トップ > インターン > ベネッセコーポレーション > インターン 口コミ

ベネッセコーポレーション

通信教育事業関連2daysでハードなプレゼン有り

プレゼンまで時間が少ないので徹夜必須です。

2017.02.02

普通だった

企業名
ベネッセコーポレーション
インターン期間
2016年2月〜2016年2月

大手企業 17卒 業界知識が身につく ロジカルシンキングが身につく 企画/提案スキルが身につく

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • ロジカルシンキングが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく

ざっくり言うと

  • 内容は高校生教育事業について
  • 活発で明るい人が多い
  • プレゼン準備がハード

選考フロー

1次選考・ES提出+webテスト(12月下旬)
→2次選考・面接(1月4週目)
→参加決定(2月1週目)
→インターンシップ開始(2月15日~16日)

ESについて

志望動機

試験について

自宅でSPI受験

面接について

◆形式◆
学生:1名
社員:1名
回数:一回のみ
時間:20分程度

◆内容◆
・自己紹介
・インターンシップの志望動機
・教育事業に関して考えていること
・他社インターンシップ参加状況
・学生時代頑張ったこと

ESの内容に興味を持って頂き、そこから話を広げることで緊張を解してくれていました。終始和やかで会話のキャッチボールを楽しめました。
※遠方の人はSkype面談。

インターンの内容と雰囲気

1チーム5~6人で2日間、グループワークに取り組みました。9チームあり、女子比率が高かったです。
グループワークの内容は「進研ゼミ高校講座の新しい形態を提案」するというものでした。
どんな高校生にどのようなアプローチをするかを考えるのがテーマでした。
2日間しかなく、最後にはプレゼンもしなくてはいけなかったため、チーム皆で徹夜して準備に取り組む等本当に時間がありませんでした。
最終的には全体2位の評価を頂いたので苦労は報われました。
プレゼン終わりには懇親会が行われ、誕生日が近い人はお祝いされる等、非常に和やか雰囲気で終わりました。参加者のレベルはまあまあ高かったです。

インターンの感想

インターンシップに参加する前は通信教育事業に興味はありつつも、その影響力に限界はあると考えていました。
しかし、インターンシップに参加することでむしろその可能性を肌で感じ、ますます興味が深まりました。

気づいた事・ギャップ

現在の通信教育事業の置かれた状況や、特に高校生の学習状況、学習環境を様々なデータから分析し、その対策を考え抜いたため非常に有益な機会となりました。
内定者の方々や社員の方々との交流を通じて就職活動へのモチベーションも上がりました。
想像以上に活発な明るい方が多かったです。

特別選考のご案内