トップ > インターン > TIS > インターン 口コミ

TIS

ゲームを通じてSlerの業務理解ができるインターン!

ピタゴラスイッチのようなゲームを通して、業界・仕事について知ることができましたが、拘束時間が長いため集中力が切れてしまう場面もありました。

2017.09.13

よかった

企業名
TIS
大学
青山学院大学 国際政治経済学部
インターン期間
2016年9月〜2016年9月

短期 1週間以内 18卒 社会人としての自覚が身につく 業界知識が身につく 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 社会人としての自覚が身につく
  • 業界知識が身につく
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 選考はESのみ
  • Sler業務理解ワークと営業体感ワークを行う
  • 社員の方々の仲の良さが垣間見えた

参加した理由

SIerの業界理解をしたかったから。
またピタゴラスイッチのようなワークがとても面白そうだと思ったから。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→参加確定

ESについて

選択肢の中から自分に当てはまる強みを一つ選び、その理由を書く。

選考でのアピールポイント

・体育会
・探究心
・協調性

選考結果連絡

1週間後以降にメールで

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

SIer業界理解ワークとしてカードなどを使ったゲーム。
開発の仕事を理解するためのピタゴラスイッチのようなワーク。
カードを使った営業体感ワーク。


◆雰囲気◆

おだやかな雰囲気。
長時間なので、後半になるとみんな口数が減る。

インターンの感想

様々なワークを通して業界・仕事について知れたので良かったが、如何せん期間と時間が長いと思った。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

割と社員の方たちの仲が良いのだなと思った。


◆ギャップ◆

特になし

本選考を受けるか

いいえ

本選考を受けない理由

裏側のシステムよりはもっと表側の消費者に見える部分を仕事にしたいと思ったから。

特別選考のご案内