できる人はやっている!電車の広告で企業分析

電車の中でスマホばっかりは勿体ない?!こんな時間の使い方もあるんです!

業界・企業研究 

2015.05.21

ざっくり言うと

  • 電車広告って?
  • よくある電車広告
  • 電車広告からわかること

はじめに

みなさんが普段、何気なく目にしている電車広告。

実は・・・!
電車広告を見るだけで、広告を打ち出している企業を
簡単に分析できるのです!!

電車でニュースアプリで情報収集も悪くないですが、
たまには電車広告も見てみてください!!

電車広告とは

【電車を利用する方々へ】向けた広告です。

主に車両内部を利用した広告を指します。
通勤・通学で日々、電車を利用する方を
メインターゲットした企業広報活動のひとつ。

電車広告の種類として、

▼電車内にポスターやステッカーを掲載する
 「中刷り広告」、
 「ステッカー広告

▼車体の外側を利用した
 「ラッピング広告

などがあります。


電車広告は企業・商品認知はもちろん、
直接購買へ繋がるきっかけとしての役割を持ちます。

テレビやラジオといったマス媒体と比べると
コストが低く、エリアのセグメントも可能な
交通広告であるため、ターゲットエリア
ピンポイントで絞りやすいのが電車広告の特徴です。

よくある電車広告

①商品の宣伝
②企業の事業内容やCSR活動をPR
③イベント、セミナーなどの宣伝

①の広告は、
3月・4月であれば花粉症の広告
12月・1月・2月であれば風邪薬、
冷えピタなどの広告が分かりやすいと思います。


②の広告は、
企業のCSR活動の一環として環境問題への取り組み、
東日本大震災への復興取り組みなどがあります。
また、就活解禁が近づくとBtoBビジネス企業が、
人々の記憶に残るような
魅力的なキャッチコピーを掲載したものがあります。

大成建設の【地図に残る仕事を】
東京海上日動の【保険は挑戦から生まれた】

などは皆さんも一度は電車内で
目にしたことはあるのではないでしょうか。


③の広告は、
イベント系では花火やイルミネーション、
お花見などがありますよね。
一方のセミナー系ですと、展覧会や
中途採用イベントなどがあると思います。

特に就活生の皆さんに見ていただきたいのは
【リクナビNEXT】
【@type】
【DODA】などの中途採用の広告です!

電車広告からわかること

広告を見るときは必ず、
【企業名】をチェックしてくだいね。

▼広告を打ち出せる
 =広告費にかけるお金がある
 =他社には負けないPRポイントを持っている

▼広告を打ち出している商品・事業
 =企業の主力商品・事業である

▼CSR活動が行えている
 =事業以外にもお金を使える
 =会社として資金に余裕がある

▼中途採用活動を積極的に行っている
 =既存の、事業を拡大しようとしている
 =新規商品・事業をつくろうとしている
 =会社が今後成長しようとしている

つまり、電車広告を見るだけで
どんな企業がどんな商品・事業を扱い、
今後成長していくか
までわかってしまうのです!

おわりに

電車広告はTV広告と比べると
値段が安いので様々な企業が広告を出しています。

QRコードが付いた広告もあるので、
興味を持った企業はぜひ調べてみてくださいね!

ひょっとするとあなたが探し求めていた企業
に出会えるかもしれませんよ。