トップ > インターン > 三菱UFJニコス > インターン 口コミ

三菱UFJニコス

成長できるインターンシップ!

求められるレベル感が高かったです。

2017.02.02

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 企画/提案スキルが身につく
  • 報酬・インセンティブあり

ざっくり言うと

  • 企業研究に最適
  • 企業が学生に求めるレベルが高い
  • 適性検査の結果を知れる

選考フロー

1次選考・ES提出(11月上旬締切)
→2次選考・面接(11月下旬)
→参加決定(12月上旬)
→インターンシップ開始

ESについて

学生時代に力を入れたこと(300字)

面接について

◆形式◆
1回
社員1人:学生3人、約40分

◆内容◆
・自己紹介(30秒以内)
・志望動機、どんな風に成長したいか
・どこかインターンシップに参加したことはあるか
・学生時代頑張ったこと(それをやった理由など)

インターンの内容と雰囲気

会社の強みを理解して、いくつかの課題に対してグループワーク(8人グループ)を行います。
1日目:業界・企業研究およびワーク、発表(テーマ:三菱UFJニコスの歴史を紐解き、特徴をまとめよ)
2日目:ワークおよび発表(テーマ:MUFGカードを超える新たなカードを開発せよ)
3日目:ワークおよび発表(テーマ:J-MUPSを超える新たな決済ソリューションを開発せよ)
4日目:ワーク(最終テーマ:MUNの強みを活用し、キャッシュレス社会実現に向けた企業戦略の立案)
5日目:発表およびまとめ+懇親会

インターンの感想

ワークのボリュームが多く、とにかくハードです。
発表の度に改善点を伝えられるために、次回に活かせる点は良かったです。

また、班分けのために、インターンシップの参加前に適性検査を受けなければなりませんでした。
最終日に、その結果をもらえるところは良かったです。
個人的には、班のメンバーが良かったため、充実したインターンでした。

気づいた事・ギャップ

正直、企業が学生に求めるレベルが高すぎた感じがしました。
会社の強みについては十分に理解出来ました。
面接からインターンまで、ビジネスカジュアルを求める点は、かなり印象に残っています。

特別選考のご案内