トップ > インターン > 野村総合研究所 > インターン 口コミ

野村総合研究所

コンサルタントの業務内容を理解できるインターン!

とにかく課題を考え続けること、そしてそれをグループで議論し続けることの面白さを体感できたインターンでした。

2017.12.18

とても
よかった

企業名
野村総合研究所
大学
東京大学 法学部
インターン期間
2017年1月〜2017年1月

短期 1週間以内 大手企業 18卒 ロジカルシンキングが身につく 面談/フィードバックが充実 内定直結

オススメポイント

  • ロジカルシンキングが身につく
  • 面談/フィードバックが充実
  • 内定直結

ざっくり言うと

  • 選考フローは長い
  • 徹夜で作業をする班も多い
  • 課題を考え続けることの面白さを体感した

参加した理由

内定に極めて有利と聞いていたため。
また、冬の時点ではコンサルティング業界が第一志望になったため、業務内容を体感したいと考えたから。

選考フロー

エントリー
→ES、SPI(会場受験)
→1次面接
→GDと2次面接
→参加確定

ESについて

・学生時代に頑張ったこと
・「野村総研の顧客になりそうな企業を挙げ、その企業の問題点を改善策を示せ」(共に400字)

GDについて

【形式】
8人、50分

【内容】
資料読み取り型。
「ある企業が倒産の危機にある。それを防ぐための方法として、4つ候補がある。どの順に実行すべきか」

面接について

【形式】
2回、学生4:面接官2、50分

【内容】
・志望動機
・学生時代に頑張ったこと
・ESの深掘り

【雰囲気】
やや圧迫だった。

選考でのアピールポイント

・団体、部活動幹部
・諦めない
・協調性

選考結果連絡

選考の2日後以降にメールで。

インターンの内容と雰囲気

◆内容◆

班によって割り当てられる企業は異なるが、全ての班が「A社はB事業に参入すべきか」というテーマで5日間のグループワーク。


◆雰囲気◆

徹夜で作業する班も多い。
班によってはかなり仲良くなる。

インターンの感想

一番ハードで、かつ楽しかったインターンだった。
とにかく課題を考え続けること、そしてそれをグループで議論し続けることの面白さを体感した。

気づいたこと・ギャップ

◆気づいたこと◆

コンサルタントの業務内容に対する理解は深まった。


◆ギャップ◆

コンサルタントはプレゼンをするだけだと感じていたが、企業の変革を実際に手伝うところまで踏み込むことが分かった。

本選考を受けるか

はい

本選考を受ける理由

コンサルタントになりたいとインターンを通して思えたため。

特別選考のご案内