トップ > インターン > デジタルアドバタイジングコンソーシアム > インターン 口コミ

デジタルアドバタイジングコンソーシアム

メディアプランニングのケーススタディを通してネット広告業界について理解できるインターン!

2日間チームで同じ課題に取り組むため、結束し白熱した議論を展開することができました。また、社員の方はユーモラスな方が多く、学生に近い距離で接してくださいました。

2017.08.18

とても
よかった

企業名
デジタルアドバタイジングコンソーシアム
大学
早稲田大学 文化構想学部
インターン期間
2017年2月〜2017年2月

短期 1週間以内 18卒 マーケティングスキルが身につく 企画/提案スキルが身につく 内定直結

オススメポイント

  • マーケティングスキルが身につく
  • 企画/提案スキルが身につく
  • 内定直結

ざっくり言うと

  • 選考の面接では淡白な対応をされた
  • 「自分で考え実現すること」ができる
  • ある企業に対する広告プランをチームで考案しプレゼンする

参加した理由

大学でメディア関係のゼミに所属しており、学習したことを活かせると考えたから。
また広告の中でも近年成長の著しいネット広告について理解を深めたかったから。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→面接
→参加確定

ESについて

・志望動機
・インターンで具体的にどのようなことをしたいか

面接について

【形式】
社員1:学生1、15分

【内容】
エントリーシートの内容を深掘りされるが、時間が短いためあまり多くのことは聞かれない。

【雰囲気】
淡白な対応だった。

選考でのアピールポイント

・負けず嫌い
・協調性
・チャレンジ精神

選考結果連絡

1週間後以降にメールで

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

メディアプランニングのケーススタディ。
とある企業に対する広告プランをチームで考案し、社員にプレゼンする。


◆雰囲気◆

2日間同じチームで課題に取り組むため、チームの結束力が強まり、プレゼンはかなり白熱した。
社員がユーモラスな方が多く、学生とも近い距離で接している印象だった。

インターンの感想

当初の目的だったネット広告への理解を深めることは十分に達成できた。
チームで意見をまとめ1つの提案に落とし込むことが大変だった。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

広告代理店の具体的な仕事、この会社が広告業界においてどのような役割を担っているのかについて。


◆ギャップ◆

特になし

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

やりたいと思っていた「自分で考え企画する」ことが実現できる会社だと感じたから。

特別選考のご案内