トップ > インターン > オリンパス > インターン 口コミ

オリンパス

企業研究や自己分析ができる充実した内容のインターン。

グループワークがメインでした。

2017.02.02

とても
よかった

企業名
オリンパス
インターン期間
2016年2月〜2016年2月

大手企業 17卒 業界知識が身につく 営業スキルが身につく 企画/提案スキルが身につく

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 営業スキルが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく

ざっくり言うと

  • 企業研究だけでなく、自己分析もできる充実した内容
  • いい面だけでなく、将来性の厳しさなども知ることができる
  • 他の就活生とのつながりも得られる

選考フロー

1次選考・ES提出および適性検査受験(12月下旬締切)
→2次選考・GD(1月上旬)
→参加決定(1月下旬)
→インターンシップ開始(2月15日~5日間)

ESについて

・インターンシップに参加しようと思った理由(200字以内)
・学生時代に打ち込んできたこと(400字以内)

試験について

適性検査(SPIの言語および非言語)

GDについて

◆形式◆
人数:社員1人:学生5人
実施時間:40分_
最後に、3分間で簡単に発表した。

◆内容◆
テーマ:お客様に製品を買ってもらうためには、どのように売り込むべきか

製品はオリンパスの医療機器で、それぞれ班で違う。
医療機器を知るために、数種類のパンフレットが置いてあった。

インターンの内容と雰囲気

常に協力しながら、仲良くワークに取り組める環境だった。
7人グループで、4日目から班替えした。

1日目:アイスブレーク、インターンの説明、オリンパスの製品を知るおよびオリンパスの製品を使う顧客について知る(映像事業)

2日目:オリンパスの事業展開およびこれからのオリンパスを知る+懇親会(3事業をSWOT分析)

3日目:グループワーク(医療問題の解決に挑む)

4日目:コミュニケーションゲーム
(さまざまなゲームを通して、『対話』の大切さを知る)

5日目:座談会およびまとめ
(さまざまな分野の人の話を聞き、仕事や雰囲気を知る)

インターンの感想

企業研究だけでなく、自己分析まで出来る、大変充実したインターンシップだった。

また、いろいろな学生ともワークを通して話せることはもちろん、懇親会もあるため違うグループの人とも仲良くなれた。

気づいた事・ギャップ

オリンパスといえば、カメラ(一眼レフ)というイメージがあったが、実際、厳しいということを知った。
人事の方が顔を覚えて下さり、学内セミナーや説明会で声をかけて下さったのが嬉しかった。

特別選考のご案内