トップ > インターン > ワークスアプリケーションズ > インターン 口コミ

ワークスアプリケーションズ

インターンからの選考ルートもある話題の企業でのインターン!

与えられたお題に対するソフトウェアを開発するという内容のインターンでした。 就業中は会話をしてはいけなかったため、非常ピリピリした雰囲気で進みました。

2017.05.16

よかった

オススメポイント

  • 営業スキルが身につく
  • マネジメントスキルが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく

ざっくり言うと

  • ソフトウェアの開発技術が身につく
  • とにかく考える作業が多いインターンで、自分の能力を再確認する場になった
  • インターン参加者経由での本選考がある

参加した理由

オファーボックスで、オファーが来たので、参加を決めた。
元々、能力を高めたいという考えが常にあり、腕試しも兼ねて参加した。

選考フロー

オファー
→セミナー参加
→ES提出
→面談
→参加確定

ESについて

あなたが人に自慢できる経験
自己PR

面談について

◆回数◆
1回

◆人数◆
学生1:社員1

◆時間◆
30分

◆内容◆
ESについての質問
他者のモチベーション管理はどうするのが理想か?

◆雰囲気◆
面談という感じの和やかなものだった。
あまり圧迫されることはなかった。

選考でのアピールポイント

・ボランティア経験
・リーダーシップ
・ポジティブ

選考結果連絡

1週間後以降にメールで

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

与えられたお題に対して、ソフトウェアを開発する。


◆雰囲気◆

就業中は会話は基本NGなので、ピリピリした雰囲気だった。
休憩中は少し明るい雰囲気になっていた。

インターンの感想

とにかく考えさせられた。
自分の能力を再確認する場となったので、満足している。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

自分の能力はまだまだ全体として低いということ。


◆ギャップ◆

企業としての物の考え方が明確になっていること。

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

インターンの本採用ルートに落ちたということは、自分には向いていない仕事なのだろうと思ったから。

特別選考のご案内

ワークスアプリケーションズの他のインターン記事

もっと見る