トップ > インターン > 三菱電機 > インターン 口コミ

三菱電機

社会で働くスピード感を体感できるインターン!

インターン生ひとりひとりに担当社員がつきました。

2017.02.02

とても
よかった

企業名
三菱電機
インターン期間
2016年2月〜2016年2月

大手企業 17卒 業界知識が身につく 面談/フィードバックが充実 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 面談/フィードバックが充実
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 1部署にインターン生が1.2人配属
  • 実際の業務の一部を任されるため、社会で働くスピード感を体感できる
  • インターン生一人につき担当社員が一人つく

選考フロー

1次選考・ES提出(12月上旬)
→WEB適正検査(12月下旬)
→2次選考・面接(1月2週目)
→参加決定(1月2週目、面接3日後)
→インターンシップ開始(2月15日~12日間)

面接について

◆形式◆
社員1人:学生1人
時間:約15分

◆内容◆
ほとんど研究内容を聞かれて終わりました。

なぜ当社のインターンシップに参加しようと思ったのか?

他社はどんなインターンシップを検討してるか?

大学院ではどういう研究をしているか?

インターンの内容と雰囲気

1部署に1~2人配属され、その部署が実際に担当する仕事の一部を任せてもらうというもの。
インターン生1人に対して必ず担当社員がいた。部署毎に内容、難易度等が違う。
ただ、どの部署でもインターン生にインターン内容についてのプレゼンをさせることは共通している。
最終日にインターン生が1か所に集められ各々の部署での報告を行う。参加者は学歴が高く、穏やかな人が多かった印象です。

インターンの感想

担当社員に何をすればよいのか聞き、その成果を報告する。
これは大学の研究室と非常に近いものを感じた。ただ会社はスピード感が全然違った。

気づいた事・ギャップ

冬のインターンシップに参加すると本選考でいくつかのフローをスキップすることができる。
結局、面接官もインターンシップ先で一度会っているため、かなり有利に働くと思います。

特別選考のご案内