選択肢をあまり広げすぎないほうが良さそうです。

 

OB訪問やインターンへの参加など、今月中にやらなければいけないことを確実にこなしましょう。

 

下旬に入ると就活に真剣さが出てきて、クリスマスが近くなっても浮かれ気分をほどよく押さえられそう。

 

年内にやるべきことをピックアップして、自分なりの勝ちパターンを考えることが大切です。

 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

11月は苦戦する場面がたびたびあったはず。

でも、つらくても踏ん張ったことは評価するべきで、その経験は今後必ずプラスになります。

 

苦戦しながらも根性で確かな手応えをつかめた人は、本当にお疲れ様でした。「良くやった」と自分を褒めてあげてください。

 

12月は有益な情報が手に入る月です。

 

少しでも焦りを感じるなら、筆記試験対策もOB訪問も自己流ではなく、信用できるアドバイザーを頼ると良さそう。

 

ノウハウを学めば効率良く動けるはずです。

 

下旬は「この仕事が好き」というピュアな気持ちを大切に。

年末差し迫るころは意外なチャンスをつかめるかもしれません。

 

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

先月はじっくり考えたいことがたくさんあったでしょう。

来春の解禁日を待たずに内々定を狙う人は、特に時間がいくらあっても足りなかったはず。

 

焦りを感じた人は、自分が思う以上に就活に集中できたようです。

 

12月は今まで準備したものを披露して、積み重ねてきた努力の成果を摘み取る時期です。

自分の適性を知った結果、第一志望を変えるのも賢明な選択でしょう。

 

自分を細かく分析するほど判断に迷いがなくなり、覚悟がしっかり固まるはずです。

 

エントリーシートの書き方や面接対策などノウハウを学ぶべきところは、自己流を模索しないで王道の勝ちパターンを見つけましょう。

  

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

11月は後半から自分らしく動けるようになったかもしれません。

 

周りに遅れを取っていると感じても、この秋はいろいろと確認しながらエネルギーを充電することが必要な期間でした。

年内にやるべきことをキッチリこなすなら巻き返しも可能なので焦らないで。

 

12月は頭で考えるより、本能が求めることに素直に手を伸ばすと良さそうです。

22年卒生であれば、内定が取れなかったら……と考えて保険を作るのはまだ早いはず。

 

絶対に譲れない部分は大切に守りつつ、ノウハウとして学ぶべきところは柔軟に対応していきましょう。

 

下旬に入ると、お互いに励まし合える仲間に出会えるかもしれません。

 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

先月は周囲に助けられる場面があったはず。

2020年が厳しく感じられる人ほど、仲間や自分を応援してくれる人の温かさに救われたでしょう。

 

感情的になりそうな場面でも、冷静に自分を振り返れたかもしれません。

 

12月は、頭の中で考えていることを可視化して行動に移したい月です。

計画・準備よりも実行を重視してアクティブにいきましょう。

 

インターンやOB訪問の予定が入っているなら、結果につながる立ち居振る舞いを事前にシミュレーションすることが大事。

 

自分が思う以上に堅実にやれているので自信を持って。

 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

先月は就活市場がよく見えて、その中で自分がやるべきことを整理できたかもしれません。

 

じっくり考えて対策を立てた人は、まず間違いないのであとは行動に移すだけでしょう。

 

そのため、12月はフットワーク良く動けますし、将来のビジョンもクリアになっていくはず。

 

しかも就活仲間や信頼できるOBが見つかりやすい時期でもあり、下旬に入るころには「このまま進んでいけばいい」と確信を得るかもしれません。

 

2020年が迷いの多い一年だった人ほど、年末は先の見通しが明るくなるはずです。

 

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

11月は地に足のついた自信を得られる月でした。

もし不安で仕方ない状態なら、それは将来を決める就活の最中にあるせい。

 

意外に思うかもしれませんが、「私はこの仕事がやりたい」「最後までやり切れる」と堂々宣言するほどすでに腹は決まっているのです。

 

12月は専門家のアドバイスを参考にしながらも、最終的には自分の意志を大切に。

他人を頼らなくても意見はちゃんと言えますし、適切な行動も取れるはず。

 

インターンに参加するなら、人事担当者の目を集めるのも難しくないでしょう。

「こうしなくちゃいけない」とあまり思い詰めないように。

 

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

沙木貴咲

日本大学芸術学部放送学科卒業。在学時から渋谷の某放送局で働き始め、睡眠時間がなさすぎてキャンパス内のベンチがベッド代わりに。卒業後もテレビ業界に勤めたのちIT業界へ転身。女性向けアプリやウェブメディアの制作・運営に携わり2017年からフリーランスに。シングルマザーで二児の母。