トップ > インターン > 同仁化学研究所 > インターン 口コミ

同仁化学研究所

試薬関連業務で女性が働きやすい環境

採用面接では他の人よりも有利らしいです!

2017.02.03

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 社員と同じ仕事内容
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 試薬の精製を体験出来る
  • 産休や有給が取りやすい環境
  • 採用面接で有利になる

選考フロー

ES提出(11月下旬)→参加決定(11月末)

ESについて

志望動機

インターンの内容と雰囲気

参加者は各回1名。

初日
自己紹介後、配属の技術部に行き、工場を一通り全部紹介してもらいました。
お昼は他部署の女性社員の方ととり就活のアドバイスもくれました。
ラボスケールでの試薬の精製を体験させてもらいました。

2日目
実験キットを用いて製品の実験を行いました。
午後から1日目の精製の続きを行い、3日目のスライド発表の準備をしました。

3日目
朝から社内出向者の報告会。
防災訓練会議などに参加し、午後はインターンシップ報告会をしました。

インターンの感想

試薬を作るというイメージが全然わかなかったが、参加してみて普段さりげなく使用している試薬が出来るまでに大変な努力がされていることを知り試薬に対するイメージが変わった。
また、様々なところで試薬が使用されておりやりがいがありそうだと感じた。
会社の雰囲気も知れてよかった

気づいた事・ギャップ

試薬は絶対に必要な存在であり、新規キットの開発・試薬の製造により様々な分野に貢献できると感じました。
インターン中に女性社員の方の話を聞き、結婚後も出産後も仕事を続けることができそうな環境だと感じました。
産休や有給もとりやすく、残業も自分で計画立ててするため、早く帰りたい日に帰れそうだという印象。
人数が少ないからか社員同士が大変仲が良く逆に、この雰囲気に入れないと上手くやっていけないんだなと強く感じます。

本選考を受けるか

インターン後、特にリクルーターの紹介や特別選考ルートなどはなかったが、採用面接では他の人よりも有利とのことだった。

特別選考のご案内