トップ > インターン > バンダイナムコエンターテインメント > インターン 口コミ

バンダイナムコエンターテインメント

人事からのフィードバックが充実しているインターン!

ゲーム好きの人ばかりのゲーム愛溢れる会社なのかと思っていましたが、どちらかというとビジネス寄りの会社であることがわかりました。

2017.09.29

とても
よかった

企業名
バンダイナムコエンターテインメント
大学
首都大学東京 システムデザイン学部
インターン期間
2017年2月〜2017年3月

短期 1週間以内 大手企業 18卒 企画/提案スキルが身につく 優秀な社員と働ける、学べる 職種・業種への理解

オススメポイント

  • 企画/提案スキルが身につく
  • 優秀な社員と働ける、学べる
  • 職種・業種への理解

ざっくり言うと

  • 選考で成績優秀者でないと参加できない
  • 人事の方との距離が近い
  • プロデューサー2人との座談会が設けられている

参加した理由

エンタメ業界に興味を持っていたため。
普段からゲームはしないのでバンダイナムコエンターテインメントのゲーム事業に惹かれたというよりも、VRを使った取り組みなどを見てエンターテイメント事業に力を入れてるところに惹かれた。

選考フロー

エントリー
→ES提出
→アイデアソン
→成績優秀者セミナー
→参加確定

ESについて

あらかじめアイデアタイプ、分析タイプ、情熱タイプ、感覚タイプという4つのタイプがあり、それに対して「あなたはどのタイプですか?」「その理由」を入力。

選考結果連絡

1週間後以降にメールで

選考でのアピールポイント

・探究心
・負けず嫌い
・チャレンジ精神

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

1回目アイデアソン
1. バンナムの説明
2. 課題説明
3. グループでの課題取り組み
4. 発表

課題は「次に流行るエンターテイメントを企画せよ!」で「流行る」の定義から考えるように指示された。

2回目成績優秀者セミナー
1回目のアイデアソンで成績優秀者として選ばれた人が参加できるもの。
・アイスブレイク
・グループディスカッション
・座談会(プロデューサー2人)
・グループディスカッション
→「営業」「宣伝」「企画」「海外業務」の4つのテーマに、さらに各々細かいテーマが2,3個ある方式。


◆雰囲気◆

和やかな雰囲気。
アイデアソンのグループディスカッションの際の中間発表、最終発表での人事の方のフィードバックは「本当にビジネスにするなら」という視点で話してくれてとても参考になった。

インターンの感想

参加して良かったと思う。
人事の方との距離が近く、自分のことを知ってもらえる良い機会になった。
志望度も上がった。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

ゲームだけでなく今後はエンターテイメントという大きな枠で勝負をしようとしていること。


◆ギャップ◆

ゲーム好きの人ばかりのゲーム愛溢れる会社なのかと思っていたが、どちらかというとビジネスよりの会社。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

関わってくれた社員の方の雰囲気が自分に合っていると感じたため。
また事業内容も魅力的だった。

特別選考のご案内

他のオススメのインターン記事

もっと見る