トップ > インターン > 三井不動産レジデンシャル > インターン 口コミ

三井不動産レジデンシャル

社員からのサポートや内容が充実の密度濃いインターンシップ

志望度が高まりました!

2017.02.03

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 企画/提案スキルが身につく
  • 新規事業立ち上げが経験できる

ざっくり言うと

  • 社員との交流機会が多い
  • 丸々3日間話し合うハードなインターンシップ
  • フィードバックやサポートが充実

選考フロー

ES及びWEBテスト
→面接
→インターン参加

ESについて

・インターンシップに応募した理由および達成したい目標をご記入ください。(300文字以内)
・あなたの自己PR(人に負けない長所・保有資格等)をご記入ください。(300文字以内)
・あなたが行った今までで一番大きな決断と、その理由を具体的なエピソードを交えてご記入ください。(300文字以内)

面接について

◆形式◆
回数:1回
社員:1人
学生:3人
時間:約30分

◆内容◆
・一人ひとり学生時代のことなどを質問
・学生時代頑張ったこと
・なぜインターンシップに参加しようと思ったか

インターンの内容と雰囲気

初めの4日間は班ごとに分かれてマンションの共用部分に何を作るかを考え、インターンシップ生全員及び先輩社員の前で発表しました。

居残りの作業などはなかったがほぼ丸々三日間班員と話し合うため、割とハードでした。
後半の二日間は別の班で全く新しい事業を考えるワーク。前提などがほぼなく、会社にとって利益になる事業を自由に考えました。こちらも最後に発表します。

すべて社員からのフィードバックをもらえました。
話し合いの時間は短く、非常に密度の濃いものでした。

インターンの感想

とても内容が詰まっていて、非常に大変だったが社員の方々がとても丁寧にサポートしてくれたおかげで充実した時間でした。
現場の社員の方々との交流の場もたくさん設けていただき、貴重な話がたくさん聞けてよかったです。
まわりのインターンシップ生もはつらつとしていてたくさんの刺激を受けました。
また、仕事内容も一部ではあるが体験することができたので志望度が高まりました。

気づいた事・ギャップ

社員の方々がはつらつとしたタイプの人々でした。
また花形である開発の業務はかなりの激務であるように感じました。
営業と開発と用地など部署ごとに雰囲気が違うように感じました。

特別選考のご案内