トップ > インターン > 三菱電機 > インターン 口コミ

三菱電機

企業内でも部門によって雰囲気が違う!

事務系の仕事でも、モノづくりに大きく貢献できることを実感しました。

2017.01.27

とても
よかった

企業名
三菱電機
大学
一橋大学 法学部
インターン期間
2016年8月〜2016年8月

短期 大手企業 17卒 業界知識が身につく ビジネスマナーが身につく 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • ビジネスマナーが身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 面接は厳しめ
  • 積極的な学生が多い
  • 温かい雰囲気

参加した理由

製造業の社内の様子を具体的に知りたいと考えたため、また当時の同級生たちがインターンに積極的に参加しており、自分もしなければと感じていたため。

選考フロー

 エントリー
→ES提出
→面接
→合否連絡

ESについて

・なぜ三菱電機のインターンに参加しようと思ったか。
・学生時代最も力を入れて取り組んだことは何か。

面接について

◆形式◆
1回のみ。
面接官1:学生1で20分。
エントリーシートにもとづいて行われ、若干圧迫的だったが総じて穏やかな雰囲気で行われた。

◆内容◆
学生時代頑張ったこと。 インターン志望理由。 配属希望部署と配属希望地を聞かれた。

インターンの内容と雰囲気

一日目:全体での集合研修。インターンで何を学ぶか、メーカーの事務職に対する現状のイメージの共有などを行った。
二日目~五日目:実際に工場に派遣していただき社員の方々と一緒に仕事をさせていただいた。工場で扱う製品の説明や職種の説明から始まり、倉庫の見学、商談への立ち合いなどをさせていただいた。
六日目、七日目:インターンを通して分かった三菱電機の取り組み、事務系社員の役割などをまとめて発表するグループワークを行った。

参加する学生・社員全員が積極的で、温かい雰囲気だった。

インターンの感想

三菱電機の業務内容に詳しくなれたことに加えて、他のメーカーに対する理解も深めることが出来た。

気づいたこと・ギャップ

事務系社員は、実際にモノづくりを行うことはなくても、モノづくりに大きく貢献していることが分かった。

同じ企業でも工場や部門によってかなり雰囲気が異なるということがギャップだった。

特別選考のご案内