トップ > インターン > 南都銀行 > インターン 口コミ

南都銀行

イメージだけではわからないを解決するインターン

普段から自分も使っている銀行である。そして親から薦められたこともあり応募。 1dayだったが選考フローがあり、人気があることもわかるものだったが、実際に参加してみると、自分の考えていた銀行員とは違う仕事も多く大変だと感じた。 それでも福利厚生がよく、志望度が上がったインターンシップ。

2017.05.04

オススメポイント

  • ロジカルシンキングが身につく
  • ビジネスマナーが身につく
  • 社員と同じ仕事内容

ざっくり言うと

  • 普段ユーザーとして使っている銀行を社員からの視点を持って見る事が出来る様になった
  • 窓口業務が主だと考えていたが、実際は営業がメイン
  • 自分が想像していたよりも「窓口」に立つまで時間が掛かるというのは驚いた

参加した理由

南都銀行を普段からよく使っているので、興味があったから。
親に薦められたのもあります。
1dayのインターンシップだったので都合がつきやすかったのと、家から近かったからです。

選考フロー

エントリー→ES提出

具体的なESの内容

・学歴
・なぜインターンシップに参加したいか
・学生時代に頑張ったこと
・部活動

選考結果連絡方法

メール

選考でのアピールポイント

1.団体・部活動幹部
2.リーダーシップ
3.ポジティブ

選考結果連絡時期

選考より3日以降

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆
会社説明、業務説明、札勘体験、営業体験(個人)、営業体験グループディスカッション(法人)

◆雰囲気◆
ジュピターテレコムに比べれば多少緊張感はあったが、自己紹介などでお互いのことを知り、だんだんリラックスした雰囲気ではあった。

インターンの感想

札勘など、これからの生活にも役立つことを教えてもらってよかったが、お金が合わなければ帰れないなどと聞いて、自分が想像しているよりも銀行の仕事は大変だと思った。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

家から通える、給料がいい、休みが安定しているため。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆
窓口に立つのはだいたい入社してから1年くらいかかるということと、法人営業、個人営業どちらもやらないといけないという点が多少気がかりです。
◆ギャップ◆
窓口やパソコン業務が多いと思ったが、ほとんどが営業の仕事だということ。

特別選考のご案内

他のオススメのインターン記事

もっと見る