トップ > インターン > 関西電力 > インターン 口コミ

関西電力

電力についてきちんと理解することが大切

実際に社員さんが働く姿が印象的でした。

2017.02.02

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 安定供給を維持するために取り組んでいる
  • 電力を届けたいと強く思う社員が多い
  • 穏やかな雰囲気

選考フロー

1次選考・ES提出(12月上旬)
→2次選考・面接(12月中旬)
→参加決定(12月下旬)
→インターン参加

面接について

◆形式◆
回数:1回
社員:3人
学生:8人
時間:約60分

◆内容◆
インターンシップに参加しようとした理由、自己PR

インターンの内容と雰囲気

送電・変電・水力発電技術部門は、12人ぐらいで4日間行動を共にしました。
・1日目
送電・変電・水力発電技術、系統運用技術コース、配電技術全体で会社の説明や見学を行ないました。
・2日目・3日目
研修センターに行き、送電・変電・水力発電技術の実習を行いました。
・4日目
関西電力は今後どのようなことが必要になっていくのかを話し合ったり、発表を行ったりしました。
活動中の雰囲気は穏やかで社員の方もとても親切に接してくれるため、楽しい4日間でした。

インターンの感想

電力を安全・安定供給する強い使命感を持ち、働かれていることを感じました。
そして、日々安全に電力が使えているのは、関西電力の方々が自分たちが電力を支えている、電力を届けるという気持ちを持って働かれているからであると感じることができました。

気づいた事・ギャップ

淡々と作業を行っているイメージがありましたが、作業を行う時は自問自答を徹底させ、周りの作業者にも自分が行う行動を聞こえるようにしている所でイメージが変わりました。
これを行っていることが安全・安定供給を維持にするための1つの方法であると感じました。

特別選考のご案内