トップ > インターン > VOYAGEGROUP > インターン 口コミ

VOYAGEGROUP

非日常的な体験からチームビルディングと新規事業立案の難しさを体験できる

無人島でのチームビルディングやビジネスゲームを通じて現場社員やチームメンバーとの仲を非常に密に深める事が出来た。 他のインターンでこれだけの仲を深める事が出来るものは稀だと思う。

2017.04.24

オススメポイント

  • ロジカルシンキングが身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる
  • 報酬・インセンティブあり

ざっくり言うと

  • 無人島に行って数日間をチームメンバーと過ごしたり、新規事業立案等の話題性の高いコンテンツが満載
  • インターン終了後も優秀な学生との繋がりを持つ事が出来る
  • 専門用語に苦労したが、本気になれる環境があった

参加した理由

無人島や新規事業立案など、話題性の高いコンテンツを実施し、人気のあるインターンシップには情報感度が高く、志望業界問わず優秀な学生が集まると考えたから。
内容にも惹かれたがその後の参加者とのつながりが欲しかった。

選考フロー

7月 エントリー→ES提出→グループ面接→グループワーク→適性検査
9月 エントリー→ES提出→グループ面接→個人面接→個人面接

ESについて

・自分がチームで何かをやり遂げた経験は?
(成果はどれくらいの規模で自分はどのような貢献をしたのか)
・今自分が気になっているサービスは?

グループワークについて

◆形式◆
人数:6人
時間:15分

◆内容◆
新聞とセロテープ(たしか110センチ)とハサミを使用し、制限時間内に一番高いタワーを作る。

面接について

◆形式◆
回数:2回
学生:面接官 3人:1人
時間:30分

◆内容◆
・学生時代にがんばったことは?
・ チームでなにかを成し遂げた経験は?
・ クリード(社訓に近いもの)でなにが一番共感できるのか?
自分の班ではありませんでしたが、自分を野菜に例えると?なんてのもありました。

◆雰囲気◆
かなりフランクな状態で気さくに話せる雰囲気でした。
面接慣れしていない人が多かった時期ということもありましたが、面接官の方はこちらの話を出来るだけ聞いてくれました。

選考でのアピールポイント

・人が好きである事
・リーダーシップ
・チャレンジ精神

選考結果連絡

電話連絡

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆
【7月】
無人島でのチームビルディング、ビジネスゲーム (チームに別れ、体を動かすワークで成功できるかできないかを資金を投資して増えたり減ったりをいくつか行う。)一つのチームに対して1人社員さんがついてくださり、一緒に資金を増やすことを考えてくれる。
内容としてはカレーを作ったり、縄をくぐったり、宝物探しをしたりする。

【9月】
一週間で新規事業を立案する。 社員の方も本気でぶつかってきてくれる。徹夜する班もあった。

◆雰囲気◆
【7月】
かなりワイワイしていて和やかな印象

【9月】
和やかだが、本気で言い合ったり対立したりもした。

インターンの感想

ITの知識がなかったため、専門用語には苦労したが、本気になれる環境があったのは良かった。
いまだに繋がっている友人もいるので、参加して良かった。

気づいたこと・ギャップ

働く上で企業の雰囲気は自分にとって非常に大切であると感じた。
(見極めるのが難しいが)
ギャップは特になかった。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

インターンシップに参加して、企業の雰囲気に好感を持ったから。

特別選考のご案内