トップ > インターン > 日本生命 > インターン 口コミ

日本生命

緊張感がありレベルの高いインターン

仕事内容が難解で緊張感のある雰囲気でした。

2017.01.27

普通だった

企業名
日本生命
大学
慶應義塾大学 商学部
インターン期間
2016年8月〜2016年8月

短期 大手企業 17卒 業界知識が身につく ロジカルシンキングが身につく 優秀な社員と働ける、学べる

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • ロジカルシンキングが身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる

ざっくり言うと

  • 面接は圧迫気味の場合あり
  • 金融業界への理解は深まる
  • 部署によって仕事内容はさまざま

参加した理由

具体的にどんな仕事をしているのか知ってみたかった。金融業界はインターンに行けば内定がとり易くなると思った。

選考フロー

エントリー→ES提出→グルディス・面接(同日に行った)

ESについて

①自分自身が最も力を入れて取り組んできたことについて、どのように取り組んできたか
②志望理由・意気込み

GDについて

◆形式◆
6人 30分

◆内容◆
時代設定(江戸時代、戦国、縄文、未来など)ともの(車、携帯電話、あとは忘れました)をランダムに組み合わせて、その時代にそのものを普及させるにはどうしたらいいか、を考える議題だった。

面接について

◆形式◆
1回
3人:1人 10分
面接官がイライラしているような雰囲気を出していた(ペンをボードにカツカツさせるなど)。暗い雰囲気だった。

◆内容◆
志望理由、学生生活で今力を入れていること。

インターンの内容と雰囲気

配属先の部署の仕事内容を教えてもらったり、ミーティングに参加せてもらった。また、配属先部署から与えられた課題「ハイ・イールド債券、国債、株のなかで、日本生命は今度どれに注力していくべきか」を学生3人で考え、最終日に発表をした。

配属された部署が融資系の部門であったため、理系の男性社員が多く、緊張感があった。職場での会話も少ないため、学生同士もあまり仲良くならなかった。

インターンの感想

仕事内容が難解すぎて、あまり楽しくなかったし、仕事内容もあまりわからなかった。社員の雰囲気はよくわかった。

気づいたこと・ギャップ

部署によって雰囲気が全く違うことがよくわかった。

始まる前は人事部の明るいイメージが会社のイメージになっていたが、配属された部署の雰囲気は対極だったため、人事部のイメージだけで会社の雰囲気を決めるのは良くないと思った。

特別選考のご案内