トップ > インターン > リクルートキャリア > インターン 口コミ

リクルートキャリア

ベンチャー気質あり8日間ハードワークインターンシップ

達成感は変えがたいものがありました。

2017.02.03

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 企画/提案スキルが身につく
  • 報酬・インセンティブあり

ざっくり言うと

  • ベンチャー気質のある企業
  • 事前課題が与えられる
  • 8日間で自分の力を試すチャンス

選考フロー

エントリー・筆記試験(11月上旬)
→1次面接(11月中旬)
→2次面接(11月中旬)
→インターン参加

試験について

自宅でSPI受験

面接について

◆内容◆
・学生時代がんばったことは何か。
・目標を定めた過程はどんなものか。
・その際に苦労したことは何か。
・高校時代、中学時代にがんばったことは何か。
・大学をどうやって選んだか。
・どうして今の専攻を勉強しているのか。
・なぜ院に進学しようと思ったか。
・学部時代就活はしたか。
・スポーツを続けている一番の要因は何か。

インターンの内容と雰囲気

基本的に1チーム4~5人で各チーム別の課題を与えられて、5日間取り組む。

答えに至る道筋は何でもいいですが、事前課題を与えられるので予備知識がなくても取り組みやすいです。
与えられたテーマは「大手企業からベンチャー企業に転職する人が増えるようなイベントを企画せよ」という内容でした。

各課題は実際に社員が取り組んでいるものなので、内容の濃いものばかりです。
毎日11時くらいまで残って取り組まなければ終わらず、期間中は相当体力的にきついものがありました。

インターン参加者は学歴も様々で、意識が非常に高い学生が多かった印象です。

インターンの感想

班についてくれる社員は1年目の方なので頼りなく、それが残念でした。
メンターの教育も兼ねているためしょうがなくはありますが、会社のことや社風を感じることは少し難しいインターンであると思います。
しかし、8日間と言う期間を耐え抜きやり抜いた後の達成感は変えがたいものがあったので、自分の力試しにはなると思います。

気づいた事・ギャップ

リクルートというとベンチャー気質がまだあり、そこが魅力の1つだと思っていました。
参加してみると、意思決定の遅さが顕著で5日間しかないのに思ったように進まず、学生と社員とで意識格差が生まれていたのが残念でした。

特別選考のご案内