トップ > インターン > 日清食品 > インターン 口コミ

日清食品

日清食品でマーケティング体験ができる

担当の社員さんが気さくで和気あいあいとした雰囲気でした。

2017.01.27

とても
よかった

企業名
日清食品
大学
慶應義塾大学 商学部
インターン期間
2015年8月〜2015年8月

短期 大手企業 17卒 マーケティングスキルが身につく 経営層近い、社長同行あり 職種・業種への理解

オススメポイント

  • マーケティングスキルが身につく
  • 経営層近い、社長同行あり
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 2泊3日の合宿あり
  • 商品企画体験が出来る
  • 本選考の1次面接免除に

参加した理由

メーカーに興味があった。また、5日間のうち2拍3日で合宿があり、より濃い体験や社員との交流ができると思ったから。

選考フロー

エントリー→ES提出→個人面接

ESについて

①自分のクリエイティブさを象徴するエピソード
②今までで一番努力し、何かを成し遂げた瞬間
③最近の消費財であなたの心を鷲掴みにしたもの、その理由

面接について

◆形式◆
1回 
1人:1人 30分
質問の仕方がフランクで、和やかな雰囲気だった。

◆内容◆
志望理由(どうして応募したのか、インターンでどんなことをしたいか)、今学校で何を学んでいるのか、研究内容、自分の変だと思う所はなにか。

インターンの内容と雰囲気

1日目は会社について先輩社員を呼んで座学。
2~4日目(合宿)は、「日清食品の構造を変えるような画期的な商品を企画する」という課題に対して、参加者25名程度を4グループに分けて取り組んだ。夜は懇親会として人事部3名程と飲み会をした。
5日目は課題発表をした。審査員として、マーケティング部社員5名、マーケティング部長、人事部長、内定者が出席していた。

運営していた人事部の人が気さくで話しやすく、雰囲気が良かった。人事部以外にも若手の社員4名が合宿2日目に顔を出してくれて、課題にアドバイスをくれた。寝泊りを共にしたということもあり、学生同士も和気あいあいとしていて、その後の打ち上げなどを盛り上がった。

インターンの感想

社員さんや学生とも仲良くなれたため、非常に充実していた。インターンの内容も面白く、ためになった。本選考の際の一次面接が免除されたため、本選考を受ける面でも役に立った。

気づいたこと・ギャップ

会社の雰囲気や部署と部署の繋がりなどが分かった。

特別選考のご案内