トップ > インターン > 伊藤ハム > インターン 口コミ

伊藤ハム

食品メーカーにおける現場経験の重要性を学ぶことができるインターン

生産技術色の働き方がよく分かりました!

2017.02.02

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 面談/フィードバックが充実
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 生産技術職について具体的な仕事内容を学ぶことができる
  • 現場経験の重要性を実感できる
  • 新卒1年目の社員に仕事内容から就職活動についてヒアリングが可能

選考フロー

1次選考・ES提出(12月下旬)
→2次選考・面接(1月中旬)
→参加決定(1月下旬)
→インターン参加

面接について

◆形式◆
回数:1回
人事:2人
学生:3人
時間:約30分

◆内容◆
学生時代頑張ったことや志望動機など、オーソドックスな質問。

インターンの内容と雰囲気

朝9時に集合し、講義と工場見学がありました。
始めに業界や企業に関する講義を受け、それから工場長から生産技術職の仕事について話を聞きました。
その後、実際の作業服に着替え、試食、官能検査、工場見学を行いました。人事と生産技術職の社員が引率して見学をさせて頂きました。試食などもあり、真面目ながら和やかな雰囲気でした。
実際に工場の仲間で入るので、実際の仕事の具体的な内容を学ぶことができます。
工場見学後、今年入社の社員と20分ほど交流する時間があり、仕事内容から就活の話など自由に幅広く聞くことができました。

インターンの感想

生産技術職についての具体的な仕事内容を学ぶことができました。
現場に入らせてもらうことで、現場の雰囲気も知ることができ、どんなキャリアに進むとしてもまず現場経験の重要性を感じました。
食品メーカーの工場ということで、思っていたよりも現場の大変さを痛感しました。
また、人それぞれですが、私は原材料の臭いが少し苦手でした。

気づいた事・ギャップ

官能検査に参加させて頂き、商品も微妙な味や風味の違いから生産工程の問題点や改善点を話し合っていてすごいと感じました。
ここで働くと、味覚が良くなるだろうかと期待しました。

特別選考のご案内

他のオススメのインターン記事

もっと見る