トップ > インターン > ガイアックス > インターン 口コミ

ガイアックス

スタートアップベンチャーのインターン!

仕事を正確にこなすことが重要です。

2017.02.01

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 新規事業立ち上げが経験できる
  • 面談/フィードバックが充実

ざっくり言うと

  • 事務作業中心で、指示されたことをこなす
  • 雰囲気は厳格
  • 仕事にはスピード感が求められる

参加した理由

ガイアックスの中の、notttecoという車のシェアリングエコノミーサービス(相乗りサービス)を活用している会社に参加した。
理由としては、大きく2つあり、1つめはベンチャー企業での仕事内容やその雰囲気がどのようなものかを知りたかったから。
もう一つは、自分を成長させたいから。
シェアリングエコノミーサービスに注目が集まりつつあり、uberなどのサービスがアメリカなどで流行っている背景もあり、将来性が大きく会社も発展途上のために大きな企画の立案等を任せてもらうことができるのではないかと考えたから。

選考フロー

エントリー→面接

ESについて

志望理由

面接について

◆形式◆
1回
学生:面接官 20人:8人 90分

◆内容◆
自己紹介(所属サークルや学部など)、ガイアックスの様々な会社(5社くらい)の紹介後の逆質問

あまり面接という感じがなく、メンターに気になっている質問や志望理由を順番に各個人が話していく感じであった。

選考でのアピールポイント

・団体、部活動の幹部
・Webサービス/アプリ開発
・協調性

選考結果連絡

メールで当日に

インターンの内容と雰囲気

支持された作業をこなしていく感じ。 主に事務作業が中心であった。交通量を調べたり、フィードバックをひたすらカテゴリ別に分けたり、利用者の走行距離や乗車位置を地域別に分けたりした。

ピリッとした雰囲気であった。人数も少なくかつ企業も成長段階であったためにスピードと自分から少しでもできる作業をしていくことが求められていた。

インターンの感想

事務作業を永遠とさせられ、思い描いたような企画とかができずに悔しかった。身につけるべき知識やその教養本の支持などもなく、個人の入社時の能力に依存するといった感じ。

気づいた事・ギャップ

起業されて間もないベンチャーではたらく上での大変さ、1つ1つの作業する上での論理的な意思決定の重要さ。

作業が個人任せな部分がおおい

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

ベンチャー企業であるが、まだサービスの内容が検討段階でもあり定まった目的や会社の方針が見えずに安心さを感じなかったから。

特別選考のご案内