トップ > インターン > 信金中央金庫 > インターン 口コミ

信金中央金庫

信用金庫の業績のコンサルティングを体験できるインターン!

経済学部や商学部の学生が多く、雰囲気は重たかったです。 また、人事の方の質問は鋭いため、発表はロジックがしっかりしていないときつかったです。

2017.05.15

オススメポイント

  • 業界知識が身につく
  • マーケティングスキルが身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 参加者は経済学部や商学部の学生が多い
  • 簿記を勉強していないと、フルでのインターン参加は難しい
  • 総合職で受ける事が自分には難しいという事が分かったが、一般職には可能性を感じた

参加した理由

金融を受けるか受けないか決めたかったから。
メガバンクは受けないと元々決めていたが、共同組織金融機関はどうか決めるための判断材料にするため。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→参加確定

ESについて

・学生時代頑張ったこと
・なぜ信金中央金庫のインターンシップに参加しようと思ったのか

選考でのアピールポイント

・団体、部活動幹部
・探究心

選考結果連絡

1週間後以降にメールで

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

・業務内容の説明
・グループワーク
 「とある信用金庫の業績を立て直すために何をするべきか」模造紙にまとめて発表


◆雰囲気◆

経済学部や商学部出身が多い。
雰囲気は重い。
簿記やってるよね?と業務内容の説明で言われて戸惑った。

インターンの感想

5日や2日の日程には落ちたからなんとも言えないが、雰囲気は重い。
グループワークは経済学部や商学部が突っ走る可能性が高いから誰かがブレーキ役になったほうがいい。
人事の方の質問は鋭いから生半可なまとめ方では対応出来ないと思う。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

経済学部や商学部だから金融機関で役立つかといったらそうでもないということ。
文学部だからは言い訳にならない。


◆ギャップ◆

特になし

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

総合職は無理でも一般職があるから。
安定しており潰れる可能性が低いから。

特別選考のご案内