トップ > インターン > 住友生命保険 > インターン 口コミ

住友生命保険

業界理解を深められるインターンシップ

成長を図ると共に生命保険についての基礎的な知識を学ぼうと思ったのが参加のキッカケ。 保険商品の設計開発、マーケティングを体感する事が出来たが、無形商材を販売するという事は、人間力で勝負するということがインターンシップを通して分かりました。

2017.05.02

オススメポイント

  • 社会人としての自覚が身につく
  • デザインスキルが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく

ざっくり言うと

  • 社員から厳しいフィードバックをもらえる
  • 無形商材販売は「人間力」の勝負であるという事が分かった
  • インターンを通じてマーケティングから設計開発など様々な体験をする事が出来た

参加した理由

インターンシップを通じて自らの成長を図ると共に、生命保険の基礎を学ぼうと考えました。
そこで本質的な価値を学ぶと共に、実際に働いていらっしゃる社員の方々の考え方を肌で体感しようと思いました。

選考フロー

エントリー→ES提出

ESについて

①インターンシップへの参加志望動機をご記入ください。
②学生時代力を入れたことを述べてください。

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆
新しい保険商品の開発
五日間午後のみの実施で、前半は生命保険の知識をつけるための講義を受け、後半はグループワークとして実際に保険商品のマーケティング、設計、開発を体験しました。
最終日に職場訪問や社員さんとの座談会もありました。

◆雰囲気◆
グループワークがほとんどだったため非常に活発で元気な雰囲気。

インターンの感想

社員からのフィードバックとして、学生の考える保険商品は面白いが、倫理的な面で実現が難しいことも教えられ、難しさを実感しました。
また、グループワークをする期間が3日間というのは短く感じ、私たちの班は終わりそうになかったので居残りをして終わらせました。

保険商品のマーケティング、設計、開発等様々な体験をする事が出来たためとても有意義でした。
社員さんとの座談会やオフィス見学もプログラムに含まれていたため、その企業で働いている自分を想像することができました。

気づいたこと・ギャップ

保険会社のやっている事、それが人間力勝負であるということがわかりました。
そしてインターンに参加して本当にお客様のことを考えているんだなと感じさせられたのが気付き。
ギャップは特になかったです。

本選考を受けるか

はい

受ける理由

実際にインターンシップに参加してみて保険会社は保険の販売以外にもさまざまな資産運用を行っているということがわかったためです。
形のない商品を販売する保険会社、人間力勝負ということがわかり、ますます志望度は上がりました。

特別選考のご案内