トップ > インターン > 三菱東京UFJ銀行 > インターン 口コミ

三菱東京UFJ銀行

銀行業務を知ることができ、タイムマネジメント能力が身につくインターン。

本当に時間に厳しかったです。

2017.02.02

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 企画/提案スキルが身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 銀行業務が多岐にわたっていることを知ることができる
  • 限られた時間の中で業務を遂行する能力が身につく
  • 様々な業界志望者と出会える

選考フロー

ES提出(12月中頃)
→面接(1月中頃面接)
→インターン参加

ESについて

・【大学時代】 上記で選択いただいた取り組みについて、自身の行動も交えて、具体的に教えてください。また、その際の一番のモチベーションが何であったのかも、併せて教えてください。 (300文字以内)
・日本の銀行が今まで以上に世界で存在感を示すために必要だと思うことを教えてください。また、それに対してあなただからこそ貢献できると思うことについても、併せて教えてください。 (300文字以内)

面接について

◆形式◆
社員:1名
学生:2名
時間:40分

◆内容◆
ESの内容に対する深堀、インターン参加動機

インターンの内容と雰囲気

1チーム8人で5日間のワークを行いました。
講義、1日簡潔型のワーク、5日通貫型のワークが平行して行われました。
講義はそれぞれの部署のトップが来て講義をしてくれました。(海外戦略室、M&A室、法人営業室等)
その後にその講義の内容に沿った1日簡潔型のワークをチームごとに行い競いました。
それらが終わった残りの時間で5日間通貫型のワークにチームで取り組みました。お題は「ローソンの今後の事業戦略を考案せよ」というかなり大きなテーマでしたが、規定時間以外での作業を禁止されたため、時間帯効果を意識した動きをしないと終わらなかったです。

インターンの感想

銀行の業務が単なる金貸しではなくて非常に多岐にわたっていることを再認識しました。単純に面白そうでした。
参加者は金融に興味のない人も一定数おり色々な人材を参加させていたようです。

気づいた事・ギャップ

様々な側面から企業に対してサポートをするのですが、ソリューションは企業提携のサポートと融資に限られてしまっていることを強く感じました。

特別選考のご案内