トップ > インターン > ベネッセホールディングス > インターン 口コミ

ベネッセホールディングス

「EdTech」による教育の最先端を学ぶ事の出来るインターン

理系・教育への意欲が高い参加者が多く集まっており、「EdTech」に関する新ビジネスモデルの提案という内容が惹き付けの要素となっていたと思う。 教育業界の難しさ、教育業界の地方自治体への営業における難しさを肌で感じる事の出来たインターンシップだった。

2017.05.05

よかった

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • マーケティングスキルが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく

ざっくり言うと

  • 教育とテクノロジーの掛け算、「EdTech」について学べる
  • 理系や「教育」への意欲の高い人が集まっていた
  • 自分と同じタイプが参加者に居なかったので、少し気後れしてしまった

参加した理由

プログラム内容が「Edtech」という、教育とテクノロジーの掛け算という考えたことがない分野のもので興味が湧いたため。

選考フロー

エントリー→ES提出→面接

ESについて

・学生時代頑張ったこと
・参加志望動機

面接について

◆形式◆
学生:面接官 1:1
時間:30分

◆内容◆

・学生時代頑張ったことの深掘り
・教育とテクノロジーの未来

◆雰囲気◆
学生の話を深く聞いてくれるような、優しい雰囲気

選考でのアピールポイント

団体・部活動幹部
リーダーシップ
負けず嫌い

選考結果連絡

メール

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆
Edtechに関する新ビジネスモデルの提案

◆雰囲気◆
プログラム内容からも、理系、教育への意欲の高い人ばかりだった。

インターンの感想

参加学生が理系や教育系の人が多く、どちらにも属さない自分は気後れしてしまった。

気づいたこと・ギャップ

教育業界の地方自治体への営業における難しさ。

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

教育業界の難しさをインターンで実感したため。

特別選考のご案内