トップ > インターン > 富士通 > インターン 口コミ

富士通

システム開発に携われるインターン!

コミュニケーションスキルも重要であることがわかりました。

2017.01.27

普通だった

企業名
富士通
大学
関東学院大学 理工学部
インターン期間
2015年8月〜2015年8月

短期 大手企業 17卒 マネジメントスキルが身につく ビジネスマナーが身につく 職種・業種への理解

オススメポイント

  • マネジメントスキルが身につく
  • ビジネスマナーが身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 内容はシステム開発の要件定義
  • 穏やかで質問しやすい雰囲気
  • マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの重要性に気づいた

参加した理由

当時IT業界に興味があり、その中でも中でも国内最大手の売り上げを持つコンピューターメーカーの富士通に興味があった。

選考フロー

エントリー→ES提出→グループディスカッション→1次面接

ESについて

志望動機 学生時代に力を入れたこと

GDについて

◆形式◆
6人で1グループ 
時間は20分

◆内容◆
ICTを用いた新規事業の立案

面接について

◆形式◆
1人:3人 20分
話しやすく穏やかな雰囲気だった。

◆内容◆
志望動機 学びたいこと 学生時代に力を入れたこと

インターンの内容と雰囲気

実際に現場に入りシステム開発の用件定義を纏める業務に従事した。

非常に穏やかで、分からないことを質問しやすい雰囲気だった。

インターンの感想

意外だったのはシステム開発の現場において富士通の社員は実際富士通社員はシステム開発においてのプログラミングフェーズを行わず、要件定義や仕様書作成等の業務を行いプログラミング等は協力会社に任すということが大きなギャップであった。インターンシップでお世話になった部署も、他社から派遣されて仕事をされている方が多いのも印象的だった

気づいたこと・ギャップ

大手IT企業に求められるITエンジニアの能力は技術力やサービスを企画する能力よりもコミュニケーションスキルやマネジメントスキルが重要であるということ。

特別選考のご案内