トップ > OB/OG訪問 > クインタイルズトランスナショナルジャパン > OB/OG訪問 口コミ

クインタイルズトランスナショナルジャパン

働きながら英語力向上

社員の方はどこか疲れている感じがしました。

2017.01.24

その他

企業名
クインタイルズトランスナショナルジャパン

外資系 メーカー

ざっくり言うと

  • プロジェクトリーダーになるには英語力が必須。
  • メーカーでの開発を経験するにはリーダーになるべし
  • 出張が多い

OBOGの入社年度

2010年度入社

OBOGの所属先

クリニカルオペレーション統括部

①この会社はキャリアプランの豊富さを売りにしていると思うのですがどのようなキャリアプランを描いていますか?

キャリアプランの豊富さを押している事は知りませんでした。しかし、豊富ではあると思います。
DM部門や、ラインマネージャ-等多くあります。私の個人的な目標としては、先ずはチームリーダーを任せてもらい、1つのプロジェクトをコントロール出来るようになりたいと思っています。そこで、経験を積む事で、新たなキャリアの道が開けてくると思っています。
CROでの働き方に不満があるわけではないけれど、メーカーから転職してきた人はいきなり、生え抜きの私たちより高給で雇われる事が多く、メーカーでの開発の経験を積んでみたいとも感じています。その為にもまずはこの会社でプロトコールの作成やチームのリーダーとしての経験を積まないとメーカー挑戦も難しいと思うので、早くリーダーの経験を積まなければと思っています。

②社員との質問会の時に、1人で4つのプロジェクトを担当した事があるという人がいましたが、常にそんなに忙しいのですか?

4つのプロジェクトを任されたと言っても、全てのプロジェクトが動いている段階ではないと思います。4つのプロジェクトを同時に任されるのはどんな人でも厳しいと思いますからね。恐らくプロジェクトの立ち上げ段階の試験が1つ、終わりかけが1つ、後の2つが実際に動いているプロジェクトだと思います。それならこなせると思いますが、あまりそのようなケースはありません。通常1つ、多くて2つですかね。人手不足であるので3つのプロジェクトに関わる事もありますが、滅多にありません。新卒では先ず無いので安心してください。
新卒では先ず先輩と一緒にモニタリングを行い丁寧に指導してもらえます。外資系の会社なのでドライな雰囲気だと思っているかもしれませんが、皆丁寧に教えてくれますよ。

③国際共同治験が受託する任務の半分を占めるという事ですが、社員の方々は皆さん英語が話せるのですか?

全員が話せるわけではありませんし、新卒で話せる人は殆どいません。まあ、どの年代にも必ず新卒でもTOEICで900点とってたり、流暢に話せる人はいますけどね。モニターの仕事をしていて英語を使う場面は基本はリーディングや海外のチームとのメールでのやり取りです。リーディングに関しては、治験で出てくる文章は殆どが似たような単語ですし、文法的には高校生の知識があれば十分読めると思います。大学の研究室である程度の論文を読んできていると思うので、大丈夫だと思います。メールに関してはこれもビジネスメールなので、慣れですね。英語に関しては、仕事をしながら覚えるという意識で大丈夫ですよ。心配ありません。ただ、プロジェクトリーダーになると、電話会議で発言する必要があるのでリーダーになるには必須の能力になると思います。リーダーになるには少なくとも5年の経験は必要ですので、その間に英語力は勝手に上がってくると思います。

④なぜ御社を選びましたか?

元々大学院に入ってから、製薬会社の開発職に就きたかったんだけど、倍率が高くて受からなくて、そのアウトソーシング先であり、薬の開発に関われる会社を選びました。他の大手CROと呼ばれる会社も全て受けていたけど、全て落ちてしまい、唯一内定を戴いたこの会社に入りました。
入社した理由は否定的なものになってしまったけど、今は国際共同治験を経験させてもらったりと今の環境に満足しています。私が入社した当時は仕事が少なく、新卒で入っても殆どやる事がない状態でした。今は、人手不足で新卒で100名以上取ったりと、どんどん仕事があり幸せな環境にあります。出張も多く大変な仕事だけど仕事自体はやりがいもあります。
強いて言えば住宅補助とかがもう少し充実してると良いかな。

感想

国際共同治験の受託数が多く、英語力も含め成長出来る環境はあると感じた。しかし、社員の方との質問会でも感じていたが、どこか疲れている感じがして、活き活きと働いているとは思えなかった。実際にこの時、既に選考に参加していたが、最終面接に向けてのネタは増えた。メーカーの開発職が第一志望であったので駄目だった場合にCROからの転職の可能性があるか知らなかったが、あるという事知れたのはとても良かった。ここを、メーカーが駄目だった時の就職先にしようと思えた。

特別選考のご案内