トップ > 就活対策一覧 > 内定辞退ってしても問題ない?訴えられる?3月まで間に合うオワハラ対策

内定辞退ってしても問題ない?訴えられる?3月まで間に合うオワハラ対策

企業によっては、内定を取った数週間後までに内定承諾書の提出を求められます。 「まだ就活を続けたいのに…」と思いながらも、内定先に入社を決めてしまう学生もいます。

内定者向け 内定辞退

作成日:2020年12月23日  更新日:2021年01月20日

ざっくり言うと

  • オワハラは内定先企業が学生の就活を妨げること
  • オワハラ被害に遭ったらキャリアセンター等に相談しよう
  • 内定承諾書に法的拘束力はない

今週開催のイベント

木曜日2021年02月25日 金曜日2021年02月26日 土曜日2021年02月27日 日曜日2021年02月28日 月曜日2021年03月01日 火曜日2021年03月02日 水曜日2021年03月03日
開催イベントはありません 開催イベントはありません

22卒でも、内定を持つ学生が出はじめています。

内定を取った後の囲い込みについて考えている学生はまだ少ないのではないでしょうか。

 

企業によっては、内定を取った数週間後までに内定承諾書の提出を求められます。

 

「まだ就活を続けたいのに…」と思いながらも、内定先に入社を決めてしまう学生もいます。

 

結論から言うと、内定は入社20日前までであれば辞退することが可能です。

学生は自分が納得するまで就活する権利があります。

 

オワハラとは

オワハラとは、内定先の企業が学生の就職活動を妨げること。

 

よくあるケースは、学生に対して内定を出す代わりに他社の選考辞退を求めるものです。

オワハラをする企業はごく一部ですが、オワハラをする企業があることは事実です。

 

内定承諾書やOffer Letterへのサインを求めたり、内定者座残会や研修を複数用意して他社の選考を受けられないようにします。

 

中には、面接中に他社に連絡して選考辞退をさせる企業もあるようです。

 

本来、就職活動は企業と学生の立場は対等であるはず。

企業が学生を選ぶように、学生も企業を選ぶ権利があります。

 

オワハラに屈する必要はない

学生がオワハラに屈する必要はありません。

内定承諾書の提出を求められることもあると思いますが、内定承諾書に法的拘束力はありません。

 

他社の内定辞退や選考辞退にも応じる必要はありません。

 

企業に学生の就職活動を妨げる権利はないので、実際に辞退しなくてもよいのです。

 

他社の選考状況を確認することはできないので、辞退したフリをしても問題ありません。

 

オワハラを受けてしまったときに焦ってしまうと思いますが、「オワハラに屈する必要はない」ということを心に止めておいてください。

 

そもそも企業はなんでオワハラをするの?

企業がオワハラをする理由は、採用人数を確保するためです。

 

企業では新入社員の採用人数の目標が決まっています。

予定した分の学生数を確保できない場合もあります。

企業はせっかく内定を出した優秀な学生を逃したくはありません。

 

企業は新卒採用に対し、人件費をはじめ多くのコストをかけています。

 

就活イベントへの出展、説明会や座談会、複数回の面接などを経て選び出した内定者を手放したくないはずです。

 

前述の通り、内定承諾書などには法的拘束力はなく、学生は内定辞退ができます。

企業はオワハラという形をとって学生の囲い込みをしているのです。

 

オワハラはどのように行われるか

オワハラには、内定承諾書の強要、内定者研修などによる拘束、他社の辞退を促すような方法があります。

 

内定をもらってすぐに内定承諾書へのサインを求める企業もあります。

内定承諾書にサインしても、入社を決定する必要はありません。

 

また、内定承諾書を書くと入社しなければいけないように感じますが、法的な拘束力はありません。

 

内定承諾書を書いてもその後に内定を辞退することはできます。

 

中には他社の内定辞退や選考辞退を求める企業もあります。

 

内定を出す代わりに他社の内定や選考を辞退してもらうのは、よくあるオワハラの例です。

 

面接の場で他社に連絡させ、辞退するように求められることもあるようです。

 

また、研修や座談会を開催して学生を拘束することもあります。

学生が他社の選考を受けられないようにして入社を促すのです。

 

ときには内定者に向けてパーティーなどを開催し、内定辞退をしにくい状態を作ることもあります。

 

自分のキャリアに関わることなので、辞退するべきだと思えば辞退しましょう。

ジョブトラアカデミー限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・早期内定選考ルート獲得

・本選考を見据えたグループワーク

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・一人ひとりに個別フィードバックを配布

・人事のリアルな目線で行動/言動を評価

詳しくはこちら

オワハラに遭わないために

オワハラに遭わないために、オワハラをする企業を受けないのもひとつの手段です。

現在、企業の選考情報はネットで調べれば手に入れることができます。

 

また、就活をしている友達や先輩の話を聞いてオワハラのある企業を事前に知っておくこともできます。

 

クチコミを参考にする

 

複数の就活サイトでは、選考体験記という形で過去の選考情報が掲載されています。

こうした情報をもとに、内定後の拘束の有無を確認することができます。

 

自分が受けている企業や興味のある企業の選考対策だけではなく、内定後の拘束についても目を通してみるとよいかもしれません。

 

内定者や先輩などに聞く

 

企業の内定者や大学の先輩、友達に情報収集をしてみましょう。

 

自分の志望業界に進んだ先輩などに話を聞くと、選考情報だけではなく内定後の過ごし方などの情報も教えてくれるはず。

 

オワハラがあれば印象に残って話題にもなるので、先輩からの情報をもとにそういった企業へ応募するのを避けることもできます。

 

オワハラへの対処

実際にオワハラを受けてしまったら、どうすればよいのでしょうか。

まず、内定承諾書を提出してしまって問題ないと考えられます。

 

そしてトラブルに遭いそうなときは、大学のキャリアセンターや労働相談情報センターへの相談をおすすめします。

 

内定承諾書の提出

 

前述のように、内定承諾書を求められた際は提出してしまって問題ありません。

 

内定承諾書を出しても法的拘束力はないので、自分が入社する可能性がある企業であれば内定承諾書を提出しちゃいましょう!

 

キャリアセンターへの相談

 

オワハラの被害に遭ったときは、まず大学のキャリアセンターに相談してみましょう。

 

毎年オワハラへの対処をしているはずなので、自分一人で抱え込まずに相談することをおすすめします。

 

ただ、キャリアセンターは大学として次年度以降の就活生に影響が出ることを恐れ、企業に直接苦情を伝える可能性は少ないでしょう。

 

労働相談情報センターへの相談

 

キャリアセンターに相談してもうまくいかない時は、各都道府県の労働相談情報センターに相談してみましょう。

 

労働相談情報センターでは労働問題に関する相談を受け付けていますが、オワハラについて相談することもできます。

 

おわりに

学生は就職活動を自由に行う権利があります。

もし就活でオワハラをされても、それに応じる必要はありません。

 

また、学生にオワハラをする企業では、入社後にも理不尽な対応が多い可能性もあります。

 

オワハラのある企業は避けるようにし、万が一オワハラに遭っても落ち着いて対処しましょう。

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

ジョージ

MARCH体育会所属。長期インターンも経験しつつ色んなことに手を出しながら過ごしてます。体を動かすことや旅行が好き。先輩の就活話を聞き、そろそろ動かなきゃなと思い始める。「就活生の就活生による、就活生のための記事」をモットーに、今一番知りたい情報を記事にしています!

人気セミナー