トップ > インターン > 東京海上日動火災保険 > インターン 口コミ

東京海上日動火災保険

メンターの指導付きインターン

人間として魅力的な社員さん!

2017.02.03

よかった

企業名
東京海上日動火災保険
インターン期間
2016年4月〜2016年4月

1週間以内 大手企業 17卒 業界知識が身につく 優秀な社員と働ける、学べる 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • インターンにしては選考フローが長い
  • 女性にはエリア総合職を勧めてくる
  • 社員に疑問をぶつけやすい

選考フロー

1次選考・ES提出(3月下旬)
→2次選考・面接(3月下旬)
→3次選考・面接(4月上旬)
→参加決定(4月上旬)

ESについて

・学生生活で成し遂げた最も大きな実績は?
・上記を成し遂げる上で気付いたことは?
・それに気づいた背景、その後の行動は?

1次面接について

◆形式◆
社員1人:学生9人
1時間半程度、1人6分

◆内容◆
・学生時代頑張ったこと
・インターンシップに参加しようと思った理由
の2点のみ。

長く語りすぎると嫌われます。
前の人が長めに語っていたのでそれにつられて自分も長く話してしまい、フィードバックの時に面接官に指摘されました。

2次面接について

◆形式◆
社員1人:学生9人
1時間半程度、1人6分

◆内容◆
・転勤したか
・兄弟はいるか、兄弟は尊敬しているか
・母親のしつけは?
・中学・高校・大学のキーワードそれぞれ3つ

スラスラ言えるかどうかなどの話し方は全く関係なく(自分は7秒ぐらい言葉が出てこなかったです)、選考基準を満たしているかどうかだけで見ているので、拙いながらも自分がどのような人間で、巻き込むときに何を考えて行動していたかをしっかり話せれば大丈夫です。

インターンの内容と雰囲気

2日間で最終日に社員に向けて新しい保険商品をプレゼンします。
1日目は保険福祉について社員に聞きに行くことがメインであり、作業する時間はほとんどないので実質二日目のみの作業になります。

社員がずっとメンターとして付き、分からないことは気軽に相談できる雰囲気でした。
インターンシップを終えたあとは社員との飲み会があり、そこで非常に仲良くなれます。

インターンの感想

社員さんが総じて人間として魅力的な人が多かったです。

気づいた事・ギャップ

今年は総合職女子を30人採用したということで改善されつつあると思いますが、やはり女子はエリア職がほとんどである印象でした。
女性ということで人事がエリア職を執拗に勧めてくるなど少々不快に思う場面もありました。
しかし、総合職・エリア職関係なく活躍できる場は設けられている印象です。

特別選考のご案内