トップ > インターン > 大阪府庁 > インターン 口コミ

大阪府庁

「何のために公務員になりたいのか」について考えさせられるインターン!

ただなんとなくで公務員を志望している人に参加してもらいたいインターンシップです。学びの場として公務員の方にしっかり指導してもらえます。

2017.05.17

オススメポイント

  • 社会人としての自覚が身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる
  • 面談/フィードバックが充実

ざっくり言うと

  • 財務部に配属され、府有地管理の為に実際に場所に赴いたり、書面作りなどを行った
  • 学生だからといって甘やかすことなく、しっかりと「学び」の場を経験する事が出来た
  • 公務員になるか一般企業に勤めるか迷っていた思いを払拭する事が出来たインターンだった

参加した理由

元々は公務員志望だったので、公務員の仕事に対して理解を深めて、モチベーションアップに繋げようと考えたから。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→面接
→参加確定

ESについて

なぜ大阪府庁を志望したのか
普段学校で学んでいることは何か
学業以外に力を入れていることは何か

面接について

◆回数◆
1回

◆人数◆
社員1:学生1

◆時間◆
30分

◆内容◆
希望する部署への志望理由の深掘りがメイン。
なぜこの部署を志望するのかと、自分が普段大学で学んでいることを繋げて答え流ことを心がけた。
また、志望する部署以外に配属されても大丈夫かどうか聞かれる。

◆雰囲気◆
和やかな雰囲気。
地域に貢献したい、なぜ大阪なのかを話すことができれば、大丈夫だと思う。

選考でのアピールポイント

・団体、部活動幹部
・ボランティア経験
・人が好き

選考結果連絡

1週間後以降に電話で

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

大阪府の府有地の管理をしている部署である財務部に配属された。
外回りが多く、スーツを着ていることはほとんどなかった。
府有地の管理のために、実際にその地に足を運んだり、登記の状態を書面で確認して書類を作ったりした。


◆雰囲気◆

周りの方がとても良い方ばかりだった。
学生だからといって甘やかすわけでもなく、しっかり「学び」の場を経験させていただいた。

インターンの感想

色々考えて、これを機に公務員志望を辞めた。
それはインターンシップが楽しくなかったわけではなく、自分の将来やりたいことを考えた結果だった。
このインターンシップがなければ、ただなんとなくで目指してしまっていたのだろうと思う。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

「公務員になりたい」ではなく、「何をするために公務員になりたいか」を考えるべきだと知った。


◆ギャップ◆

特になし

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

公務員志望を辞めたから。

特別選考のご案内

他のオススメのインターン記事

もっと見る