トップ > インターン > 東京セキスイハイム > インターン 口コミ

東京セキスイハイム

参加を通じて自分の向き不向きを発見する事が出来たインターン

住宅業界の事を全く知らなかったので、業界知識を付けるために申し込んだのがキッカケ。 その中でも業界大手の会社だとより知識が付くのではないかと考え、開催地も自宅から通える範囲内であった事が参加の決め手。

2017.04.28

よかった

企業名
東京セキスイハイム
大学
立教大学 コミュニティ福祉学部

短期 1週間以内 大手企業 18卒 業界知識が身につく 面談/フィードバックが充実 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • 面談/フィードバックが充実
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 元々参加する事で身に付くと思っていた業界知識と仕事内容を実際の業務を体感する事で学ぶ事が出来た
  • 社員をお客様に見立てて新築の住宅をプレゼンするワーク形式
  • 参加を通じて、自分には合っていない業界であるという事を確信できた

参加した理由

住宅業界のことについては全く知らなかったので、業界大手の会社で業界のことを知りたかったから。
開催地が自宅から通える範囲内だったから。

選考フロー

エントリー→セミナー説明会→ES提出

ESについて

なぜインターンシップに参加しようと思ったか

選考でのアピールポイント

・団体・部活動幹部の経験
・探究心
・諦めない気持ち

選考結果連絡

メール

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆
会社説明と、家づくりのワークショップ。
2日にわたり、社員をお客様に見立ててグループで新築を提案しするコンペ形式。

◆雰囲気◆
グループで提案する形式なので盛り上がっていた。

インターンの感想

業界についても知ることができ、ワークショップも楽しく参加することができた。
もう少し業務について深く知りたかった。

気づいたこと・ギャップ

住宅業界は合う人には合うが、合わない人には全く合わないというのが気付き。
ギャップは特になかった。

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

住宅業界は自分にはマッチしないと感じたから。

特別選考のご案内