トップ > インターン > PwC > インターン 口コミ

PwC

高難易度ワークでコンサルティング業界を理解出来る!

優秀者は特別選考フローに乗ることができます。

2017.01.22

よかった

企業名
PwC
大学
早稲田大学 基幹理工学研究科
インターン期間
2016年6月〜2016年7月

短期 外資系 18卒 業界知識が身につく 職種・業種への理解 内定直結

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 職種・業種への理解
  • 内定直結

ざっくり言うと

  • 内容は高級家具会社の経営戦略
  • 5時間続けてのワークで人事に評価される
  • 人事はやや厳しい方が多い

参加した理由

コンサルティング業界は第一志望群の業界であり、いくつか応募した中で通過した企業がPwCであったため。

選考フロー

エントリー→ES提出→GD

ESについて

・PwCコンサルティングを志望する理由(300)
・あなたの性格(強み/弱み)とそれを裏付けるエピソードを教えて下さい。(300)
・あなたがこれまでにチームで活動した経験と、その際のあなたの役割と成果について教えて下さい。(300)

GDについて

◆形式◆
5人・45分

◆内容◆
東京オリンピックで日本の金メダルの数を増やすには

選考でのアピールポイント

・団体、部活動の幹部
・1か月以上のインターン
・リーダーシップ

選考結果連絡

メール

インターンの内容と雰囲気

高級家具会社の経営戦略

わきあいあいとした雰囲気。社員さんの目はやや厳しめ。

感想

5時間ぶっ通しのワークだったため非常に疲れた。
メンターさんもそこまで首を突っ込む形ではなかったが、きっちり評価は付けられていた。
参加者の中で一定数が優遇選考に乗り、面接(ケースあり)、英語面接、パートナー面接、ファイナルジョブ、内定というステップで進んだ。

気づいたこと・ギャップ

財務諸表の読み方は難しい。慣れが必要。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

日系大手を受ける際のスクリーニング証明、かつ滑り止めとして取っておきたい。

特別選考のご案内