トップ > インターン > アイ・ケイ・ケイ > インターン 口コミ

アイ・ケイ・ケイ

「離職率が高い理由」が理解できたインターン!

インターン中でさえも、社員同士の派閥に巻き込まれました。華やかに見える業界ほど、実際に自分の目で確かめる必要があると思いました。

2017.08.23

よかった

企業名
アイ・ケイ・ケイ
大学
北九州大学 文学部
インターン期間
2016年8月〜2016年8月

短期 1週間以内 18卒 社会人としての自覚が身につく ビジネスマナーが身につく 優秀な社員と働ける、学べる

オススメポイント

  • 社会人としての自覚が身につく
  • ビジネスマナーが身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる

ざっくり言うと

  • 常に時間に追われるため体力がないと続かない
  • 基本的に中は良いがそれぞれ気が強い
  • 離職率が非常に高い

参加した理由

幼い頃から結婚式場で働くという夢があったが、離職率が高いと聞いていたので実際に現場を見ておきたかった。
一番行きたいと考えていた会社だったので、人脈を作りに行った。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→参加確定

ESについて

・志望理由
・大学で力を入れたこと

選考でのアピールポイント

・ボランティア経験
・リーダーシップ
・チャレンジ精神

選考結果連絡

1週間後以降に電話で

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

サービス部でのインターンシップ。
平日はサービスのシルバーやグラス磨き、土日の婚礼の準備、会場準備、設営。
土日は、婚礼でのウエイター業務。


◆雰囲気◆

常に時間に追われ、体力がないと続かない。
基本的に仲は良いが、それぞれ気が強いので水面下での衝突が多い。
女の職場といった感じ。
ただ、部署によってはわいわいとしている。
どの部署にしても、真夏でも休憩する時間はあまりなく、炎天下での仕事が多い。

インターンの感想

イメージとギャップの差が大きく、平日は裏の仕事が見れるが、土日はバイト扱いされる。
また、インターンシップでさえも社員の派閥に巻き込まれた。
しかし、働くということがどういうことなのかということから、就活をどのように進めるのが良いかなど、自分から尋ねれば学ぶことは沢山あった。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

イメージだけで業界を決めないこと。
業界だけでなく、会社ごとに特色があるので、華やかな業界は特に実際に見ることが大切。


◆ギャップ◆

華やかなイメージとは逆に体力勝負。
部署間の交流や連携はほとんどなく、少し対立している。

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

社員同士の関係が少しギクシャクしている部分があり、自分には合わないと感じた。
離職する人が多いので、転勤の頻度がすごく激しいから。

特別選考のご案内