トップ > 就活対策一覧 > 面接に落ちた…次回こそ必ず通過する面接の振り返り方

面接に落ちた…次回こそ必ず通過する面接の振り返り方

苦手な人が多い面接。 克服するまではいかなくても、自信を持って臨めるようになりたいですよね。 というわけで今回は、面接の振り返り方について考えていきます!

自己PR 面接対策

作成日:2020年12月25日  更新日:2021年02月01日

ざっくり言うと

  • 面接の振り返りは「すぐやる」が肝心
  • まずは落ちた原因から考えよう
  • 振り返りは「面接ノート」がオススメ

今週開催のイベント

木曜日2021年02月25日 金曜日2021年02月26日 土曜日2021年02月27日 日曜日2021年02月28日 月曜日2021年03月01日 火曜日2021年03月02日 水曜日2021年03月03日
開催イベントはありません 開催イベントはありません

みなさん、面接は得意ですか?

 

おそらく多くの人が首を横に振ると思います。

私も得意ではありません。

 

就職活動において、面接は非常に重要度が高い選考要素だといわれています。

最終選考って、必ずといって良いほど面接の場合が多いですよね。

 

けれど、苦手な人が多いのも面接。

克服するまではいかなくても、自信を持って臨めるようになりたいですよね。

 

というわけで今回は、面接の振り返り方について考えていきます!

 

面接の振り返りは「すぐやる」が肝心

面接の振り返りは「すぐやる」。

これ、鉄則です。

 

「なんだ、当たり前のことじゃん」と思うかもしれません。

ですが、あなたは面接が終わってから10分間、何をしていますか?

 

「あーガクチカうまく答えられなかったわー、面接官怖すぎだろ…」

と、終わったことをいつまでも考えたり、話したりしていませんか?

 

そんな時間があったら、一刻も早く次回の面接のために振り返りをするべきなのです。

 

目安は10分です。

面接が終わってから10分以内に振り返りをしましょう。

 

対面の場合はカフェにでも入って、自宅の場合は机に戻ってきてください。

 

まずは失敗した原因から考えよう

面接で失敗した理由(落ちる理由)って一体何でしょう?

 

必ずしも「コレ!」というものはないと思います。

 

後になって考えてみても、落ちた理由がわからない、なんてこともザラにありますよね。

「あれ、受け答え完璧でめっちゃ自信あったんだけど…」みたいな。

 

わからない場合でも、ちょっとしたことでマイナスポイントをくらっているかもしれません。

失敗したと思う、落ちる可能性につながることを書き出してみましょう。

 

印象面

 

清潔感(スーツの着こなしかた、髪型、など)

・スーツにシワがないか

・靴がしっかり磨かれていたか

・眉毛や鼻毛などのムダ毛を処理できていたか
 

 

話し方

・はっきりと聞こえる声で話すことができたか

・聞き取りやすいスピードで話すことができたか

・「えっと」「あの」といった口ぐせを連発していないか

 

 

時間

・遅刻していないか

・遅刻する場合、事前に伝えることができたか

・ギリギリに到着して企業に迷惑をかけていないか

・集合場所を間違えていないか
 

 

持ち物に関する準備ができていたか

・事前に用意するように指定されていた書類があるか

・筆記用具(ペン、メモまたはノート)

・印鑑
 

 

オンラインの場合

・通信環境はよかったか

・背景に余計なものが写っていなかったか

・照明の明るさは適切だったか

・画面との距離感は適切だったか
 

内容面

 

内容面に関しては、以下の4点をやってみましょう。

 

① まずはその面接で聞かれたこと、質問を書き出しましょう

② 自分が回答した内容を簡単に書き出しましょう

③ 反省と改善策を考えましょう(←1番大切な工程)

④ 気づいたことをメモしましょう(面接官の反応)

 

(例)

質問1−1 大学で何を学んでいますか?

→福祉を専攻しています。ゼミでは高齢化問題について研究しています。

(面接官の反応は◯)


 

 

質問1−2 福祉を専攻したいと思った理由を教えてください

→高齢化問題に興味があったからです。

(具体的なエピソードも織り交ぜた方が良さそうだった)

 


 

質問1−3 大学で学んだことを、弊社でどのように活かしますか?

→ ……。 福祉的な目線で、高齢者に寄り添った営業活動ができると思います。

(面接官は府に落ちていないようだった)

 

→ (反省点)

   すぐに答えることができなかった。

   抽象的な発言になってしまった。

  (改善点)

   高齢化問題を研究していた際の知識を活か

   し、御社がターゲットとしている高齢者層

   へのアプローチを積極的に行うことができ

   ると思います。

 

このように、面接官の質問と自身の回答を必ず記すようにしましょう。

 

何度も面接を重ねると、「〇〇のエピソードには〇〇という質問が返ってくることが多い」など気づきを得られる場合もあります。

 

また、面接官の反応がよくなかった回答を考え直す場合は、第三者に添削してもらうことをオススメします。

 

そして、模擬面接で実際に答える練習をしてみましょう!

 

頭の中で理解できていても、実際の面接では言葉が出てこなくなることはよくあります。

OB訪問などで確認してもらってから模擬面接をお願いする、といった方法も良いと思います。

ジョブトラアカデミー限定
ワークのみで内定に近づく

『特別選考会イベント』

・早期内定選考ルート獲得

・本選考を見据えたグループワーク

・参加学生3人に1人が早期内定の実績あり

・一人ひとりに個別フィードバックを配布

・人事のリアルな目線で行動/言動を評価

詳しくはこちら

振り返りは「面接ノート」がオススメ

書き起こした内容は必ず残すようにしましょう!

 

「もう落ちたんだから関係ないじゃん」と思う方もいるかもしれません。

ですが、面接では頻出質問があります。

 

その時の回答と反応を記録していくことで常に試行錯誤でき、クオリティの高い回答が見込めます。

 

そして、競合他社の対策にもなります。

過去に、面接中「〇〇社との違いはそこなんだよね〜」と話してくださる方がいました。

このような積み重ねで、他社との差別化で納得のいく回答ができるようになっていきます。

 

また、説明会やOB訪問といったイベントの内容も一緒にメモすると、作業効率が上がると思います。

メモした内容はバラバラせず、常に見れるようにしておきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

面接は、何よりも「場数」が大きな自信につながります。

初めから上手くいく人なんていません。

 

言葉の言い回しやちょっとしたニュアンスの試行錯誤によって、面接官に刺さる回答へとブラッシュアップされていくのだと思っています。

 

面接が終わったら必ずノートを用意して、振り返りをおこないましょう!


気づいたら「なんか今日の面接イケそうだな!」となる日が来るためにも、小さな積み重ねをしていきましょう!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

 

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

誰よりも早く内定が手に入るイベントへの招待状が届く!

記事執筆者であり、『確実内定』の著者でもあるトイアンナさんを始めとする、会員限定の就活集中対策ゼミに参加できる!

・ジョブトラアカデミーで内定を得た約5万人のOB・OGが残した、一発逆転就活ストーリー(体験談)が分かる!


無い内定から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活体験談・コラムが大量に読める!

最短距離で内定へ近づきたい方は、ぜひこのタイミングでご登録ください。

今すぐジョブトラアカデミーへ会員登録する

 

 

この記事を書いた人
投稿者

遼一

プロフィール文:1999年生まれ。埼玉県生まれ埼玉県育ち。幼稚園〜高校まで徒歩10分圏内、大学はチャリ通。
そのため、未だに電車の定期券を持ったことのない定期券童貞。

サッカー歴16年、書道歴10年。現在は大学のサッカーサークルに所属。副代表を務める。
趣味はライブ参戦、筋トレ、アニメ鑑賞、飲み屋開拓
主に邦ロックがメイン、たまに乃木坂46(生田絵梨花推し)オートミールにハマる。ついにジムにも通い始めてしまう。

人気セミナー