トップ > インターン > りそな銀行 > インターン 口コミ

りそな銀行

5日間で銀行について理解が深まるインターン!

銀行に対する自分のイメージが払拭されました。

2017.02.02

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 営業スキルが身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 銀行での働き方、投資信託についての理解が深まる
  • 「固い」イメージの払拭にもつながる
  • 社員がフランク

選考フロー

ES提出(11月中旬)→面接(12月中旬)

ESについて

・インターンに応募するきっかけ(400文字)
・金融業界のイメージ(400文字)
・学生生活において頑張ったこと、または目標(400文字)

面接について

◆形式◆
1対1で15分程度

◆内容◆
・自己紹介
・学生時代頑張ったこと。

面接自体はかなり和やかで面談のようなものでした。
金融に関しての知識や興味というよりは人柄のほうを重視しているように思いました。
実際のインターンにはかなりの学生が参加していたため、そこまで選考に影響を与えるものではなかったのかもしれません。

インターンの内容と雰囲気

初日
アイスブレイクと金融業界についての説明。
りそな銀行としてどういった施策を実行すれば顧客を増やせるかということをゲーム形式で考えました。
2日目
グループワーク。
銀行側と仮想企業にチームを分かれて、銀行側が企業にヒアリングを行い、課題解決のためのソリューションを提案しました。
3日目
事業承継についてのワーク。
4日目
内定者との座談会。
5日目
新事業提案のグループワーク。

インターンの感想

銀行の働き方について理解が深まりました。
投資信託について学ぶことも出来、とても良かったと思います。

気づいた事・ギャップ

まじめな人は多いと社員の方がおっしゃっていたが、自分の今まで持っていたようなかたいイメージというのは払拭されました。
社員の方もフランクで面白い人もいました。
参加学生数がとても多かったうえ、午前と午後の部があるのでかなりの数参加できると思います。

特別選考のご案内