トップ > OB/OG訪問 > ゆうちょ銀行 > OB/OG訪問 口コミ

ゆうちょ銀行

常に新しいことに挑戦する意欲

女性総合職でも長く働き続けられる環境であることが魅力的でした。

2017.01.24

その他

企業名
ゆうちょ銀行

大手企業 金融

ざっくり言うと

  • 女性総合職でも長く働き続けられる環境
  • 銀行ではあるがフラットな社風である
  • 現状に甘んじず常に新しいことに挑戦する意欲が必要

OBOGの入社年度

2004年度入社

OBOGの所属先

広報部

①入社前後で御行へのイメージにギャップ等ございましたか?

はい。フラットな社風である点が、良い意味でギャップを感じた部分です。ゆうちょ銀行、というと古く堅いイメージを持たれる学生さんも多いかもしれません。若手は上司の指示通りに動くことが求められ、中々自身の意見を発信しにくいというような…。しかしその実は全く異なります。郵政民営化に伴い採用数がかなり増えたことから20~30代の若手の社員が多く、また中途社員も数多く活躍していることから、年次や当行でのキャリアの長短に関わらずお互いに意見を求め合い、議論を重ねる文化があると感じています。そのため会議に出席する際にも、若手だからといってただぼーっと座っていれば良いのでは無く、いつ意見を聞かれても良いように緊張感を持っていなければならないんですけどね。

②御行で活躍されている方に共通する資質はございますか?

現状に満足せずに常に今あるものの問題点や課題点を探しそれを改善する努力を行う人です。当行で現在お客様にお届けしているサービスは正直な所、現状を維持するだけでも支障はないものばかりです。しかしそのような銀行がお客様に求め続けていただけるはずがありません。例えば新人として郵便局に配属となった場合なら、新人ならではの視点をもとに「このサービスってこう変えたらもっと使いやすくなるんじゃないかな」「この手続きはお客様にとって不便でないかな」といったことに気付き、それを変えようとする努力が求められます。一見堅いイメージを持たれがちな当行も最近ではLINEスタンプの配信やワールドカップへの協賛など新たな試みを続けています。このように、現状に甘んじず常に新しいことに挑戦する意欲のある人が活躍しているように感じますね。

③産休育休を取得されたとのことですが取得に際し何か苦労した点、また復帰後の苦労等ございましたか?

取得にあたっての苦労は特にありませんでした。育児休業を取得する社員のほとんどは翌年4月に復帰するケースが多く、私もそれに則って育休を7か月間取得しました。事前に周りに相談していたことから産休育休にあたって特に苦労することもなく仕事の引き継ぎもスムーズに行えたのではないかと思います。苦労したのはむしろ復帰してからでしょうか。私は運良く元いた部署に復帰出来たので、新たな仕事内容に戸惑うといったことは無かったのですが時短勤務を利用する中で仕事をいかにスピーディーに進めるかには苦労しました。時短勤務といっても業務内容がその分減らされる訳ではないので、以前と同じ分量の仕事をより少ない時間でこなさなければなりません。そのため目の前の仕事に優先順位をつけ素早く処理することが求められたと思います。

感想

中堅社員の方でありながら大変フレンドリーで、学生目線に立って親身に質問に応じていただけた点に好感を持った。現在は時短勤務で育児と並行してお仕事を行っているというというお話で、女性総合職でも長く働き続けられる環境が整っているのではないかと感じる。

特別選考のご案内